FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで後藤池島竹洞20140620-20140626

◆『巨乳事務員 しゃぶれ!』
五つ星評価で【★★★★成人映画でしか人生を語る映画を見かけてない気がする】

麻宮ももえ、なかみつせいじ主演、 松井理子 衣緒菜 出演
後藤大輔 脚本、監督、2014年のピンク映画。

小さな印刷工場の社長なかみつせいじ、
老境に差し掛かり新しい愛とともに人生を振り返る。
支えてきた内縁の夫に裏切られた麻宮ももえ、
他人の為でなく、自分の為の愛や夢を考え直す。
凄くガッチリ真面目なヒューマンドラマが濡れ場を交えつつ60分で見事な詰まり方をしている。後藤大輔って凄いなあ。「青い」と言われるかもしれないが、今時こんな正統派の恋愛映画なかなか見れやしない。

麻宮ももえの服とかストッキングの色合いとかたたずまいが地味だけど上品でステキ。

 
◆『エッチな体温 白衣みだれ抜き』
五つ星評価で【★★★周防ゆきこの可愛さを見ろ、という映画】

周防ゆきこ主演、日高ゆりあ 沢村麻耶出演 
池島ゆたか監督、2013年のピンク映画。

肩の力の抜けたミスターピンクこと池島ゆたか氏による、
単に周防ゆきこの可愛さを追求しただけの映画。
なんかいろいろ緩くていい加減なのはご愛嬌。
物凄い数を撮ってればそういう物もある。


◆『痴漢電車 いけない夢旅行』
五つ星評価で【★★基本アイデアが凄い】

辰巳ゆい主演 
竹洞哲也監督、2014年のピンク映画。

痴漢でアクメに達するとタイムスリップできるって実も蓋もないアイデアが秀逸。
主演の辰巳ゆいのバカハーキヤラはかなり最強の部類に達するが、竹洞の大人しい演出に負けて後半の記憶は飛んでる。どうも竹洞とは相性が良くない。

【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
巨乳事務員 しゃぶれ!@PG
エッチな体温 白衣みだれ抜き@PG
痴漢電車 いけない夢旅行@PG
スポンサーサイト



『新幹線大爆破』をシネマヴェーラ渋谷で観て、腹立たしくなるほど面白いよふじき★★★★

特集上映「チバちゃん祭り!!」の1プログラム。

五つ星評価で【★★★★面白いの何の】
名画座でたまにかかって見たりするので多分、4回目かそこら。

本当は併映の『ウルフガイ 燃えろ狼男』が見たかったのだが、会社帰りで2本は間に合わず、レイト枠のこの1本のみ鑑賞。いやあ、おもしれえ。
ニュープリント。大したもんだ、ヴェーラの兄貴。

「チバちゃん祭り」だけど、主役は高倉健、向こうを張るのは宇津井健のW健健だ。
それにしても痺れる脚本だ。
山本圭が高倉健に言う。
「あんた博打やらねえだろ。コツコツやってればいずれどうにかなると思ってる」
ああ、この健さんは俺だ。グッと来た。
コツコツやる事が美徳で、それを守ってきたのは自分の誇りだが、
それで「どうにかなるものでもない」事もよく分かっている。
そして、健さんは一発勝負の大博打で、元を取ろうとするのだが、
一番手痛い代償を支払わされる。
もう、警察が怖い怖い。警察の仕事は捜査する事なのだが、
ここて出てくる警察は捜査もするが、それ以上に噛みついてくる。
怖くてしょうがない。警察や刑事、みんな気が狂ってる。
でも、主人公の敵はそれくらいじゃないとダメだ。

自分にとって千葉ちゃんは汗っかきなイメージがあるのは、
この映画からかもしれない。凄く汗かいている。

冒頭とラストのスキャットはかっこいいが、
おおむね劇奏は不気味な変な音楽がかかってる。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引、ラスト1本で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
新幹線大爆破@ぴあ映画生活