FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『吸血怪獣チュパカブラ』をユーロスペース2で観て、潔くつまんないなふじき★★

五つ星評価で【★★同じことの繰り返し】  
ブラジル・ホラー映画祭2014、3本の中の1本。
仲の悪い隣家のいざこざが家畜の死骸(チャパカブラによる)に端を発し、殺し合いに発展、皆殺し戦争に移行する中、数の少なくなった一家をチュパカブラが襲いだす。

なんつーか、『仁義なき戦い』に怪獣が絡んでくるみたいな怪作。
その『仁義なき戦い』部分で既にバリバリ、スプラッタ状態で、延々、同じペースでサンバっぽいリズム・ミュージックだだ流しの中、ダラダラ死骸が量産されていくのが妙に退屈。チュパカブラが出てきても、特にペースが変わる事なく、盤石な状態で退屈が続きまくる。

メリハリをどうにかしようとか、そういう計算が一切ないっぽい。
潔いっつーか、頭わるいっつーか。

チュパカブラがUMA辞典に載ってるイメージとかなり異なるので、UMA好きの人が見るとイメージ違ってショボーンとなっちゃうかも(そら俺や)。


【銭】
ユーロスペース会員割引で600円減の1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
吸血怪獣 チュパカブラ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



マンガ『ノ・ゾ・キ・ア・ナ 第一巻』本名ワコウ、ビッグコミックス モバMANを読書する男ふじき

壁に開いてる覗き穴から1日契約で覗き覗かれ。

青少年の正しい性欲発散マンガ。

覗かれ側女子が挑発的な態度で、謎に満ちている。
巻数を重ねていく毎に、彼女が覗き覗かれるに至った事情が明らかになるのだろうが、この一巻のみでは感情移入できない、疲れるキャラだ。