FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版ペルソナ3第二章』をシネ・リーブル池袋2で観て、安定した駄作っぷりにわっはっはふじき★★

五つ星評価で【★★ゲーム原作アニメの底力を見せつけてやれ・・・れ・・・れ・・・こりゃ今回もひどいで?】

原作ゲーム未接触。

物凄く群を抜いてつまらない訳ではないのだけど、卒なくつまらないと言おうか、無理なく無駄なくつまらないと言おうか、とっても平均アベレージ高い感じでつまらないのである。対戦シーンの音楽や映像がそこそこ気持ちいいからだまされるのだけど、話がとってもつまらない。

第二章冒頭で一部の謎が明らかになるけど、それは影時間や敵対存在シャドウがかって大企業の実験によって作られた物であり、その実験経緯から襲ってくるシャドウの数が限られている。そして、シャドウ全存在を倒せば、かっての影時間が訪れる前の日常に世界は戻れるらしい。
こんな説明で「うんうん」うなづく奴は頭が悪い。ゲーム設定なんだろうけど、謎としては何一つ解明されていない。そもそも「影時間」「シャドウ」などが根本的に何であるのかが全く説明されていず不明瞭だ。

さて、前回同様の薄いキャラに濃い設定は付け加わらず、
イタズラにメンツだけ増えた。

「心を持つロボット」「かってのペルソナ使い」「犬のペルソナ使い」「子供のペルソナ使い」「影時間悪用三人組」無駄に増えて、深さは皆、浅いので、どうでもいいキャラがテンコ盛り状態。それで主人公が「戦ってる状態があるから友情関係がフレンドリーなので、これ以上戦いたくない」とか言いだしてしまうのである。そら、つまらんわ。みんなしてバリバリ血肉の感情がない。

まあ、そんな映画なんだけど、ここまで劣等生だとこれはこれで楽しい気がしてくる。錯覚かな、錯覚だな、きっと、うん。そんな映画。

とりあえず亡くなられた田の中勇(鬼太郎父ちゃん)がまだ当て声してます。


【銭】
シネリーブル日曜夜間割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream@ぴあ映画生活
▼関連記事。
PERSONA3の一つ目@死屍累々映画日記
PERSONA3の三つ目@死屍累々映画日記

『放課後ロスト』をユーロスペース1で観て、淡いは成功か失敗かふじき★★★

五つ星評価で【★★★よく言えば淡くて、悪く言えば強烈な出来事が起こらない】  
原作マンガがあるらしいが未読。
30分強の三つのエピソードが底では繋がっていながら、基本的に交わり合わずに順番に語られていく展開。三つとも自分と他人との距離感についてのエピソードだ。

一つ目は『仮面ライダーオーズ』に出てたので顔を覚えてる未来穂香ちゃん主演。
何事もぶつかって生きてきたJKと、
難しい問題は常に避けてきたJK(未来)がお互いの溝を埋めようとする話。
この二つの個性のぶつかり合いによって何が起こるのか。
何も起こらないというのはリアルでクールだけど、映画的ではない。

二つ目は美術部で賞を取った為に、他の部員との間に軋轢を生じてしまったJKの話。彼女は文化祭に向けて絵を描く事で問題を乗り切るが、集団からその絵を破壊する者が現れる。破壊に次ぐ共同作業を通しての作品の再生により、彼らは軋轢を乗り越える。大きな喜怒哀楽が出てこないので、逆にありそうに見える話。

三つめは文化祭終了後に留学が決まっているJKと、彼女といい思い出を作りたい3人組と、その彼女の個性を尊重して3人組を遠ざけてあげたいJKの淡い友情譚。このエピソードに出てくる優等生リカが一番のミスキャストに見えた(原作未読なので本来のイメージに合う合わないではない)。彼女はファニー・フェイスで実に愛嬌がある。下町の看板娘っぽいと言おうか、道を聞いたら親切に答えてくれそうに見える。多分、それだと3人組との違いが明確に浮かび上がらないからダメなのだ。どうも、彼女も3人組も留学女子に対する距離感が同じく近すぎる。
このエピソードの中で、3人組が捨てペットを「可愛い可愛い」と連呼するのだが、彼女たちの家庭では飼育を出来ないので置き去りにして死なせてしまうシーンがある。その後、留学女子は三人組の一人に対して腹パンチを繰り出す。あのペットこそ、興味本位で接してきて、使い古されたら捨てられる彼女自身の象徴に違いない。

どのエピソードも大きな喜怒哀楽が発生しない。
ニュアンスを伝えようとするような淡い物語なんだけど、
強力な感情を揺さぶられる話がないと、
どうも今一インパクトに欠けて記憶に残りづらそうだ。


【銭】
ユーロスペースの会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
放課後ロスト@ぴあ映画生活

PS 『放課後ロスケ』だったら全然違う映画だろうな
 (どんなんかはよう分からん)。

『gift』をシネマート六本木1(B2)で観て、おもろいやんふじき★★★

五つ星評価で【★★★拾い物】  
遠藤憲一と松井玲奈の名古屋から東京までの4日間に渡るロードムービー。

遠藤憲一はいつも通り。
SKEの松井玲奈はグラビアなんかで顔だけ知ってる程度。
声を聞いた事すらないかもしれないが、彼女は良かった。
過去の事件により、心を閉ざしがちな不良キャバ嬢。
アイドルだからという甘えた感じがなく、実にサバサバ演じていた。

彼女に付きまとう借金取り役の男優の演技が
ちょっと過剰でうるさいのはマイナス。

遠藤憲一の旅の目的と、
旅の同行者にそこいらの馬の骨の松井玲奈を選んだ理由が
なかなか優れていると思う。


【銭】
シネマート月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
gift@ぴあ映画生活

『太秦ライムライト』をシネマート六本木2(B1F大)で観て、涙ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★福本清三の存在感】  
どこまでがリアルで、どこまでがフィクションだかが分からない匙加減の上で「斬られ役者」の人生の終りの日々を描く。

福本清三が演技してるのかどうかは分からない。
だが、殺陣回りや斬られた際のリアクションの素晴らしさは何回見ても目を引きつけられる。極にまで達した「型」の美しさ。「無形文化財」と言っても遜色ない。これは世界一の技術を持つ男が、一目置かれながらも世界から必要とされなくなるまでを描く哀しい物語だ。その哀しさに静かに耐える泣き言を言わない福本清三がいい。その人生の力強さはまるで健さんだ。

彼の晩年に薫風を吹かせながら、彼の人生を裏切りながら、最後に彼の人生を看取るために再登場する山本千尋がいい。

彼と同じく時代に抗いながらも、時代に負けていく人情家肌の本田博太郎がいい。

劇中クライマックスの殺陣がまた、実に素晴らしい。


【銭】
シネマート月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
太秦ライムライト@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
太秦ライムライト@ノラネコの呑んで観るシネマ
太秦ライムライト@こねたみっくす

『バトルフロント』をHTC渋谷2で観て、まるでセガールのようなステイサムだふじき★★★

五つ星評価で【★★★蛸殴り全開】  
スタローンが自身の為に書いた脚本をステイサムで主演映画化。
引退した麻薬潜入捜査官ステイサムがご近所トラブルに巻き込まれ、逆恨みを持った麻薬ボスが駆けつけての殺し合いに発展、娘に手を掛けられそうになるやステイサム冷静に逆切れして、相手を全滅に追い込むという話。

日本だったら、ステイサムを隔離しろよって話だけど、誰もそんなことステイサムに言えないよね、怖すぎて。
とはいう物の、この映画のステイサムは妙に顔が明るい。いつものように下向いて眉間に皺寄せてばかりじゃないのだ。そのノホホン・ステイサムが割といい。でも、悪人には怖い顔なので、一人時間差ツンデレみたいな状態である。

アクション映画としては実に原型っぽい作りで、余計な夾雑物が入っていない。
凄くシンプルなんだけど、それ故にちょっと物足りなさも感じる。

敵が小物なのでステイサムに適わない状態はセガール大活躍を見るよう。そんな戦いに巻き込まれてたジェームズ・フランコなんて「御苦労様」としか言ってやれない。
そしてステイサムにはこう言いたい「ちゃんと引越し蕎麦を配れよ」。それで全部、解決してた事案だろ、これ。

娘が物凄く可愛いタイプじゃなく、どこかステイサムっぽい芋っぽさを持つ顔だったのは好感UP。

妙にガタイのいいシェリフはクランシー・ブラウン。
この人は『ブライド』のクリーチャー(フランケン・モンスター)、
『ハイランダー』の最後の敵、と化け物役が似合う人なのだ。
だから本気で戦わせたらステイサムといい勝負をしそうなのに。


【銭】
テアトル系の会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
バトルフロント@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
バトルフロント@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
バトルフロント@ここなつ映画レビュー

PS いじめっ子が『フェノミナ』のちびっ子殺人鬼に顔が似てる(本当)。

『ちょっとかわいいアイアンメイデン』を池袋シネマ・ロサ2(BF)で観て、エロくてわっはっはふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★エロ力】  
女子高にある拷問部でのさわやか拷問ライフな毎日という、そんなんありえんだろな設定にまず大笑い。いいの、いいの、映画なんて嘘なんだから。
原作マンガ未読。

それにしても映倫基準では「R15」。
うっそでーい。これ、SEXシーンがないだけで、
オナニー、レズ、SM緊縛、汐吹、これだけ詰め込んでて「R15」はなかろう。
成人映画並みのエロさである。
色仕掛けかなんかの攻勢があったのかどうかは知らんけど、
規制が緩いんだから高校生は観に行ったらいいよ。

多分、マンガとはビジュアルやキャラが違うかもしれないが、
拷問部4人のキャラはキャラ立てがしっかりしてて、実にいい組み合わせだ。
・眼鏡の冷静な部長に間宮夕貴。石井隆の『甘い蜜』に出ていた娘だ。
 出来上がってる知的な美しさが光る。
・拷問部エースの先輩キャラに吉住はるな。
 Sっぽいスレンダー外見でいぶし銀的キャラ。
・1年で根っからのMに矢野朱夏。鈴木蘭々を太らせてM嬢にしたみたいな外観。
 ちょっと感心したのはこの娘が外観的には一番のウィーク・ポイントなのだが、
 それでもちゃんとそこそこ可愛く撮れてるのである。
・手違いで入れられた体の木嶋のりこ。
 木嶋のりこ、ムチャクチャ可愛い。
 凄く力を入れて撮られてる。
 こんなに可愛く撮られてるんじゃたまらん。
 映画の出来はともかくとして木嶋のりこだけで星四つやっていい。
 それくらい可愛い(かつ、エロい)。

 そんな映画です。


【銭】
チケット屋で額面1400円の前売券を1200円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ちょっとかわいいアイアンメイデン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ちょっとかわいいアイアンメイデン@『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

あっ、そう言えば『マレフィセント』にもう一言。

映画を見る時間はムチャクチャとってあるのに、
ブログを書く時間が捻出できない。
インプットだらけでアウトプットできない便秘状態。
夏休み取れない会社に入っちゃったし。
見たい映画がふと気づくと全部レイトでしかやってなかったりだし。
という自分の事情とは関係なしに『マレフィセント』にもう一言。

TB付けるために他のブログ回ってて、『マレフィセント』で幾つか妄想。
・取られた翼を取り返すって『どろろ』みたいだ。
 敵は父権の塊で、父ちゃんに逆らう明子姉ちゃんの映画なのかなあ。
 明子姉ちゃんは花形と結婚するのにマレフィセントは独身で処女だから、
 そこに子供がいる構図はマリア様みてーだ。
・アナ雪の隣の経済大国の爺、あれがこっちの映画まで出張ってきて花形になるか。
・真実の愛を持たない王子様がこの後、
 オーロラ姫もマレフィセントもたらし込んで、ハーレクィーン泥沼状態。
 いや、単にイタリアン・ポルノか。
 マカロニなら、地獄の底から王様が蘇ってきて、マシンガンで妖精を一網打尽。
 そっちの方が見たいかもしれないけど、もうファンタジーではないな。
・メイクがリック・ベイカーなのだよね。
 猿のリック・ベイカー。
 マレフィセントが猿にならなくてよかった。
 いや、アンジーだったらデザインが猿のマレフィセントでも、うほうほ
 きちんと母性を演じてくれたと思いますよ。
 あ、大竹しのぶさんとか猿のマレフィセントが似合いそう。
・カラスも一羽だったからいい役だったけど、2羽だったら
 ヘッケル&ジャッケルでギャグ・キャラクターじゃないか。
・ツイッターで見かけた
 二人の関係はピッコロと悟飯っていうのが言い得てるよなあ。
・オーロラ姫の声が上戸彩なら、旦那エグザイルだから、
 王子がダンスして歌うたった後だったらキスして目覚めたかもしれない。

a>▼関連記事。
マレフィセント@死屍累々映画日記
・マレフィセントもう一言@死屍累々映画日記
マレフィセント2@死屍累々映画日記第二章

新橋ロマンで荒木太郎三本20140815-20140821

◆『さみしい未亡人 なぐさめの悶え』
五つ星評価で【★★★★愛田奈々はこれが一番好き。映画愛内包】
愛田奈々主演、里見瑤子 佐々木基子 稲葉良子 出演。
友松直之脚本監督。2012年のピンク映画。

二回目。
細かいレビューは下にリンク貼っておく前回のレビューにゆずる。
今回は気が付いたとこだけ。
・宅急便はクロブタカマト。勿論、適当にでっちあげてるんだろう。
・里見瑤子の乳首が淫靡なくらいにピンと立ってる。寒かったんだろうなあ。
・稲葉良子、この映画では普通の女性役だが、
 この後、荒木作品に出ると必ず魔女のようなコワモテを演じてる。
・愛田奈々、小池栄子に似てるなあ、
・亡き夫の母を迎えるスープは何気に夫婦スープ皿。
・映画内で浅草六区の映画館で映画を観た後に義母は帰郷するのだが、
 これも映画館がなくなって今は昔の話になってしまった。


◆『巨乳未亡人 お願い!許して・・・』
五つ星評価で【★★★★ベタな恋愛ドラマ】
愛田奈々主演、那波隆史 松 すみれ 星野ゆず出演 
荒木太郎脚本、監督、2014年のピンク映画。

リストラされたエリートサラリーマンが今までの肩書を捨てて、
気立てのいい未亡人と恋愛しながら、人生を取り戻すまで。

これなんか凄くベタで、どっかで聞いたような話なんだけど、エリート崩れ那波隆史の演技のリアリティーと気立ての良さが顔に出る愛田奈々の存在感がいい感じで絡み合って、とても愛らしい一本になってる。愛田奈々の義理の父とねんごろになるピンポイントリリーフの星野ゆずもよし。


◆『異父姉妹 だらしない下半身』
五つ星評価で【★★★真摯なだけに今一きつい】
愛田奈々、美泉 咲主演、
荒木太郎脚本、監督、2013年のピンク映画。

幼少時に分かれた姉妹の再会と失望による別れと邂逅。
僕らのビーナス愛田奈々ちゃんが常に生理みたいなイライラ女(姉)で、そのイライラぶりに今一つ得心がいく部分が付いてこないのがきつい。妹役の美泉 咲は地味目だけど愛嬌のあるいい顔立ちで可愛い。どちらかというと美人系で可愛さが中々滲み出てこない愛田奈々とは好対照でいいキャスティングだと思う。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
巨乳未亡人 お願い!許して・・・@PG
異父姉妹 だらしない下半身@PG
さみしい未亡人 なぐさめの悶え@PG
▼関連記事
さみしい未亡人 なぐさめの悶え一回目@死屍累々

マンガ『もぐささん 第二巻』大竹利朋、ヤングジャンプコミックスを読書する男ふじき @tomoyaharada

もぐささんは相変わらず可愛いが、
使うテクはマジシャンなみに巧妙になってきてる。

よきかな、よきかな。
まだまだ安定してる。

『エグゼクティブ・デシジョン』『スペース・カウボーイ』を新橋文化で観てキッチリしちょるのうふじき★★★★,★★

◆『エグゼクティブ・デシジョン』
五つ星評価で【★★★★ハリウッド映画はこれよ】
二回目か三回目。
くー、相変わらずおもしれー。
次から次へと現われる難題を一つ一つクリアしていくプロの映画。
つまらん訳がない。

割と導入部近くのあのサプライズも、
無敵の突撃部隊の攻撃性能を削ぎながら代替手段を提示する難題の設定も
脚本の力かくありきってか、これ近いうちリメイクしてもおかしくない気がする。
企画不足にはリメイク、リブートで対処って時世だもの。

ハル・ベリーが三番手くらいの大きな役で出てて、この頃はまだアカデミー賞とかおくびにも出してなさげだ。いや、カート・ラッセルにアカデミー賞あげてほしい(多分、貰ってないでしょ)。で、この頃のハル・ベリーはまだまだ小物感の強い女優で、妙に安そうな制服が似合う気がする。今回スッチーだよ。探せば「ハル・ベリーAV制服パック」みたいなディスクがどこかに売ってそうな気がする。あ、そうか、割と困り顔だからだな。ハル・ベリーが主役なら、スッチー、ナース、政府事務官、女刑事辺りのAVの話を一つ1分くらいで作れるよ、俺。いや、ハル・ベリーがオファー受けないだろうけど。


◆『スペース・カウボーイ』
五つ星評価で【★★イーストウッドの中ではちょっと冗長さが苦手】
ファ-ストラン以来,2回目。
ファーストランの時も長さに辟易して後半はうつらうつらだったが、今回も同じような状態に陥った。いやあ、人間そんなに変わるもんじゃないね。

映画には「頑固爺」がよく似合うので、それだけで追い風なのだけど、後半になればなるほどイーストウッドら爺ちゃんが翻弄される度合いが強くなるからなのかなあ。いや、うつらうつらしてたからよう分からん。すまん。
若い姉ちゃんより、イーストウッドの年老いた妻の方が魅力的に撮れてるってのは明らかにおかしいと思うぞ。

無理に題名を直訳すると『宇宙雌牛少年達』か。
いや、無理に題名を直訳した俺が悪かった。


【銭】
ネット割引で100円減の800円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エグゼクティブ・デシジョン@ぴあ映画生活
スペース・カウボーイ@ぴあ映画生活
前のページ 次のページ