FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『最強ゾンビ・ハンター』をHTC渋谷2で観て、こりゃあ凡作だふじき★★

五つ星評価で【★★何だこの売り物感のなさは?】
  
ダニー・トレホが出てるのに大きな活躍を見せず、
セクシー姉ちゃんが出てるのに、年を取ってる。
美人は出てるのに、異様にブラがダサい(なんかあそこだけリアルだったけど)。
アクションシーンはそこそこだけど、そこに着くまでの道のりが長い。

何か皆で一致団結して、ちょっとずつダメを蓄積して
取り立てて何の魅力もない映画を1本作りました、みたいな。
ともかく大したことがないのに、面白くない人が集まって、
すぐ話し込んでしまう。登場人物たちの会話部分が無駄に長いです。

星は一つでもいいけど、一応トレホの斧アクションはかっけーんで、
オマケしてギリ二つ。


【銭】
未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
最強ゾンビ・ハンター@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
最強ゾンビ・ハンター@すぷのたわごと

PS それにしても「最強」じゃないなあ(割と弱っちいの)。
 ちなみに原題は単に『ZOMBIE HUNTER』なので、
 ロケ地を埼京線沿線にして『埼京ゾンビ・ハンター』にすれば良かったと思う。
PS2 「ポールダンスがあればいい映画説」ここで頓挫。
スポンサーサイト



『RUSH プライドと友情』をトーホーシネマズ府中5で観て、ニキ・ラウダかっけーふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★やるべきことを黙々とやるニキ・ラウダに痺れる】
  
ロン・ハワードは器用だ。
『コクーン』
『バックドラフト』
『アポロ13』
『ビューティフル・マインド』
『ダ・ヴィンチコード』

なんかメチャクチャなフィルモグラフィーで一貫性がない。

その時、その時の状況によって適合していく。
抑制して制御する。極めてニキ・ラウダ的。
いやいや、天性の映画監督で、ジェームス・ハント的なのかもしれない。

とか、言いたくなるくらい映画の中でのニキとハントは輝いていた。
個人的には断然ニキ派である。
日本人だったらニキが好きでしょう。
努力を重ねてきた職人気質の男が好きなんだ(ホモではない)。
ハントはどっちかって言うと日本では悪役に配置されるタイプ。
最初っから全て持っている。
んー、シャア・アズナブルみたいだ
(あの人はあの人で陰で凄く努力してそうだけど)。

そして、ニキ・ラウダは『ガラスの仮面』の姫川あゆみ的である。
一見恵まれているように見えながら、血反吐を吐くほど努力している。
努力が全てなので、人から敬われるが、あまり人の輪の中に入れない。
それをあざ笑うかの如き、天才(北島マヤ)の出現に悩まされる。
やっぱり日本人としては、どうにもこの不器用なニキ・ラウダ贔屓なんである。

F1に興味はない。と言うより、車自体に興味がない。
にも関わらず、この映画はムチャクチャ面白かった。
もう、この映画の中の車は現実上の車じゃないんだな。
『アポロ13』のロケットと同等かもしれない。
『アポロ13』では、ロケットに乗る宇宙飛行士がニキ+ハントであり、
高高度記録で音速を破るチャック・イェーガーがニキ。
ライバル物としては今回の方が対比が効いてて分かりやすい。
ってか、それだったらロン・ハワードが撮る『ガラスの仮面』が観たい。

歴史にタラレバはないとよく言うが、
日本戦でニキがリタイアをせず、ハントを抑え込んでいたなら、
その後、それが何年か続いていたら、F1の歴史は全く違っていたかもしれない、
そう、考えると不思議である。


【銭】
チケット屋で前売券を850円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラッシュ/プライドと友情@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラッシュ/プライドと友情@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ラッシュ/プライドと友情@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ラッシュ/プライドと友情@ノラネコの呑んで観るシネマ
ラッシュ/プライドと友情@迷宮映画館

PS ちなみにコピー「あなたの生涯の1本を塗り替える。」については、
 腹立ち紛れで、意地でも塗りかえない。
 若い時に観た映画の印象の方が老いて観た映画より全然、強いせいもあるけど。
 だから、若い人がこれを、生涯の1本にしてしまうのは凄くありな気がする。
 俺の1本は『逆さ吊し縛り縄』のまんまです。
PS2 トーホーシネマズ府中の1階にある肉屋で揚げ物をよく買い食いするのだが、
 ここに映画の半券持っていくと200円のポテトサラダが50円値引になってかなりお得。

『神様がくれた娘』をユーロスペース1で観て、凄いな凄いのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★ニラーの可愛さがとんでもない。充分、楽しめるけどちょっと大味なので、星四つを付けるのは何となく躊躇】
  
ショーン・ペンの『アイ・アム・サム』をインド映画に翻案した感動の映画。
ではあるのだけど、インド映画色が強すぎて、引く部分がなくもない。

無垢な知能障害の父親を演じたヴィクラムの演技が本物っぽすぎる。
ショーン・ペンの知能障害ももちろん本物に見えて凄かったのだが
(いやー、うーん、もう忘れかけてる。ダコタ・ファニングが子供の頃だものなあ)、
ヴィクラムの知能障害は本物っぽすぎて
(近くで接してないのであくまで想像の域だけど)、
見ていてかなり「イラっ」と来てしまう。
役柄上、善人である事は理屈として分かるのだが、
自分の中の日本人脳が、あいつにはあまり近くにいてほしくない、
あいつが近くに来たら避けるべきだとはっきりサイレンを鳴らしてしまう。

まず単純にスピードが嫌だ。
日本人は時間に追われまくってるから、
あのゆっくりスピードで対処させられるのは大変つらい。
あと、夏でもセーターを手放さない理解できない頑固頑迷さ。
そのセーターを着てる様子がオードリー春日っぽい。うん、嫌だ。

その真逆で女の子ニラーが可愛すぎる。

女弁護士や財閥女子も美人で眼福。
恋の話ではないからか、インド舞踊は控えめだった。

後半、大きく時間が割かれる裁判が割とお茶らけて見える。
『アイ・アム・サム』もこんなユルかったっけ?
ユルいはユルいで、各人の思いが色々、表に出す事に成功してるし、
このなさそうな展開が映画のトーンを明るくしてる。

そして、ラスト。
切ないベタに涙腺が緩んでしまうのだが、
もっと他の「ほどよいラストの暗喩」だって出来たろうに、と思ってしまう。
そこは脳内補完しろって事なのかもしれない。


【銭】
ユーロスペース会員ポイント8ポイントを使って無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
神さまがくれた娘@ぴあ映画生活