FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『土竜の唄』をUCT4で観て、出落ち映画だけどそこそこ楽しい。でもそこそこ。ふじき★★★

五つ星評価で【★★★あ、ワンちゃんも可愛い】  
原作非通読。チラ見程度に読んでる感じ。

数々の登場人物がすんごいヤクザ風コスプレでブイブイ言わす映画。
一番ノリがいいのは堤真一の賭場で最初のド突き合いを始めるまで。
あと親子杯とSEXはいいと思う。
全体にクドカンの脚本は粗くて適当、
三池が力技で面白い絵を放り込むものの、
三池も飽きっぽいから最後まで持たない、みたいに感じた。


以下、役者レビュー。
生田斗真:『脳男』の次がこれって凄い役者だ。
 どちらも全く違っているのに、物凄く自然で、
 どちらも演じてる感を感じさせない。
 ジャニーズでもこいつと岡田准一は本物くさい
 (岡田は役者よりもアクションスターとしての才能評価だけど)。
 豹柄の服がこれでもかと似合う。
仲里依紗:脱がないけど思わせぶりだったり、
 ちゃんと下世話なセックスシーン撮ってるからまあいいか。妙に昭和くさい。
 三池だからしょうがないけど、もちっとエロエロに撮ってやればいいのになあ。
 生田斗真は童貞の役だったけど、仲里依紗は処女役じゃないんだろうな、ビッチめ。
堤真一:クレイジー・パピヨン 蝶柄のスーツは流石に特注だろうな。凄い。
 演技は『地獄でなぜ悪い』と寸分変わらず一緒だけど、まあそれで困りはしない。
吹越満、遠藤憲一、皆川猿時:みんなおもろい。
 みんなアップでいい見栄を切れたり、いい背中の演技が出来たりするのが老獪。
 変形B3チラシでは3人でダチョウ倶楽部の「聞いてないよー」のポーズを取ってる。
山田孝之、岡村隆史、上地雄輔:出落ち組。見栄がつまらないんだろうな。
 上池は凄いメイクをしたけどそれだけだったので、
 ほとんどコントと変わらんメイクをした岡村に持ってかれた。
 その岡村は多分、チビなら誰がやってもいい役。
 演技的にナニという事はないので、
 ひょっとするとアニメ合成でもいけたかもしれない。
岩城滉一、大杉漣:抑え気味でもいい感じ。
斉木しげる:全くいつもと変わらないのに
 高そうな服を着るだけでヤクザに見えるってのは三池の撮り方がいいに違いない。
 チラシに名前が載ってなくて出てきて「あ、あ」とか思ったのは、
 他に渡辺哲と有薗芳記、角さん、的場浩司。何気にオールスター映画だよなあ。
 仲里依紗の同僚は誰だか分からんが、あっちの娘の方が好み。
 あ、最初に万引き少女にイタズラする市会議員はコント赤信号の小宮だ。

あと、助監督だかに渡辺武の名前があって驚いた。


【銭】
金曜UCT会員デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@映画的・絵画的・音楽的
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI@迷宮映画館
▼関連記事。
土竜の唄 香港狂騒曲(二作目)@死屍累々映画日記
スポンサーサイト