FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『L・DK ラブ同居!』を渋谷TOEI②で観て、KOされずふじき★★

五つ星評価で【★★果して剛力に魅力を感じえるか?】  
勿論、原作未読。

見もしないで悪口をいうのは下の下で、卑怯だろうという事で、
ちゃんと見た上で悪口を書くために鑑賞(悪口前提かよ!)。
まあ、そんな気持ちで見たものの、ひっくり返されれば
手の平返しで褒めたたえることも辞さなかったんだけど、
そんな大した作品ではなかった。

興味は一つ、剛力ゴーちゃんに魅力を感じるか?

んーっ、相変わらず等身大の演技やらせると、
演技がでかくって好きになれないな。
演技と顔立ちが合ってないんだな。
元が少女マンガで、逆境に負けず頑張る系のギャグ含みキャラだから
演じてる内容は間違えてないんだけど、単純にこれは合わないとしか
言いようがない。
もしくはゴーちゃんの表情をいっぱいいっぱい使った演技が何かの
タイミングで好きにならない限り、私はこの系統の物語はきっとダメなのだな。
ゴーちゃんよりも普通に「万人に好かれる顔」である親友役の岡本玲、
知名度は低いのだが、どっちかって言うと、この子の方がこの役には適任だ。
大人の事情でゴーちゃんを主役に据えなければならないのは分かるけど。
役の体質から言ったら、石橋杏奈が演じた
陰のある元カノの役でも似合いそうだ。
CMタレントではなく、役者として生きていくのなら、
彼女は自分に合った役以外はやらない方が良い。
自分とタイプの違う役を器用にこなすほど上手くはないのだし、
そういう自分に合ってない役で憎悪を買ってる蓄積が多すぎるのだから。

という事で、結果的には「うーん」と唸る感じだった。
ハナから色眼鏡で見てるってのは確かにあるけど、
周囲全体がそういう目で見るのだから、
それを跳ね除けるような成功作を叩き付けて返さないとダメなのだ。

もう一人の男主役は山崎賢人。かっけー男子だが、
何でだか分からないがバックショットが妙にかっこ悪い。
男主役側の親友の中尾明慶は安定したサポート演技。
この中尾明慶と岡本玲の脇カップルを題材にした方が
普通に少女マンガ的だったに違いない。

あと、藤井隆の邪魔にならないコメディ・リリーフぶりは高く評価したい。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
L・DK@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
L・DK@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト