FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『死神博士の栄光と没落』『海外特派員』をシネマヴェーラ渋谷で観て、へー、うんふじき★★★,★★

特集上映「ナチスと映画Ⅱ」の1プログラム。


◆『死神博士の栄光と没落』
五つ星評価で【★★★死神博士中々いい人じゃん】

死刑器具の改良業者ロイヒターの死刑器具講義。
後半は彼の人生や名声を奪う事になるナチス裁判について。
ドキュメンタリーでインタビュー中心なのに、
編集が上手く全くだれないのが見事だ。

死刑あるあるが妙に面白い。
ナチスについては明らかに博士の思い込みから来る
情報不足が誤った結果を導ているのだが、
うん、まー、物事にはバリバリ進めていくタイプと
舵を取るタイプの両方がいる、そういう事だな。




◆『海外特派員』
五つ星評価で【★★割と後半はアタフタしてる】

矢継ぎ早にコロコロ話は転がるが、
後半、転がりすぎて、かなり嘘くさい展開に進んで行ってしまう。
悪漢が手に入れたがってる情報の価値がどうもハッキリしないのが
話をあやふやな物にしてしまっている。

主人公の名前はジョー・ジョーンズでjojoだ!

ヒロインは綺麗で可愛い。
でも脈絡なく主人公にゾッコンになったりする、
脚本的に都合のいいキャラすぎる。



【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
死神博士の栄光と没落@ぴあ映画生活
海外特派員@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『神様のカルテ2』をUCT11で観て、盛り上がらないけどいい映画だふじき★★★

五つ星評価で【★★★しんしん積もる雪みたいな映画。でも淡々とやりすぎ】  
一作目未鑑賞。ツイッターで評判が良く、
これ単独で見れると聞いたので鑑賞してみた。
勿論、原作も未読。

なんて状態なので既出の登場人物のバックボーンはわからない。
まあ、見た目通りでしょう。
櫻井翔が実はゲス男で、宮崎あおいが実はビッチとかないでしょ。
櫻井翔はとっても棒読み大根っぽい演技で通していたけど、
ああいう演技なんだろうから、それに合わせて見るしかない。

基本、映画としてちゃんと言いたい事を主張してるのは好感持てる。
ただ、その主張は予想以上に予告編を越えた感じがしなかったのは残念だ。

やっぱり上手いな、柄本明。あのカッと開けた口の中空が凄い。
藤原竜也も相変わらず黄金の泣き言役者。
 出てから終わるまでズッと幸せな役とかないんじゃないだろうか?
 
チョイな役で池脇千鶴と吉瀬美智子が看護婦役。
ドラマと言えばドラマっぽい配役か。
この二人が全編レズで全てのテクを出しまくる映画があったら1万くらい払うね。


「ようこそ、医療の最底辺に」
給金がペリカだったら笑うな。



【銭】
金曜UCT会員デーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
神様のカルテ2@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
神様のカルテ2@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
神様のカルテ2@ペパーミントの魔術師
神様のカルテ2@こねたみっくす