FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パズル』をHTC渋谷1で観直して、夏帆ちゃん再び300点ふじき★★★★(ネタバレ気味)

五つ星評価で【★★★★夏帆ちゃんが、夏帆ちゃんがあああああああああ】

見直した。

もう、最初から最後まで夏帆ちゃんの全てのカットがいい。

カウントダウンがなされ、カウントゼロの時、何が起こるかについては前回鑑賞時さほど気にしてなかった。今回は意図的に「ゼロ」の時とは、どんな時なのか確認しようと思って見てみた。

44日(中村の墜落)、
24日(教師堕胎、理事長誘拐)、
22日(コーラ)、
12日(自転車パズルの実行と処刑)、
05日(中村退院)、
16:00(自転車ベルパズルの実行)、
01:15(自転車ベルパズル処刑時の肉塊投下)、
00:01(中村参戦)だったと思う。

配列に数学的な根拠はないと思う。
あくまでゼロを基準に考えた時、ゼロとの相対時間を表わしているに過ぎなそうだ。
44日の墜落を引き起こす元になった事件の加害者、準加害者5人の処刑、処罰に関しては01:15までで終わっている(理事長に関しては正確な時間不明)。なので、復讐の成就がゼロではない。00:01は中村の復讐を代行した湯浅の危機に中村が踏み切る場面、ここでの中村の行動は復讐とは異なる。一歩踏み出して「中村+湯浅:全世界」という関係になった瞬間だが、それもゼロではない。そんなハートフルな事が大事とされるような映画ではないらしい。湯浅が死んだかどうかは分からないし、語られないが、この湯浅の最後の生存瞬間が映像に残っていた時間もゼロではない。では、ゼロはいつなのか。中村が湯浅の敵に対し、ナイフを振りかざし、返り血を浴びた瞬間である。この瞬間、敵は大量の血液を噴出させるが、その時点で脅威がなくなった訳ではない。だから、「中村+湯浅:全世界」が勝利した時間と言う訳でもない。結果として、単に返り血を浴びた瞬間だ。
では、何でその瞬間なのか。この瞬間の中村の顔が美しいからだ。
44日前に墜落した時、中村の唇に付いた血痕が成長したかのようだ。
この顔を見て、おそらく湯浅は満足を覚えた。そこがゼロだったのだ。

という事にした。

さて、八木さおりが狂ったお母さんを演じるんだけど、
そのお母さんの武器は包丁もあるけど、フライパンも使います。

リアル・ラプンツェルである。ゲラゲラ

ああ、それにしてもラストのダンスが素晴らしすぎるぅうううう。




【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼関連記事
パズル第一回鑑賞@死屍累々映画日記

PS カウントゼロになった瞬間、中島美嘉が出てきて
 「え、何も起こらない」と言ってもらいたいようでもある。
スポンサーサイト



すき家「牛なべ定食」

作るのに手間が余計にかかるのに、
その負荷はバイトが苦労すればできる事だろ、
と経営陣が増えた仕事負荷を現作業員に丸投げして、
「やってらんねーぜ」って全国のバイトがボロボロ結託して止める
という騒動を引き起こしてる話題の定食。
これが、独自のアイデアだったら、まだかっこいいが
アイデアはどこからどう見ても吉野家のパクリだ。

バイトくんの激務に応える為にも味は吉野家以上と言ってやりたいところだが、
残念ながら味は吉野家に劣る。

単純に、急場拵えで真似をしたため、味の追求が今一という事もあるだろうが、
実は味以前にサービスの悪さなのかもしれない。
吉野家の「鍋」は豆腐、白菜、うどん、ネギ、肉の大まかな配置が決まっている。
すき家の「鍋」に豆腐がないのはメニュー上の展開として、他の物はかなりゴッチャ。
うどんが一番上にベタンと掛けられてるのは食しづらい(鍋でうどんを最初に食べるイメージはない)。つまり提供した物がどう食べられるかがイメージされてないのだ。順番も考えずに食うのは闇鍋くらいじゃないか。
肉も野菜も端切れだらけ。余った食材が鍋に回されてるとしか思えない。
別に商売だから、利にかなうならそれで全然かまわないのだが、細かくなる事によって
食感を落とし、味を悪くしている。又、明らかに「整理している」と客に気づかせてしまうのは得策ではないだろう。客は牛丼屋に入って「贅沢したい」とは思ってないにせよ、「邪険にされたい」と思っていくわけでもない。行かないだろ。Mじゃないんだから。Sのコスチュームした店員さんがいたら行くかもしれないが、それは又、別の話だ。端切れの牛肉、野菜に何か繋ぎを入れて別の一品に仕上げるとかの手立てをしたり、商品として仕上げる最後の仕上げが抜けている。どうも「すき家」の商品全般はこの最後の仕上げがいつも足りない。商品以前を出してしまう感じが強い(パックの鰹節を客に掛けさせたり)。
「安いんだから許せ」という甘えが見える気がする。
安かろー悪かろーで客はなびかない。
最低でも、なびくのは競合他社がいない時である。