FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『インフェルノ 大火災脱出』をシネマート六本木1(B2F)で観て、ラウ・チンワンだもんなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★ラウ・チンワン】  
ラウ・チンワンが消防士をやるという時点で、一定以上の出来上がりは確保できたと言って過言ではなかろう。実際、まさにそんな感じの映画だった。

異相の役者ラウ・チンワンはどん映画でどんな役を演じても筋が通っている。
どんな役者相手にも引かない感じのいい役者だ(今回は火に対して引かない)。
自分を痛めつけるように人生に不器用な消防士の役なんて宛書したかのようにピッタリだ(宛書してるかどうかは知らん)。

ラウ・チンワンと袂を分かち、消防士から実業家に転じた弟役のルイス・クーは、かっこ良すぎるでもなく、憎まれるでもなく、中途半端なキャラに仕上がってしまった。これは脚本の責任。

ラウ・チンワンの奥さん役アンジェリカ・リーは夫を責める役だから損な役どころ。彼女が抱える彼女の正義は理解できても、顔立ちが美人系できついのでヒステリーを起こしてるようにしか見えない。優しさのない鈴木蘭々みたいな感じ。もうちょっと演出でフォローしてあげればよかったのに。

まるで姉妹編のような韓国のビル火災映画『ザ・タワー 超高層ビル大火災』の韓国人のように全員が自己中でもなく、パニックのつるべ打ちも控えめなのであるが、普通にそこそこ満足できる火事物に仕上がっている。まあ、これくらいやってれば全然OKだよ、という感じ。こういう火事物を年に一本の超大作ではなく、ごくごく普通の1本として企画できるようになったのはSFXが発達したおかげであるのだが、それが故に、常に安心して見れちゃう映画になってしまったのは何だか勿体ない事だ。
これも香港映画年に一本の超大作だったら、もっととことんまで練り上げて作られただろうに。そんな企画だったら残念ながらラウ・チンワンが主役じゃないかもしれないけど。

ありがとうラウ・チンワン。それだけは言っておこう。


【銭】
25日シネマートデーに観て1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
インフェルノ 大火災脱出@ぴあ映画生活

PS それにしても本当に何も宣伝をしてなくて、
 この映画がある事を誰も知らん感じだ。
 チラシのデザインは下手するとコメディー映画みたいに見えなくもないし。
 チラシの役者の顔と名前が
 ラウ・チンワンとルイス・クーで明らかに逆に振られてるのも、いかんでしょ。
スポンサーサイト