FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊』をトーホーシネマズ渋谷1で観て、この映画レビューに下ネタをぶち込むのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★ベーシックにいい出来】
  
リメイク前の前作は未見。
リメイクするだけの作品なので、当然、前作の評価は高い。
ネットの大人評では、
前作を誉めつつ、今作は踏み外してないけど到達してないみたいな雰囲気。

悪くないです。前作との比較はできませんが、ちゃんと出来てます。
ただ、大人だからか、ムチャクチャ興奮して鼻息荒くするような展開はなかった。
お子様は普通に楽しく、飽きずに楽しめるんじゃないかいな。
子供じゃないし、子供も持ってないから推測だけど。
あと、トーホーシネマズ予告長い。
子供の集中力を持たす為に予告まで含めての短さが必要だ。
そういうの番組毎に考慮するっていう気遣いがサービス業だろう。
別に子供番組じゃなくても予告は短いに越したことはないんだけど。

男としてのジャイアンはよかった。
しずかちゃんは徐々にエロ可愛い方向にシフトしてる(仕草が一々可愛い)。

それにしても、随分、殺伐とした話だ。
冒険隊は何回も死の危険に会うし、
辿り着いた魔境ではレジスタンスに取り込まれ革命戦争に巻き込まれるし。
冒険・革命エピソードも、ドラえもん世界だからこそ人が死なないだけで、
しんちゃんやポケモンだったらギリギリ犠牲者が出るかもしれない
(出ても奇跡の力で甦るとは思うけど)。
でも、この辺は前作も同様らしい。
思うに、前作の時代のドラえもんの方が、より「まんが的」だから気にならない
というバイアスがかかってるのかもしれない。

アニメ絵も前作までのキャラの輪郭を筆っぽくするという手法はやめたみたいだ。
あれ、「よい子を持つ親が好きそうな絵」みたいなイメージで嫌いだったのだ。
それとキャラの瞳が強調されて、可愛らしくなってる。
しずかちゃんなんて可愛くて、パンチラ気にしたりして、その上、
風呂のシーンが2回もあるなんて、なんて、なんて、ビッチなんだ。拍手するよ。
きっと、しずかちゃんは楽屋で「わたしはそういう女優」と肩を落としてると思う。


会話シーンの音をわざと消す演出は大人だなあと思った。やりたかったんだろうなあ。


ゲスト声優で悪の大臣ダブランダーは飯塚昭三。
もちろんプロとして立派な演技。これが遺作になるんじゃないだろうか。
犬のお姫様スピアナ姫を妃にしようとしてるところとかが
ちょっとカリオストロみたいだなと思ってしまった(別に関係ないけど)。

ダブランダーの手先で剣の達人サベールに小栗旬。いい。声が魅力的だ。
キャストは何も知らずに見ててエンドロールで小栗旬と気付かされたのだが、
これはいい仕事だったと思う。

反対に株を下げたのがスピアナ姫をやった夏目未久。
聞いてて素人と分かったけど、不思議な下手さだった。
棒読みに近いけど棒読みでもない。どこか、感情のこもり方が変みたいな印象。
滑舌はいいから、セリフを聞きとるのに苦労したりはしないんだけど。
この人、本当は関西出身だから、原稿読むのはギリギリ自制できるけど、
標準語で演技とかするのはしんどいのかもしれない。
今後はこういう仕事を断わってほしい。
でも、私、小栗旬がハーロックやった時はボロクソに言ったから、
次、何かで見かけたら成長してよくやってるかもしれない。

あと衛兵役にCOWCOWの二人。特に問題なし(あまり興味がない)。
こういうのは普通ならいいのだ。


【銭】
4月になってから初めてトーホーシネマの火曜会員割引。1200円から1400円に増額。ケッ。前売券見つけたらそっちの方が安いってのは割引として魅力がないなー。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~@ぴあ映画生活

PS 犬の王国だから、画面に「バター」が見切れるのは禁止だ。
スポンサーサイト