FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『百瀬、こっちを向いて。』をUCT11で観て、早見あかりには申し訳ないけど残念ふじき★★

五つ星評価で【★★話が設定を乗り越えられなかったっつーか】  
原作小説未読。
原作の中田永一の(※)小説は
映画になった『吉祥寺の朝日奈くん』にインスパイアされて、
『吉祥寺の朝日奈くん』を読んだ事がある。
とっても面白かった。
だから、今回の映画は期待していたのだ。

※ 乙一 でもある。

物語のキモは主人公が恩のある先輩のため、
先輩の2番目の彼女の偽装彼氏を演じなくてはならなくなる。
その愛しさと切なさと心強さと、みたいな日々の一部始終だ。
とても優れた設定である。
それはいい。
だが、この物語を締めくくるための「締め」の部分がオチとして弱かった。
おそらく原作の短編小説としてはオチとして適当なのだが、
長編映画の結末としてはパンチが弱い。
ジャンルとして差が出たのではないだろうか。
映画化したらオチの強度が今一だった。
であるなら、オチを補完するか変更するしかない。
脚本家、もしくは監督はそれを怠った。
というか、そう言うのをやってのけてしまえるのはごく一部の才人だけだ。

だから、残念ながら通り一遍の物語になってしまった。
残念だ。

百瀬を演じる早見あかりは美しい。
でも、身体に重さを感じる。ほとんど、まんまの年なのに
ちょっとJKにはきつく感じる。
体の発育が良すぎるのかもしれないし、
体験してきた人生が重かったのかもしれない。
ちょっと恐ろしげなことに「ただの小娘」に見えないのだ。
その点、ミスキャストだったかもしれない。

そんな、あかりちゃんをある意味、肯定しているのか、
カメラが妙にローアングルから映そうとする(そして映さない)。
ゲスいなあ。

あと、主人公の友達はいい意味で華がなくて良かった。


【銭】
久々に気合いを入れて前売券を劇場で買った。1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
百瀬、こっちを向いて。@ぴあ映画生活

PS 石橋杏奈が、又、ヒロインではなく、ヒロインの対抗馬役だ。
 でも、確かにヒロイン特有の強さがないんだよなあ。
スポンサーサイト



マンガ『彼女の鍵を開ける方法 第一巻』中田ゆみ、ヤングチャンピオン烈コミックスを読書する男ふじき

美少女転校生が実はアパートの管理人、
というとっても分かりやすいエロマンガ。

女の子が「濡れる」というのは既にマストになってしまってる。
こわか、こわかよ、母ちゃん。
なじぇして、こげにアケスケなんね。
女の子は濡れるし、オモラシするし、ノーブラやノーパンになるし、
現実にいたら単なる犯罪誘発女子や。
マンガだとドジっ子で済むんだろうけど。

カバーが特殊紙で虹色に光るのが綺麗。