FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ハウンター』をHTC渋谷2で観て、ヴィンチェンゾ・ナタリやりやりだなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★GOODナタリ】
  
ああ、面白かった。

最初、時間もの・記憶ものかと思ったら、そんな風に話を転がすのか、とワクワク。
話を転がす転機が映画自体短いのに実に多いのに感心。
主演のアビゲイル・ブレスリンの緊張感を維持し続ける演技もとても良かった。

あと、父ちゃんと母ちゃんと弟に味があって実にいい。

これぐらいだな。
中身にギッシリ「ネタバレ」を詰め込んだ大きく膨らんだ風船みたいな映画なので、
このくらいまでしか書かない。これは何も知らん方が面白い映画だよ。
観る機会少なそうだけど、観てみてください。うんうん。



【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円なんだけど、
その前に水曜割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハウンター@ぴあ映画生活

PS 「ハウンター」っていったい何やねん。
PS2 好み的にはオリヴィアだ。
スポンサーサイト



『テーター・シティ 爆殺都市』をHTC渋谷2で観て、ダメダメふじき★

五つ星評価で【★短いのに超だれ】
  
長い映画は体力的にしんどいので、短い映画が好きなんだけど、
こういう短くてもダレちゃうのに当たるんで困ってしまう、ってダレすぎやん。

それにしても『データ・シティ』だと思い込んでて、
ポスター図案から『トロン』みたいな映画だろうと踏んでたら、
『テーター・シティ』だった。「テ」に濁点ないのね。
「テーター」って何やねん、と思ったら町の名前なんである。
だから、これは日本だったら『爆殺都市・名古屋市』みたいな題名。

ジャンルはゴア・スプラッタで、
どっちが善とも悪ともつかない二つの勢力が
どっちがどっちだか、あまり見分けも付かない状態で、
ひたすら血を流しながら殺し合う。
飽きる。
どんな凄いスプラッタでも、やってる事は延々同じだとどうにも飽きてたまらない。
90分、バナナの皮に滑って転ぶだけの映画があったら飽きるだろ。
そんな感じ。

キャッチコピーは「この都市は異常だ!!」なんだけど、
異常なのは映画ですね、よくない意味で。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円なんだけど、
その前に水曜割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テーター・シティ~爆・殺・都・市~@ぴあ映画生活
▼関連記事
アダム・チャップリン@死屍累々映画日誌

PS 次に企画してほしいのは
 『フィンランド式残酷テーター・シティー』
 いや、それはちゃうやろ。

『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』をHTC渋谷2で観て、ワンアイデアを活かしきれてないぞふじき★★(ネタバレあり)

五つ星評価で【★★短いのにだれる】
  
長い映画は体力的にしんどいので、短い映画が好きなんだけど、
こういう短くてもダレちゃうのに当たるんで困ってしまう。
これは基本、ワンアイデアの映画で、ワンアイデアを出すまでが長い。
また、ビデオ自撮りスタイル(POV)で揺れるのも疲れを増幅させる。
この手の自撮りスタイルで「母と息子」というキャラ組み合わせは珍しい。
珍しいけど、この組み合わせはヒエラルキー(階級)の向きが基本一方向だから、
見ていて、撮影側(話し掛け側)に感情移入すると、ずっと凹みっぱなしになる。
何かちょっとずつ、ちょっとずつ、着実にダメを蓄積してるのだなあ。

フィンランドねえ。
サウナとムーミンくらいしか思い浮かばないんだけど、ロシアと仲が悪いのか。
ショッピングしてる最中にサウナの打たせ木みたいので攻撃してきたら残酷か?
ショッピングしてる最中にムーミンが団体で襲ってきたら残酷か?


※※※※※このあとネタバレ※※※※※


次の設定が全てです。
・フィンランドでは何かの祝日(忘れた)に外国人を喰わないといけない。
 回避する手段は次のどちらか。
 日没まで逃げ切る事。
 フィンランド人を逆に喰う事。

わははははは。
このアイデア、これだけは面白い。映画はダメだけど。

これ見て、宇宙大作戦のエピソードを思い出した(モノは見てない)。
スポックの母星バルカンは皆、論理を重んじるお国柄(お星柄か)、
ただ、いつもいつも論理論理とやっていると、子孫も残せず、星も滅んでしまうので、
1年に1回だけ感情を爆発させる日を作って、そこでSEXする。
実際に見てないから「ほ、ほんとかよ」と思うんだけど、作りはこれに似てる。
カーク船長が何かの都合でその祝日にバスツアーでバルカンを訪れると、
バルカン美女に揉みくちゃにされて、やられ捲り、みたいな。
うん、何だか普段、生徒会長みたいなタイプがおかしくなるのはゾクゾクするな。

さて、この『フィンランド式~』、フィンランドとロシアの合作映画。
これが最高にいかす。映画はそんなに面白くないけど、この部分だけメタでいかす。

これ、同パターンを日韓合作で作ったらどうなるかと言うと、
韓国人が日本に格安ツアーでやって来た。
その日は日本の建国記念日で、日本では国をあげて秘密にしているが、
建国記念日には一人一殺尊王攘夷で、外国人を必ず殺さなければいけないのだ。
刀、ジュードー、ニンジュツで襲ってくる日本人にテコンドーで立ち向かう韓国人。
ラストはキム・ヨナが日没(西方、奇しくも韓国を意味する)まで、
ずっとスピンを繰り返し、近寄る日本人をスケート靴の塵にする。

おお、面白そうじゃん。

だから、メイン・アイデアはとてもいいのだ。
自撮りを止めてもっと大袈裟な話にしたら面白かっただろうになあ。
ラストの気怠さはそれなりに高く評価する。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円なんだけど、
その前に水曜割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
フィンランド式残酷ショッピング・ツアー@ぴあ映画生活

PS 次に企画してほしいのは
 『オギノ式残酷ショッピング・ツアー』『ねじ式残酷ショッピング・ツアー』