FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『拳銃貸します』『いんちき商売』をシネマヴェーラ渋谷で観て映画の至福ふじき★★★★,★★★★

特集上映「映画史上の名作10」から1プログラム。


◆『拳銃貸します』

五つ星評価で【★★★★大娯楽】

全く何一つ知らずに鑑賞。
アラン・ラッド主演(出世作)のノワール物に当たるのかな。
いやあ、よく出来てる。実に面白い。
主人公、道行きになる女性、その恋人の刑事、悪漢、隠れた殺人鬼、国家反逆など、
様様な人物の登場や見せ方、話の組み立てが
いい手が切られ続けるカード勝負を見てるみたいな快感があった。
話が面白い、演出が的確。映画は基本、それだけで全く成り立つ。

PS 『拳銃化します』だと『鉄男』



◆『いんちき商売』

五つ星評価で【★★★★マルクス兄弟の笑いは体力】
マルクス兄弟が豪華客船に密航。
話よりもいかにネタを突っ込めるかに全てを賭けてるっぽい。
だから、とても映画っぽくない。

メインの話なんてマルクス兄弟が絡むことでヨレヨレだ。

トーキー以後、ここまで詰め込んでる笑いの映画って
『フライング・ハイ』シリーズくらいで他にないんじゃないだろうか。
惜しいのはグルーチョが延々喋ってる下らない言葉がネイティブじゃないから
字幕で、そっと窺い知れることだ。

ああ、グルーチョもチコもハーポも(ついでにゼッポも)エネルギッシュだなあ。
これ、3本とか4本見るのは持たない。基本、緩急が乏しいから。
でも、よし。マルクス兄弟だから。

原題の『モンキー・ビジネス』の方が有名そうな気がするが、
それはモンローが同じ題の映画を作ってるからか。
どう考えても同じ映画じゃあないな。



【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
拳銃貸します@ぴあ映画生活
いんちき商売@ぴあ映画生活
スポンサーサイト