FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『GO!GO!家電男子THE MOVIE』をUCT2で観て、費用対効果悪いなふじき★★

五つ星評価で【★★ゆるいゆるすぎる】
  
元がひかりTVの脱力系フラッシュアニメだそうなんだけど(未見)、
ゆるすぎである。家電キャラが主人公のアニメだが、劇場版の主役はその声優。
ハマケンさん、こんな仕事をやってるのか。
あまり関連性のない家電(に詳しい)俳優細川茂樹を迎えて60分。

しかし、家電のBLって、思いついただけで
表現が追い付いてないよ、適当だな(別に見たくはないけど)。

声優の綺麗どころ花澤香菜が本当に花だけ添えるような役でちょっと出てくる。
これか、これが千円の価値を発揮してる所なのか。
脱げとは言わんがパンチラくらい欲しいな(いや、家電のパンチラじゃなく)
とりあえず、映画としてオチてないのはようない。


【銭】
均一料金1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
Go!Go!家電男子THE MOVIE~アフレコパニック~@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『ジョバンニの島』をUCT11で観て、宣伝足りなくね?ふじき★★★

五つ星評価で【★★★良作。だが、宣伝の力が全力ではない】
  
北方四島の一つ色丹島がソ連に奪われた事実を知らせる映画。

良作と言う噂を聞いて、終わる直前(最終週日曜)に観に行った。
なんてちゃんと出来ているんだろう。
大層、正しく、楽しく、美しく作られている。
そして、良作であるというだけでヒットに繋がらないもどかしさ。

今、映画はどんなに内容がよかろうが、
それがちゃんと潜在客層に「そういう映画がある」事を
イヤでも伝えないと見に来て貰えないのだ。
おそらく、この映画は他の凡百のヒットしなかった良作同様、
その準備を怠ってしまっている。

もともとメディア宣伝を頼りにできないアート系映画にこの傾向はあったのだが、
今や映画というメディアの発信力がとても小さくなっているにもかかわらず、
公開される映画の本数が膨大になり、どんな映画でも作品は埋もれる。
映画一本に対する宣伝費用も当然、削られているだろう。
こんな逆風の中、映画の存在を知ってもらうには
多分、根本的に1年に上映される映画本数を削減するようシステムを作り変えるか、
個別には、全力でジタバタして目立ってみるしかないのだ。

芸能人が声優で多く使われてるなら、その芸能人一人一人が宣伝の尖兵になり、
音楽事業者協会の記念事業であるなら、各音楽プロを巻き込んで
死に物狂いで宣伝をする。多分、そういう試みはなされていない(知らないもの)。

という事で、「事実を知らせる映画」であるにも関わらず、
見た人には伝わっても、見に来なかった多くの人には伝わらない。
手段は問わない。ちゃんとやろうよ(いや、やってたのかなあ)。

チラシ・ポスターのメインビジュアルが観た人じゃないと伝わらないのもよくない。

内容に全然ふれてなかった。
・リアルな絵じゃないんだけど女先生好きよ。
・理想の生き方を貫く祖父、全体のために奉仕する生き方を選ぶ父、
 現実的な生き方から他者を助ける叔父の対比など、とてもよい類型を揃えている。
・メインを演じているのは本職の声優以外である役者が多いのだが、
 特に気にはならなかった。もともとそういうのに疎いんである。


【銭】
ユナイテッドシネマ、メール会員期間限定1200円割引チケット使用して1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョバンニの島@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ジョバンニの島@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ジョバンニの島@ノラネコの呑んで観るシネマ