FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ポケモンXY 破壊の繭とディアンシー』を109シネマズ木場8で観て、ゆるいモノノケ姫みたいだふじき★★

五つ星評価で【★★面白げでありながら奇跡で話を締めるのは頭悪い】  

5年ぶりに見たポケモン映画。
毎年、適当に見たいとは思っているものの何となく見逃してしまう。
ゲームとかやらんし、TVアニメも見ないから思い入れがないのだけど、
映画の予告が毎回、怪獣映画っぽくて響くのだ。
映画のオマケに強いポケモンを配布するから、
自然そういう構造になってしまうんだろうなあ(※)。

で、今回は「せいめい」の属性を持つゼルネアスと、
「はかい」の属性を持つイベルタルが最強系。
この二体は『もののけ姫』のシシ神の穏やかに森を守る時と、
祟り神になって周囲を破壊する時の両局面を分けたような存在だ。
そして、世界に身を捧げて守ろうとするのが「ほうせき」の属性を持つ
お姫様ポケモンのディアンシーだ。
うーん、ほんま、『もののけ姫』っぽいぞ。
ゼルネアスが鹿っぽいのが又。
人が禁断の地に入り、破壊の繭の眠りを覚ますとイベルタルが現れ、世界を破滅に落とそうとするのだが、10人かそこらが森に踏み込んだからと言って、それで世界を滅ぼしてしまおうなんて、ずいぶん大雑把すぎるお話だ。禁断の森とは言え、「禁断の森」と書かれている訳でもなく、今まで、その森に偶然入った人間が一人もいないとはとても思えない。
それと、最終的には良き心が奇跡を起こしてって〆方は最低。

ゼルネアスの声は三田佳子、
ディアンシーは松本まりか。まりかちゃんの声ボケっとしてて可愛い。
この人はもうアイドルじゃなくて声優なのかな?

併映短編『ピカチュウ、これなんのカギ』のナレーターはまゆゆ。卒ない感じ。
オマケ短編として22分という長さは長い。

※ 今回、配布したのが「ディアンシー」らしいので、
 強い奴限定という訳でもないみたいだ。


【銭】
新聞屋系の招待券を貰った。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ポケモン・ザ・ムービーXY「破壊の繭とディアンシー」@ぴあ映画生活
スポンサーサイト