FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『中学生円山』を109シネマズ木場3で観て、こんなボンクラ映画は大好・・・いや中好きだふじき★★★

1年前くらいの書きかけ原稿。そろそろ放出せんとみたいな記事。

五つ星評価で【★★★くだらないシチュエーションや妄想については全部好き】
『あまちゃん』の宮藤官九郎が「団地を舞台にしたアクション映画」と言いながら自己のオナニズムについて言及して見せた一本。

わははははははは。
バカらしくて大いに結構。

バカらしい中に、後ろにちゃんと筋の通ったバックストーリーを準備してる用意周到さも実に結構。

何より良かったのは、こんな激薬を役者として投与するのかと
見る前には全く何一つ期待してなかった遠藤賢司、ことエンケンの大活躍。
『不滅の男』以降、老境に至った遠藤賢司の、
ビンビンに壊れすぎて何を歌ってるかも分からないが、源ソウルだけを兄弟船に乗せてぶつけてくるような、節操のない男ロックっぷり。
もちっと前の時代のちゃんとメロウなギターもひけるフォークっぷり。
これ、どっちも収まってるのはとってもお得だ。
後、役者としてもいい味出してる。
多分、実情、徘徊老人に近いんだろう(いやいやいやいや)。
もう、役者遠藤賢司はこれで引退でいいと思うよ、これ以上はないから。

次に草磲の変な武器。
あれは男として生まれたからには一回くらい扱ってみたいくらいスタイリッシュだ。

見せ方としては真の意味での「中学生円山」が登場してからの活躍っぷりがカリカチュアされずに、そんなに凄い事のように見えないのが不満。


【銭】
レイトショー割引料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
中学生円山@ぴあ映画生活

『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★

五つ星評価で【★★★広末好きやもん】  

全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、
それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、
テンポがあまりよろしくないと言えば、よろしくない。
昔、吉田栄作氏が出ていたジェットコースタードラマみたいに
10分目を離したら分からなくなるようなハイスピードにしても違うだろうし、
『るろうに剣心』みたいな殺陣がドカンと入っても違うだろう。
だから、これはこれで、この愚直なスピードであってると思う。

みんなが全力疾走するようなテンションの映画が多い中、
ゆっくり歩くようなテンポにして、映画は何を描きたかったのか。
「日本人が昔いたような、こんな日本人だったらいいなあ」じゃないかな。

中井貴一と言うのは外人から見たら「異相」だと思う。
「魔法使いのお婆さん(しかも悪い方)」を男にしたような容貌でしょう。
でも、原日本人っぽい。
不器用だけど、誠実で、自分に不利益が及ぼうとも正しい事をやりとげる、
日本人ってこういう腹立たしくなるくらい不器用な男が実は好きだ。

対する「仇」である阿部寛も、
終わった事はすっかり忘れて面白おかしく暮らせばいいのに、
そういうお気楽な生活を送れない。真面目だ。
そして、日本人は実は日本人自身の真面目なところが嫌いじゃないのだ。
だから、適当な嘘を言って不誠実に利益を得ようとする中韓の輩はどうもね。

そして、広末が可愛い。
割りと古風な顔立ちなんだな。
この夫の為に全てを費やしてしまう嫁はもう理想の日本人妻でしょう。
「お祈り」が功を奏して、やっと泣き笑いするのがたまらず可愛い。

長屋の女の子の計算のないドタドタっとした歩き方も可愛かったな。


【銭】
丸ぴか毎月20日はサービスデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
柘榴坂の仇討@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
柘榴坂の仇討@はるみのひとり言
柘榴坂の仇討@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 温泉にタイムスリップして逃げるルシウス阿部寛を、
 夫の代わりに妻・広末がドラム式タイムマシン(『バブルにGO』)に乗って
 追跡だ!(要ポロリ)

『LUCY』をミラノ座1で観て、ベッソンらしくてとってもけっこうふじき★★★

五つ星評価で【★★★今更ベッソンの映画に期待しようなんて!】  

という訳で、当然、変な映画だろうと思って見に行ったから落胆なんかはしない。
スカーレット・ヨハンソンが犯罪がらみで脳パワー全開になったら無敵になりましたってプロットは驚くくらいリアリティーがない。それは脳ができる範囲を超えている。脳にあそこまでの才能はないに違いない。仮にあるとしても、そう思わせるだけの説得力を持った絵にしていない。でっかいスイカを皮も剥かずに持ってこられても丸呑みは出来ない。咀嚼するためには程よい大きさへのカットが必要なのである。この映画はそういう努力に手を抜いてしまった映画なのだ。だから「脳」なんてキーワードを出さずに宇宙人に誘拐されて神様の能力を授かってしまいましたという話にした方が、嘘は嘘でもずっと納得しやすい話になる。

けれど、それをもってこの映画を否定したい訳ではない。
ええやん、こんな爺の世迷言みたいな映画でも。
爺の世迷言の癖して映像若いし、ヨハンソン黒ブラジャーだし、
ベッソンは自信満々だけど、論理的とはとても思えないし。
でも、爺らしく老成しないベッソンに対して
映画は何でも好きという訳にはいかないが、人物としては好感を持っている。

みんな、もう少し優しくしてやろうぜ。


【銭】
新聞屋系の招待券もらった。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
LUCY/ルーシー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
LUCY/ルーシー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
LUCY/ルーシー@映画的・絵画的・音楽的
LUCY/ルーシー@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 『AKIRA』を思い出した。
PS2 セガールとLUCYガチで戦ったらそれでもセガールが勝つ気がする。

『海月姫』のチラシ見て思った。

『海月姫』面白そうじゃん。
メイン・ビジュアル能年玲奈のワナワナ顔ドアップ。
多分、この娘は『ホットロード』みたいなお澄ましな顔より、
こっちの表情モロだしコメティーみたいな方が向いている。

そして、キャスティングが活かしてる
(原作マンガを読んでないのでイメージが合ってるかどうかは不明)。
野郎二人に長谷川博己と菅田将暉。
長谷川博己って狂ってるキャラを程よく演じられる匙加減の上手い人だ。
菅田将暉、女装なんだけど、5人の女子の誰よりも女子力高くて笑う。
菅田将暉くんが女装でこんなイケテルとは思わんかったなあ。

女子5人は、能年玲奈、池脇千鶴、篠原ともえ、太田莉菜、馬場園梓。
池脇千鶴は映画にぶち込んでおきさえすれば安心だ。
今回、ビジュアルが小柳トムみたいである。
篠原ともえはああ見えて割と演技上手。
金子のGMKでのいい演技が忘れられない。
そして、カーシャ太田莉菜。今回も尖ってる感じが良さそうだ。
馬場園さんは未知数だが、充てた様な役っぽいから大丈夫だろう。

しかし、川村泰佑監督のフィルモグラフィーが凄いなあ。
『のだめ最終楽章後編』『こち亀』『秘密のアッコちゃん』『L💛DK』
見事にジャンル映画監督として起用されている。苦労人だ。
『のだめ最終楽章前篇』を撮った竹内英樹が『テルマエ』『テルマエ2』って盤石のフィルモグラフィーなのと対照的だ。
『のだめ後編』はもう記憶が飛んでるけど、『こち亀』『アッコちゃん』って、ムチャクチャ制約が多いのにいい出来なんだよな。『L💛DK』は流石にあの主演男女を使うという制約に勝てずに土が付いてしまった。

苦労人の監督が、この映画でブレイクするといいな。

驚いたこと

風呂入って洗髪してた。







髪をすすぐ前に意識が飛んで寝てた。

そんなタイミングで寝れるのかと我ことながらちょっと感心した。

『舞妓はレディ』をトーホーシネマズ渋谷6で観て、あの歌は何なのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】  

違和感を感じてしまったのは、
劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。
多分、それは呼吸を意識してしまったから。

上白石萌音ちゃんのアップ、1拍、歌い出し。
みたいに最初の歌は始まるのだが、
この「1拍」がドラマ部分と歌を分けてしまっている。
ドラマのキャラクター達の感情が高まって歌いだすのではなく、
歌のシーンが来たから歌い出したみたいに見えてしまう。
要所要所に入る明朗快活な歌は、取り立てて必然性があって挿入されてる訳ではない。
あえて必然性を語るなら、明朗快活な空気感を醸し出すためであろう。
それだったら、歌を削って、もっと舞妓あるあるの小ネタを挟んでほしかった。

だって、映画の中では「舞妓」と「芸子」が、それぞれ何であるかも語っていないし、「舞妓遊び」に何故はまるのか、その愉しみとは何かが明確に絵解きされていない。遊びの基本が分かってないのに、シャチホコとか見せられても、うーん。いや、大人なんだから知っておけよとか、勉強しとけよってんなら、この映画自体いらない。見た事のない世界を面白おかしく語ってくれるのが、今までの周防作品だったからだ。

って事で、映画全体としては、色々くすぐりが多い所もあって、そこそこに見れると思うのだけど、並の映画という感じ。

部分の評価。
・上白石萌音ちゃん、かーいなー。
 でも、おしろい塗らん方が断然可愛い。
 おしろい塗った後のうなじに天然の後れ毛を発生して、
 その濃くなくちぢれてる素振りがちょっとあそこの毛っぽい佇まいでドキマギきた。
・田畑智子ちゃんもかーいーんやけどねズラとおしろいが似合ってない。
・草刈民代の伸びた背筋が気持ちいい。


【銭】
毎月14日トーホーシネマズデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
舞妓はレディ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
舞妓はレディ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
二回目@死屍累々映画日記

マンガ『銀の匙 第十二巻』荒川弘、少年サンデーコミックスを読書する男ふじき

八軒の二年生春(下宿開始)から夏の終り(馬術大会団体戦)くらいまで。
これでもかと地味な話(起業の方法論模索)なのに、
面白く読ませるのは相変わらず流石プロだ。

男の子みたいな顔で描かれる新一年生が
オドオドしてながらも不器用なのに一生懸命なのが可愛い。

『テロ,ライブ』をHTC渋谷1で観て、おもろいやんふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★次から次へとイベントが来るので飽きない】  

ラジオ局に左遷された久米宏が
爆弾魔とのやり取りでテレビ局に返り咲こうとしながらも
真実に対する実感を改めるみたいな話。

あああああ、あの大臣むかつくとか、
主人公の妻が妙に芋っぽくってそんなに美人じゃないとか、
余計な人材が投入されればされるほど、主人公が板挟みになっていくとか、
かなり好きです。

ライバル局のアナウンサーがどこか久須美欽一(ピンク映画の名物俳優)
みたいで、久須美欽一に追い込まれるのは嫌だなと思った。
……斉藤清六とか狩野英孝に追い込まれたら嫌っしょ。そんな感じ。

私自身の話で、前職は銀行でエッチラオッチラ、プログラムのメンテしてて、
今は新聞社で販売統計サポートみたいな仕事をしているんですが、
メディアがリアルタイムじゃないから、というのがあるかもしれないけど、
マスコミ(新聞局)の危険対策って銀行屋に比べると割と杜撰。
特定不可能な第三者が時限式の爆弾仕掛けるとか、難易度低めで出来ると思う
(えーと、やらんよ、、、ってか、やれんよ)。
だから、やはりテレビに比べて二番手であるラジオスタジオに、
混乱のさなかテレビスタッフやテロ防止のための第三者が入り乱れる中、
犯人が潜んでいて、それを明らかにできない状況と言うのはとてもリアル。

どこの国でも、偉い人は「ごめんなさい」が言えないのだなあ。


【銭】
テアトル系水曜1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テロ,ライブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
テロ,ライブ@映画好きパパの鑑賞日記
テロ,ライブ@ダイターン・クラッシュ

PS ネタ
 「あんたの耳にも爆弾が!」
 「ええっ!」
 「鼻にも口にも上着や下着の中にもだ!」
 「ええっ!」
PS2 ネタ2
 「太郎ライブ!」
 「何じゃそりゃ」
 「いや、『何じゃそりゃ』と言われても」

『リアリティのダンス』をUPLINK Xで観て、中だるみ凄いなふじき★★

初秋のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り。

五つ星評価で【★★ちょっと期待が大きすぎた】  
冒頭から変な映像満載で、ちょっと安心したのも束の間、
話の主体が少年から、父に移ると急激につまらなくなる。

関心が及ばないようなキャラ立てをした挙句、
梯子を外すように父ちゃんの話だけになるのはどうにかならんのだろうか。


【銭】
UPLINK 水曜1100円均一使用。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』を池袋シネマ・ロサ2(B1)で観て、単なる成人映画だろふじき★★

初秋のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り。

五つ星評価で【★★R15+だが、具体的な描写がないだけで限りなく成人映画枠に近い内容】  
公開当時、マンガ原作者が知らんところで映画化されたことで騒動になった1本。
マンガも映画も基本、同ベクトルのスケベ作品なので、原作者が「これは違う」と言うほどどうのこうのは違ってないと思う。ただ、原作者が異なるメディアに触れる機会を出版社が奪ってしまったという意味でなら、それくらい原作者に先生扱いされるチャンスを与えてあげてもいいだろ、くらいには思う。

親が旅行で二人暮らしの連れ子兄妹(『みゆき』展開)、妹は幽霊に憑りつかれ、下着の代わりに霊的な貞操帯を装着させられる。この貞操帯を取り外す為には、義兄に対して一定以上の愛情行動を取らないといけない。一定以上の愛情行動をとると、貞操帯の中心にセットされているガラス容器が液状の愛情(どう考えても愛液のメタファー)で満たされ、貞操帯が消えてなくなる。妹は幽霊に体を乗っ取られ、兄とのセックスギリギリの行動に突き進む。
どう好意的に見ても、直接、性行為がないだけで成人向き内容だと思う。

主役の女の子、橋本甜歌は服を着てると可愛いんだけど、
脱ぐと寸胴でちょっと惜しいプロポーション。
あと、声が掠れてて聞きづらいので演者としてはきつい。
主役が一生懸命でも空回りする事はある。出来が可哀想な一本だった。


【銭】
映画ファンサービスデー価格で1000円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。
前のページ 次のページ