FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『偉大なるしゅららぼん』をトーホーシネマズ府中8で観て、深キョン深キョン❤ふじき★★★

五つ星評価で【★★★いい感じでジャレてる映画】
  
万城目学の映画は『鴨川ホルモー』『プリンセストヨトミ』に続き3本目だが、
これが一番出来がいいと思う。

氏の小説は『鴨川ホルモー』のみ読んだ事があるが、
昔からある何かの力に触れる人々に起こる奇跡みたいな物を
できるだけ真面目に描き、今との格差でユーモアを発生させる、
そんな作風だと思っている。

これを映画化する時、コメディーだからとはしゃいではいけない。
前二作はその点にまだ、躊躇があった。
力や異変の描写はできるだけ真面目に取り組むべきなのである。
『鴨川ホルモー』は怪異をファンシーに描いてしまい違和感を発生させた。
『プリンセストヨトミ』は謎への傾倒が足らず、謎が謎らしく見えなかった。
本作は、異変が起こってる事を起こってるように自然に見せ、
その異変の大きさ(超自然性)を「こりゃあ、とてつもない」と
納得させる物として、ちゃんと視覚的に提示した。

その巨大な異変の前であたふたする小市民たちが素敵。

濱田岳(殿) 普通に上手いなあ。「のらりくらり」で全く正体の掴めない
 ところが全編どこでも凄く効いている。
岡田将生(お供) 悪くないけど、岡田くんは最近出すぎじゃない?
深田恭子(毒舌) えーわー。弱い所を持ちながら最強で強面。
 これを凛と演じる深キョンはこの映画で一番の収穫。
 深キョンの口から出る「フルボッコ」はいいなあ。
貫地谷しほり(師匠) だらっとして明朗だけど、場合によっては確かな切れ味
 という複雑な役をちゃんとこなしてる。
 この人が真ん中にいると誰とも馴染んで、周りのバランスがとてもよい。
大野いと(級友) この人だけムチャクチャ無色。無色すぎて逆に気になる。
ラスボス 凄いなあ。いい演技しよるなあ。
 いいもん見たなあ。あの声のトーンと滲む皺には惹かれるなあ。

エンドロールに付くモモクロの楽曲も何か妙にマッチしてアゲアゲ
(予告編に付いてた時は何かようなかった。使い方なんだろうなあ)。

これはおっきなお金をかけて作られた、とってもどうでもいい話であって、
こういうどうでもいい話は好き。



【銭】
トーホーシネマズの会員曜日割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
偉大なる、しゅららぼん@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
偉大なる、しゅららぼん@ペパーミントの魔術師
偉大なる、しゅららぼん@to Heart
偉大なる、しゅららぼん@こねたみっくす
偉大なる、しゅららぼん@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト



『エクステ』『男痕』をシネマヴェーラ渋谷で観てやっぱ園はやりよるねえふじき★★★,★★

特集上映「園子温監督特集」から1プログラム。


◆『エクステ』

五つ星評価で【★★★園監督は感覚が変なんだ、これ、単品では大したことないけど】

劇場公開時(2007年)に観てるので二回目。
栗山千明は栗山千明だ、かーいー。だが、可愛すぎるほどではない。
大杉漣が「変」を演じているが、想定範囲内の「変」に収まっていて痛々しい。
前後の園子温の映画で泉のように湧き出る「血」の代わりに、
海を水源とするかのように大量の「毛」が湧き出す。
このビジュアルの異質さがとても異常で面白いのだが、
大杉漣が周りを踊りまわって集中力を薄めたりする。



◆『男痕』

五つ星評価で【★★映像が痺れる/でも眠い】
大蔵のいわゆる専門館でかかるホモ映画。
色や音が日本映画(というより成人映画)とは思えないかっこよさ。
役者も外国のホモ映画に負けていない。多分、真剣だからだろう。
いっさいセリフがないのも作品の世界を作るのに貢献しているが、
やはりセリフのなさで後半眠気に襲われてるうちに終わってしまった。
ホモ映画館に行くのはつらいが、機会があれぱもう一回観たい。

【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エクステ@ぴあ映画生活
男痕 THE MAN@ぴあ映画生活