FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで『ぬくもり昇天』再見

コスプレらむちゃんを再見したいという下世話な欲望の為だけにもう一回見てきた。

◆『天女の交わり ぬくもり昇天』
五つ星評価で【★★★再見でも渡邊元嗣節がやっぱり全開】

樹花凛(天女)の成人映画には向かないかと思える高音の声がちょっとうるさいかもと思ったけど、色の白いは七難隠すというし、色が白いだけで七難隠すなら、あれだけ可愛いなら七百難くらい隠してるだろうから、全然大丈夫。本当にはかない(パンツとかじゃなくて)感じの美少女である。

眞木あずさの徹底した「だっちゃ」トークは良かった。
もう、上手いとか下手とか関係ない。
裸も健康的なほどよい日焼け(地黒?)が逆に似合って可愛い。

エンドロールが法律に触れない程度の編曲をかました『未知との遭遇』

黒執事がUFOの中で靴下姿なので、どうやらUFOの中は土足禁止らしい。そう言えば、ラムもソックス着用である。響子さんはUFO内でずっと全裸だから靴がどうとか言う問題ではない。どこで靴を脱ぐかは不明。

 
◆『色欲怪談 江戸の淫霊』
五つ星評価で【★★★ラストの怨霊跋扈シーンが見直したら良かったので評価を星一つ分上げた】

話がつまらん、という評価は変えないが、
主要な役者は物凄く演技が達者。
1カット1カット実に説得力のある演技をする。
でも、その演技が乗る話がつまらないから、どうも画面が間延びする。
凄い演技が引き伸ばされてくどく見える。
後半、いよいよ怪談になるところの演出もなかなか巧みだが、
その部分の巧みさは成人映画とは関係ない。
やっぱ女の子の好みで、どうも今一つこの映画は乗れない。

オープニングのタイトルロールが市川崑の金田一耕助調で笑う。
タイトルが無茶苦茶長くなってしまった今となってはこの手はピンク映画でしか使えないかもしれない(と言いながら、この映画も1997年とそんなに新しくはないけど)


◆『乱交の門 むさぼり調教』
時間が合わずにこの再見は断念。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円安の1200円。

▼関連記事
新橋ロマン初見記事@死屍累々映画日記
▼関連記事。
天女の交わり ぬくもり昇天 + 色欲怪談 江戸の淫霊(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
天女の交わり ぬくもり昇天(3回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



『青鬼』を109シネマズ木場4で観てゲラゲラふじき★

五つ星評価で【★ゲラゲラ】  
ゲーム未アクセス。
えーと、何やってんねん。

一応、驚くようなどんでん返しはあるけど、それ以前にどのキャラも皆が皆好きになれない。こんな嫌な奴らだらけの映画は久しぶりだ。

一番に名前があがってるのはAKBで事件に会っ入山杏奈。美人ではあるがそれだけの役で、とても大事な事であるにもかかわらず、彼女がある状況下で須賀健太と会話できる理由が明確化されていない。
そして、須賀健太はウジウジしたいじめられっ子の役で、まあ、上手く演じてるからこそ気持ち悪い。入山杏奈より宣材の扱いが小さいが、主役は彼である。
他はいじめっ子、いじめっ子のビッチ女、過度に怖がるうるさい男、会話がおかしい虫好き男が登場するが、こんな好意の欠片も持てない奴らが、殺されようがどうしようが何一つ感情が動かない。どちらかというと青鬼に頑張ってもらいたいぐらいなのだが、青鬼も襲ってくるという属性だけの存在なので、頑張りが今一つよく分からない。

青鬼のビジュアルはよかった。
あと、エンドロールの歌もかっこよかった。
パンフレットがエンドロールCD付きなので、一瞬、買うか迷ったが、
あまりにも映画がどうでもよかったので手を出すのを止めた。

チラシや予告のビジュアルはいいんだよなあ。チッ。
多分、私は映画の中の登場人物に普通に寄り添いたい人なんだな。
だから、こういうクズしか出ない映画はダメダメ。
そう言えば『アフター・アース』も。いや、あれはそんなん関係なくダメダメか。


【銭】
19日は109シネマズの日で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
青鬼@ぴあ映画生活
▼関連記事。
青鬼ver2.0@死屍累々映画日記
青鬼 THE ANIMATION(一回目)@死屍累々映画日記
青鬼 THE ANIMATION(二回目)@死屍累々映画日記