FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パイオニア』をHTC渋谷2で観て、へえふうんなかなかなのにふじき★★

五つ星評価で【★★登場人物多すぎ】
  
映画冒頭に「事実に基づく」と出るので、
怪獣・宇宙人の登場がない事が即分かる。チッ。

ノルウェー海底油田のパイプライン建設時の事故の謎を追う。

大量の登場人物が出てきて、事件の謎が深まるにつれ、増えて、増えて、いや、最初からいたのかもしれんが、人が多すぎて、関係性までは把握できん。事件当初、当事者の素人探偵が「俺が間違えている筈がない」体で調査を始めるので、どう見ても自分の過失の言い訳にしか見えず、主人公に肩入れできないのが最大のネック。

見終わった後には、いろいろ納得できるものであるが、明解にすっきりしない。
よく出来てるは出来てると思うので残念だ。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円。
テアトル会員更新料1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パイオニア@ぴあ映画生活

PS LDメーカーの話ではない。
スポンサーサイト



『アダム・チャップリン』をHTC渋谷2で観て、ダメダメふじき★

五つ星評価で【★短いのに超だれ】
  
公開初日の土曜日にはシアター3でやってて、手狭なせいか満席で入れなかった。
火曜に出向いたらシアター2に変わっていた。
代わりにシアター3に落とされたのは『タイバニ』『カノ嘘』
そこそこ週経ってるから、妥当な判断っぽい。

で、『テーター・シティ』と同じプロダクションという事で、
つまらんだろうと思ったら、思った以上につまらんかった。
ガコーン、意識喪失である。
ただ、ビジュアルは中々いい。もう、最近の若いもんときたら皆、外見ばっかで!

『北斗の拳』と言えば言えるのだが、
どちらかと言うと、
暗殺拳の使い手というよりは、単に拳がメチャクチャ硬い人っぽい。
内部破壊でなく、完全に外部破壊。しかもバリ切れ味鈍い。
寝ぼけたような話をテンポ悪く、分かりづらくダラダラやってるのだが、
随所随所のビジュアルは面白い。
この人たちは西村映像みたいに特撮メインの外注軍団になって、
たまに映画も撮ってみる、くらいのスタンスの方が面白い物が作れそうだ。

主役のアダム・チャップリンは筋骨隆々でなるほどケンシロウみたいではあるが、
正確にはトキの偽物に似てると思う。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アダム・チャップリン@ぴあ映画生活
▼関連記事
テーター・シティー@死屍累々映画日記