FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マレフィセント』を109シネマズ木場7で観てうめえこと作るなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★役者力】  
アンジーの顔がCGって訳でもないだろうに全編、ずっと見つめていたくなる凄い訴求力のある表情をしてる。
「いや、名女優なんだな、この人」というのを思い知らされた感あり。

対抗するエル・ファニングがまた可愛い事。
でも「美人」じゃなくって、バリバリの子供顔。逆にそれがアンジーとの対比が活きてて良かった。『眠れる森の美女』じゃなくて『眠れる森のカワイコちゃん』なんである。というか、そもそもほとんど「眠らない」のだけど。何だ、じゃあ『新宿鮫 眠らない街のカワイコちゃん』か。どんな映画だよ。でも、マレフィセントに警棒打ち込む真田君は見たいかも。

ドラゴンを出す展開は素晴らしい。あっ、そうやって出すのねって目から鱗。

王子様がズタボロに役立たずと言われてますが、うん、役立たずですなあ。
昔のハリウッド映画のヒロインの立ち位置で、
「キャー」とか「きゃっきゃ、うふふふふ」という立ち位置なんですなあ。
それなら王子タイツで出てくれば良かったのに
(女子が演じていたら倒錯してて更によし)。
………っつか、『マレフィセント』宝塚でやったらよさげじゃない?


【銭】
火曜109シネマズの会員デーで1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マレフィセント@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マレフィセント@映画のブログ
マレフィセント@映画的・絵画的・音楽的
マレフィセント@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
マレフィセント@ペパーミントの魔術師
マレフィセント@いやいやえん
マレフィセント@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
・マレフィセント@死屍累々映画日記
マレフィセントもう一言@死屍累々映画日記
マレフィセント2@死屍累々映画日記第二章

PS ドラマに100年かけないから『超高速!マレフィセント』かもしれん。
スポンサーサイト



『いっツー』をシネマート新宿2で観て、かーいー映画じゃんふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★いい意味でテレンコテレンコしてる】  

城定監督のエロコメ。
盤石です。理由は特にないのだけど、とっても盤石を感じます。
檀蜜のJK版みたいな女の子(副島美咲)だなあと思ったら
「小蜜」の異名を持ってるのね、この子。さもありなん。

この小蜜に一方通行の愛を注ぐ冴えない君の物語。
この冴えない君が外見がそこそこイケメンだけど、
態度が弱者その物で、
チンチンが非勃起時でビール瓶みたいという設定が馬鹿で可愛い。
ホモじゃないけど、ちょっと応援したくなる手合いなのだ。
あの自慰ばっかりやってる姿が自分とダブるんですね。
いや、絶対あーゆー時期って男子はある。
ない奴もいるかもしれないけど、そんな奴は好かん(好かれても困るだろうが)。

小蜜のツンデレのツンが強いので、今一つラブコメ物として爆発しきれてない気がするが、後半になるにつれ感情が開いてくるので、この部分は翌週公開のPART2に期待しておく事で今回は不問とする。小蜜と冴えない君以外で重要なのが二人を取り巻く映研の面々。マンガ的キャラクターを上手く人間化していて、映画愛がビンビン伝わってきて、副産物的にとても映画を楽しくしている。

あと、どうでもいい役をどうでもいい具合に演じる鼠先輩が適当にいい感じです。


【銭】
月曜シネマート新宿メンズデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
いっツー THE MOVIE@ぴあ映画生活
▼関連記事
いっツー THE MOVIE2@死屍累々映画日記