FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『小指ラプソディ』をユーロスペース2で観て、ちょっとずつ違う感ふじき★★★

五つ星評価で【★★★面白いけど、映画というよりは演劇向き】  
銭湯の風呂に入ってる7人の男、番台にいるマドンナへの告白権を賭けてサウナ我慢大会が始まる。なかなか面白いのだけど、最初の設定にリアリティーがないので、そういう事が許される「演劇公演」みたいだと強く感じる。
1ショットで見せられれる背景といい、本当に舞台向きだ。
演劇は一つ本当があれば成り立つが、映画は一つ嘘があると壊れる。

7人はギリギリ分別に手間取らない(全員裸だからパッと見分かりづらくはある)。

柄本時生の硬質な童貞と、オタク役の人の軟質な滑りトークに目が行く。
上田耕一はすっかり枯れた老人になってしまった。
渡辺哲のモンモン姿と意地の通し方に凄い説得力があるのだが、あれが渡辺哲という気持ちの悪い役者じゃなかったら、「何でそんな行動取るの、おかしいだろ」と冷静にツッコミ入れたくなるに違いない。そういう意味では、あの自傷の説得力は薄い。あと、自傷に関係した映画タイトルにも必然性をそんなに感じない。

30分という長さは作品内容としては適量だけど、興行価格としての1000円は高い。60分1000円ぐらいの肌感覚化あるから、500円くらいに抑えてもらえると嬉しいのだが。

あ、あと、中村靖日が絶好の格好悪さ。


【銭】
1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
小指ラプソディ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『ダバング大胆不敵』をシネマート新宿1で観て、面白いけど感ふじき★★★

五つ星評価で【★★★充分面白い筈なのに何故だろう】  
ボリウッド・マサラムービーで普通に面白いんだけど、ラジニカーント様がインド映画元年だったからか、ちょっと食い合わせが違ってもたれるような感じ。

主役のサルマーン・カーンは警察官役。
権力と無敵の肉体を武器に臨機応変に「正義」を遂行する。
『県警対組織暴力』の菅原文太みたいなファジー正義だが、基本的に法に触れるような行使でも、主人公の気持ちが正しいので見ていて問題にはならない。ただ、主役のサルマーン・カーンがラジニカーントのような「おっちゃん的甘さ」の少ない「マッチョいけめん」なので、「そうは言うても全てお前が正しいと思うなよ」みたいにちょっとムカっとしないでもない。話の展開で、主人公が正しくない振舞いをするシーンもあり、そこがちょっとつらい。

・冒頭ちょっとして始まる大アクション・シーンはインドでジャッキー・チェンやるとこうなるという意味で非常に面白い。そして高度である。

・3時間弱でなく2時間強だけど、歌と踊りは普通に入っている。 他のマサラと比較するからか、長いとは思わんかったけど体感速度がそんなに速くなく、短いとも感じなかった。

・姉ちゃんブスじゃないけど、そんなに好みじゃない。シナリオ的にもあまり喋らんからキャラ分からんし。

・「ダバング」って主人公の名前だと思っていたら、主人公の名前は「チュルブル・パンデー」。マサラ歌詞にも「 ♪ ダバング、ダバング、ダバング」と入ってくるのだけど、結局何なんだ「ダバング」。

『マッキー』と同じく、悪い事をする奴はサラサラヘアーの西洋風イケメン。


【銭】
シネマート新宿月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ダバング大胆不敵@ぴあ映画生活

PS 猿マン・カーン