FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『地獄でなぜ悪い』をキネカ大森1で観て大笑いだけど残念ふじき★★★

五つ星評価で【★★★オチなし】

すんげ単純に「起承転結」の「結」がダメ。
オゾンの新作『危険なプロット』の予告で傑作の条件が三つ挙げられている。
「刺激的な設定」「読めない展開」「意外な結末」。
この条件に照らし合わせても三つ目の結末だけがダメ。

という訳で全体面白いのだけど、尻切れトンボで終わってる感じ。
それでも途中途中たいそう気が利くように気が狂ってて、
とても楽しめてしまうから、妙な映画だ。
まあ、ラストのほったらかしは残念ってことで。


長谷川博己:映画バカ。いいね。
 この人がずっと狂ったテンションを維持したせいで、
 映画の変さを忘れてスムーズに見れる。
星野源:巻添えくん。
 基本すごくボケっとした顔なんだけど、
 真摯に瞳を見つめると凄くピュアな顔に映るのが超お得な感じ。
二階堂ふみ:組長の娘。意外とムチムチした感じだなあ。
國村隼:組長。どんなぶっ飛んだ事や、どんな下世話な事を言っても、
 顔の説得力で頷いてしまう日本が誇る名役者。
堤真一:対立組織の組長。
 意外と乙女チックだったり、胸に恋を秘めてたりが笑う。
 堤真一の顔力に大笑いした。
友近:組長の正妻。意外とよい。


【銭】
キネカ大森名画座3回券保有の上、夜間割引で500円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
地獄でなぜ悪い@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
地獄でなぜ悪い@映画的・絵画的・音楽的
地獄でなぜ悪い@我想一個人映画美的女人blog
地獄でなぜ悪い@ペパーミントの魔術師
地獄でなぜ悪い@こねたみっくす

PS ジョン・ウォーターズの『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』を思い出した。
 あれもジョン・ウォーターズらしく、映画その物はつまらないんだけど、
 金で作る映画を批判して主役女優を誘拐したりして、
 テロリストのように映画を作るアマチュア映画集団が出てきてた。
 チラシに踊ったキャッチ・コピー
 「映画がそんなに好きなのか!」はなかなか良かったと思う。
スポンサーサイト



『シネマ・トラベル』をトーホーシネマズ六本木1で観て、創意工夫が違うよふじき★

五つ星評価で【★作り方を間違えてる】
  
鷹の爪団5分+名所15分×3箇所の中編。
鷹の爪団はいつも通り。

世界遺産の名所訪問部分がつまらない。
ペルーのマチュピチュ、ナスカの地上絵、カンボジアのアンコール・ワットを訪れるのだが、どれもその場に行ってカメラで撮ってきた映像を元にバーチャル空間内で景色を再構築し、それを見せる、という趣向らしい。

これはつまらない。
これは同じ角度からパンもアップもロングもせず(したとしても単にデジタル内で等質の距離移動をしているに過ぎない)、一つの静物のように遺跡を映す。この方法は美術品、工芸品などの「物」に対してはデータの数量的な把握から全く無効とは思わない。だが、人間を中に置く事が想定できない「場所」に対してははなはだしく無効である。技術の悪い所ばかりが目立ち、活きない。

要はこれは物凄く良く出来た世界遺産のプラモデルを見ながら
世界遺産を語るような番組になってしまっている。
やはり、それは似て非なる物だから、遺産の良さが伝わって来ない。
多分、現地に行ったカメラは仮想空間に構築できる映像の取得、
そればかりを考えていたのだろう。だから被写体へのダイナミックな接触はない。
ナスカに行きながら線を作る石すらちゃんと映していない。

ナレーターとして東宝シンデレラの山崎紘菜。
下手だけど、下手さが愛嬌になってるから、とりあえずこれはこれでいいか。


【銭】
映画ファン感謝デーで1000円均一なのに特別興行扱いで1200円だった。50分だから、あと200円くらい切ってほしかったんだけど、当日、山崎紘菜の舞台挨拶もあったから、結果、プラマイとしてはリーズナブルだったかもしれん。でも、告知がなかったのか、人は少ないし、山崎紘菜ちゃんは特に面白い事も言わないので(そういう立ち位置にいないからそれはいい)、まあ、余計にお金を取れるような挨拶ではなかったと思います。山崎紘菜ちゃんは舞台挨拶後、映画を観て帰った。ちょっとでかげだった。とっても着せられてる感の強いCAの服が何だか可哀想な感じだった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《シネマ・トラベル -映画館でみる世界遺産の旅- マチュピチュ・ナスカ・アンコール遺跡編》@ぴあ映画生活