FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『御手洗薫の愛と死』を有楽町スバル座で観て、面白いけど微妙ふじき★★★

五つ星評価で【★★★主導権を奪い合う二つの個性みたいな話はとても好み】
  
人気作家が起こした交通事故。
示談の場で、被害者の息子は事故の隠蔽と引き換えに、
人気作家の書きかけの小説を自分名義で発表する事を持ちかける。

人気作家をゴースト・ライターとして使用するが、
次第に自分が、作家として居座り続ける為に主導権を奪われ出す男、
という話の流れが割と好みであり、最後まで飽きずに面白く観れた。
後半、ビックリするようなドンデン返しを用意できなかった事を除けば、
話自体は、けっこう、よく出来た話だと思う。

にもかかわらず、あまりベタベタに好きになれないのは
役者の色がそんなに面白くないからだ。

この映画の主要登場人物は四人。
・吉行和子(人気作家)4、
・松岡充 (新進作家)4、
・小島聖 (編集者)1、
・松重豊 (人気作家秘書)1、

右端の数字は作品に占めるウェイト。
吉行和子と松岡充が大きく映画全体を支配している。
にも関わらず、この二人にあまり惹かれないのだ。

吉行和子はいつもと変わらない演技だが、
なんかこの人の言葉の発声は妙に甘く、
何時如何なる時も媚びてるようで気持ち悪い。
齢80を越えた風俗嬢みたいないでたちの様である。

松岡充は表面上「怒ってる」「困ってる」とか分かるけど、
なんかとっても失礼ながら顔と身体が嫌い。
作家志望の男がロックスターみたいに、シェイプアップされた身体で、
豹柄のタンクトップとピッチリパンツを穿くって、
二丁目で売りでもやってんじゃねえのかファッションがイヤ。

作家を頭からしゃぶり尽くす魔性の編集者に小島聖。
この人、こういうどこをどう見ても「女」という役が上手いわあ。

パーフェクトな秘書に松重豊。
アクションはないけど「黒執事」みたいな役どころと言って、
水嶋ヒロのファンを無駄に挑発したい。


【銭】
フリーペーパーの試写会を応募してGET。
試写会当日満席で入場不可。代わりに招待券(前売券)を貰う。
貰った前売券で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
御手洗薫の愛と死@ぴあ映画生活

PS ガラガラやったわあ。
スポンサーサイト



カルビー「かっぱえびせん めんたいマヨ味」

期間限定の 「 ぴり辛めんたいとあっさりマヨ 」 風味。
やばい。

本当にやめられない、とまらない!

ハッピーターンのハッピー粉が掛かった状態のかっぱえびせん、みたいな。

禁断の味。