FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』を新宿バルト9-8で観て、ウィザードは起きてて鎧武は寝たよふじき★★

五つ星評価で【★★期待はしてないから】
  
ウィザード編は
平成ライダー随一に可愛くて不憫なキャラ、コヨミちゃんと
平成ライダー随一に千原ジュニアに似てるライダー、ウィザードの後日談。
最強ファントム、オーガとかの存在がよう分からんが、
話その物はコンパクトにいい話にまとまってる。
何と言ってもコヨミちゃんが可愛いからそれだけでいいや。

鎧武編は
TVの設定と歴代ライダーのフォーマットを果実に置き換えただけという、
素晴らしくやっつけ仕事な一面。
人間側のドラマもどうでもいい村芝居みたいでガーガー寝た。
ちなみに仮面ライダー鎧武は平成ライダー随一にブラマヨ吉田に似てる。


【銭】
東映の株券4回分を2500円で買ってそのうち1回分。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦@流浪の狂人ブログ
スポンサーサイト



『劇場版ペルソナ3第一章』をシネリーブル池袋2と新宿バルト9-2で観て、駄作だなあわっはっはふじき★★

五つ星評価で【★★ゲーム原作アニメの底力を見せつけてやれ・・・れ・・・れ・・・こりゃひどいわ?】

原作ゲーム未接触。

無駄に2回観てる。
一回目観終わって「よし、つまらん」と評価。チラシの裏に見慣れないキャラクター発見。イゴール? エリザベス? やばい。寝た事も気付かないくらいグッスリいってしまっていたか? 機会があればもう一回観てみるか? 駄作だけど。
二回目。割引で観れるから観てみる。わ、イゴール、エリザベスなんて5分も出てないよ。多分、前回2分くらいしか寝ちゃいないな。えーと、映画「やはり、つまらん」。まあ、いいか。照る日もあれば降る日もあるよ。

ビジュアルと音楽がとても気持ちいい。流石ゲームのアニメ化。
キャラクター造詣とストーリーが屑。流石ゲームのアニメ化。

主要主人公(ペルソナ能力保有者)が6人。
感情なさげなキャラ、感情なさげの同級生女キャラ、適当兄ちゃんキャラ、先輩男キャラ、先輩女キャラ、イジメラレっ子だが底に光るもの持ってそうキャラ。どれも適当に鼻糞ほじりながら落書きした設定で動いてるようなキャラクターだ。
イジメられっ子だがイジメっ子に友情を捧げる純情キャラだけベタだけど好み。
物語は謎が謎のままなので、今後何をどう展開させるのか全く分からないが、異界での行動を補助する兵力のサポート元くらい明らかにすべきじゃないだろうか?

こんなんで映画何本も作る気なのか?
人はそこそこ入ってるから作るんだろうなあ。


【銭】
シネリーブル水曜全員1000円均一日に鑑賞。
新宿バルト9平日シネマチネー割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
「PERSONA3 THE MOVIE」 #1 Spring of Birth@ぴあ映画生活
▼関連記事。
PERSONA3の二つ目@死屍累々映画日記
PERSONA3の三つ目@死屍累々映画日記

『ファイア by ルブタン3D』をHTC有楽町1で観て、これはあかん3Dやふじき★

五つ星評価で【★乳も尻も脚も美しいだけなら★★★★だけど、おら退屈しちゃったから】

パリの名物ナイトショーシアター、クレイジーホースでの伝説のショー
「Fire」を3Dシステムによって劇場で完全再現が売り。
出来るなら2Dで観たかったが、2D/3Dで劇場が異なっており、
3Dの劇場は割引が効くということで3Dを選択した。

3Dに関しては3D的な演出が施されている訳ではなく、
「実際の実演劇場と同じ感覚を味わえます」って観点の方が強い。
それは言い換えれば、
「実際の劇場で見る時と同じくらいの奥行きしか感じられない」と言う事だ。
そして、その狭い奥行きの3Dを実現する為に3D眼鏡をかけるため
必然的に画面は暗くなってしまう。
3D/2Dを見比べてはいないけど、
光の洪水みたいなシーンや、闇から光で浮かび上がる女体みたいなシーン
ばかりだから、偏光レンズを通さない方がおそらく画面は美しいだろう。
見るなら2Dをお勧めする。


さて、大した映画ではない。
クレイジーホースのショーは綺麗だし、乳も尻も脚も美しいし、
魅力的ではあるのだけど、この世知辛い世の中、それだけで
「乳も尻も脚も綺麗だから最高だったよ」とは評価されない。
だいたいそんなこと言うのは恥ずかしいじゃん(今更?)。

ショーの幕間に靴デザイナーの談話が入るのだが、
そんな大したことを話してる訳ではないし、
靴デザイナーの人生やショーへの意気込みを知っても、
それがショーを見る上で役に立つ訳でもないので(そういう作りにもなってない)、
たいへん無駄に感じる。
ゼロにせいとは言わんけど、ザックリ切るか要約でもしてやれば充分だろう。
別に靴デザイナーのべしゃりを観に来た訳ではないのだ
(少なくとも私はそうだ)
(奴は脱がないし、脱がれても困るし)。

クレイジーホースのショーは舞台演出としては綺麗だけど、
映像演出としてはあまり奇をてらった事もしてないので飽きる。
それでなのか、ロングやアップでダンスを切り貼りしているが、
全景をずっと見てたいようなダンスでも、
無駄なアップを無造作に挿入したりするのはやめてほしい。
やるなら画面分割とか使えばいいのに。
……そうか、基本的に編集があまり上手くないって事なのかな。ダメじゃん。



【銭】
テアトルのメンバー金曜割引で1000円+3D料金+400円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ファイアbyルブタン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ファイアbyルブタン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

お年玉の記録2014

今年の記録(2014年)。
 
姪1:大学1年生→大学2年生 10000円
姪2:高校3年生→大学1年生 10000円
姪3:幼稚園  →小学1年生 3000円
姪4:幼児(2)→幼児(3) 1000円
 
ラインとしては
金の価値観が分からない乳児は0円
保育園とか幼稚園とかに行く前は1000円
小学校入学前が2000円
小学生が3000円
小学校高学年~中学生5000円
高校生および浪人生が8000円
大学生10000円
 
ちっちゃい方の姪3が金の価値に開明し、
家に着た途端「お年玉」と言った。