FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

赤城乳業「ガリガリくんリッチ・ナポリタン味」

アイス食って残したのは多分、初めて。

ハッキリまずい。
何か、生肉でも食ってるような嫌な味が舌に残る。
体調が悪かったのか。いや、でも、もう一回食う勇気はないわ。

ナポリタンアイスに囲まれて、ナポリタンかき氷とトマトゼリーが入っているのだが、きっとナポリタンの下味がダメなのだろう。ホワイトシチュー味は特に努力とかしなくても耐られえたんだけどなあ。そして、トマトゼリーの食感が悪い。

にょっ

食った事はないけど、きっとナメクジってこんな食感だと思う。
スポンサーサイト



『ムード・インディゴ うたかたの日々』をギンレイホールで観て、小ネタは後回しだふじき★★

五つ星評価で【★★枝葉は茂っているが、幹は細い】
原作未読。

ボリス・ヴィアンのぶっ飛んだ小説をぶっ飛んだ内容のまま、
ぶっ飛んだ映像が得意なミシェル・ゴンドリーが映画化した1本。

だけど、変な映像化に関しては面白いけど、
それはあくまで話を彩る小ネタにすぎない。

基本となる恋愛話をちゃんと描いてほしい。
それなしには、小ネタのオンパレードなんてどうでもいい事なのだ。
小説のインクの色が何色で刷られているかより、
その小説の内容の方がずっと大事だと思わないか、諸君。
何か、堤の『ケイゾク』『トリック』みたいでねえ。
という事で、小ネタに気を取られすぎて、
本来の、恋愛のウキウキ感や、のしかかる生活、
もっとも重くのしかかってくる死の絶望なんかが
スタイルとしてしか描かれてなかったと思う。

要は、見た目の表現に現を抜かすあまり、
ゴンドリーは俺の心に突き刺さる物を作ってはくれなかった。

これよりずっとずっと小品だけど、ともさかりえの出てた
『クロエ』の方が好きな筈だ、
と言いながらもう、今では「好きだ」という印象しか残っていない。
ググったら2001年、13年観ても触れてもいなけりゃ忘れるわな。
映像があまりにも変だから、ゴンドリーさんのは
細々覚えていられるかもしれないが、それも含めてどうでもいいなあ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ムード・インディゴ~うたかたの日々~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ムード・インディゴ~うたかたの日々~@いやいやえん
ムード・インディゴ~うたかたの日々~@映画的・絵画的・音楽的