FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

新橋ロマンで成人映画(エクセス3本)20140110-16

◆『妻の誘惑 完全なる性感帯』
五つ星評価で【★★「たいした作品じゃない」だけ記憶】

旧題『股がる人妻たち』
小泉ゆか主演、吉行由美出演。
上垣保朗監督、1994年のピンク映画。

二組の(家庭教師+主婦)不倫。
大してどうこうという映画ではないのだけど、
濡れ場の色が妙に肉肉していた(ライティングがいいんだろう)。

以下、無駄話。渋谷の街並みが映って、
母親がラブホで家庭教師と不倫をする為に子供を映画館に置いていく。
置いていった映画が歌舞伎町にある新宿アカデミーの『リトル・ブッダ』みたいだったんだけど、あれ小学生低学年には難しいだろ(んなこと言いながら未見)。その後、母親は一瞬で渋谷のラブホに戻り不倫。どこでもドアかよ、もしくは外人が必ず渋谷を撮影するようなこだわりがあるのかもしれない(ないよなあ絶対)。


◆『理容店の女房 夜這い寝間』
五つ星評価で【★★これも「たいした作品じゃない」だけ記憶】

瀬能司主演、風間今日子、平沢里菜子、樹カズ出演 
新田栄監督、2007年のピンク映画。

女理容師が夜這いされるけど、夜這い男の妻も実はというライトコメディー。

冒頭、池袋サンシャイン通りが映る(何で映ったかは忘れた)。
今は亡きホテルテアトル! テアトルダイヤが映る! ご冥福をお祈りします。

主役の瀬能司、二人目の風間今日子は好みじゃない。

平沢里菜子のペチャパイが何か痛々しい感じながらも新鮮。
こういうペチャな女優さんがいても全然いい。

3高みたいな役で出てくる樹かずがSMAPの草ナギ君みたいな笑い方をする。
樹かずの役名は剛。


◆『如何にも不倫、されど不倫』
五つ星評価で【★★★おしゃれ女はいいな】

鈴木杏里主演、キヨミジュン出演。
工藤雅典監督。2008年のピンク映画。

ポスターが無駄にオシャレ。
誰あてなんだろう?
モデルと見間違える感じの綺麗な姉ちゃんといけてる隠れバー経営者のトレンディラブアフェアみたいな話なのだが、男がどうにも役不足なために残念な仕上がりになってしまった。なかみつせいじが変態役をやってるのはいい。


【銭】
新橋ロマン、ネット割引で100円引いて1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
妻の誘惑 完全なる性感帯@PG
理容店の女房 夜這い寝間@PG
如何にも不倫、されど不倫@PG
スポンサーサイト