FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『麻雀放浪記』をテアトル新宿で観て、ふふふふふ、ふじき★★★

特集上映「観ずに死ねるか!」の1プログラム。

五つ星評価で【★★★いい煮込み具合】  
ずっと見れずにいて、評価はいいのに名画座でもなかなかかからなかった一本。
やっと観れた。初見。原作小説未読。

麻雀は詳しくない。役を知らない。
この映画は役を知らない程度が見ても困らない。
すべからく、娯楽映画はそう作られるべきである。

真田君が若いのう。青春真っ只中だ。
映画の中で女優を差し置いて一番キラキラしてる。
大竹しのぶは可愛いし、加賀まりこはセクシーだけど、
なんか安全な感じで視床下部を刺激しないんだよね。
今だったら、剛力さんと檀蜜とか当てられちゃうんじゃないだろうか。
なんて不遇な時代なんだ、今。
にしても、男女ドラマが深みにはまらず、
ホモ映画っぽいといえば、ぽいかもしれん。

静かにチロチロ燃える高品格も、
燃え上がろうとパチパチくすぶる鹿賀丈史も、
今まさに火の勢いが消えんとする名古屋章も、
戦いの場で相手を値踏みするようなゲスな野郎どもはみんな、かっけーのだ。

最終的に、金持ちと打てる事になった鹿賀丈史が
その金持ちと打たずに、いつものメンツと麻雀を始めるって
筋立ては今一つ意味不明。
でも、話が適当でも、匂いで困らない映画だってあるのだ。

【銭】
割引あったかどうか知らないけど正規料金1500円を払った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
麻雀放浪記@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『ネクスト・ゴール!』を角川シネマ新宿2で観て、ええフォーマットやねふじき★★★

五つ星評価で【★★★マンガのように分かりやすいフォーマットは魅力】  
ドキュメンタリーであり、実話だが、
スポ根マンガのようにベタな骨子を持つ。
これは分かりやすくていい。

環境が許さず弱いチーム(分かりやすいくらい最弱)。
努力はするが、結果は報われない。
そこに現われた通りすがりの名監督が彼らを指導して、どんどん強くしていく。
フィクションと言わんばかりに、ベタな話運びだ(実話だけど)。
そして、ついに初めての結果を出した時、いやあ、燃える、燃える。

やっぱり単純なフォーマットの物語ははまるとおもろい。

分かりやすい縦糸に、監督の思いや、最悪の記録を持つ選手のトラウマ、
変わり者選手の活躍などの横糸が絡む。全くマンガ的である。

あと、当然、物凄くやり込んでいるであろう、
基礎練習などを編集でパッパッパッと見せながら飛ばす。
なかなか監督テクニシャンである。

アメリカ領サモア(主役チームの国)が対峙するのはサモア。
成り立ちと違いが全く分からんね。


【銭】
角川シネマでテアトルのメンバー割引が利くようになった初日にさっそく使って1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦@ノラネコの呑んで観るシネマ