FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『テロ,ライブ』をHTC渋谷1で観て、おもろいやんふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★次から次へとイベントが来るので飽きない】  

ラジオ局に左遷された久米宏が
爆弾魔とのやり取りでテレビ局に返り咲こうとしながらも
真実に対する実感を改めるみたいな話。

あああああ、あの大臣むかつくとか、
主人公の妻が妙に芋っぽくってそんなに美人じゃないとか、
余計な人材が投入されればされるほど、主人公が板挟みになっていくとか、
かなり好きです。

ライバル局のアナウンサーがどこか久須美欽一(ピンク映画の名物俳優)
みたいで、久須美欽一に追い込まれるのは嫌だなと思った。
……斉藤清六とか狩野英孝に追い込まれたら嫌っしょ。そんな感じ。

私自身の話で、前職は銀行でエッチラオッチラ、プログラムのメンテしてて、
今は新聞社で販売統計サポートみたいな仕事をしているんですが、
メディアがリアルタイムじゃないから、というのがあるかもしれないけど、
マスコミ(新聞局)の危険対策って銀行屋に比べると割と杜撰。
特定不可能な第三者が時限式の爆弾仕掛けるとか、難易度低めで出来ると思う
(えーと、やらんよ、、、ってか、やれんよ)。
だから、やはりテレビに比べて二番手であるラジオスタジオに、
混乱のさなかテレビスタッフやテロ防止のための第三者が入り乱れる中、
犯人が潜んでいて、それを明らかにできない状況と言うのはとてもリアル。

どこの国でも、偉い人は「ごめんなさい」が言えないのだなあ。


【銭】
テアトル系水曜1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
テロ,ライブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
テロ,ライブ@映画好きパパの鑑賞日記
テロ,ライブ@ダイターン・クラッシュ

PS ネタ
 「あんたの耳にも爆弾が!」
 「ええっ!」
 「鼻にも口にも上着や下着の中にもだ!」
 「ええっ!」
PS2 ネタ2
 「太郎ライブ!」
 「何じゃそりゃ」
 「いや、『何じゃそりゃ』と言われても」
スポンサーサイト



『リアリティのダンス』をUPLINK Xで観て、中だるみ凄いなふじき★★

初秋のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り。

五つ星評価で【★★ちょっと期待が大きすぎた】  
冒頭から変な映像満載で、ちょっと安心したのも束の間、
話の主体が少年から、父に移ると急激につまらなくなる。

関心が及ばないようなキャラ立てをした挙句、
梯子を外すように父ちゃんの話だけになるのはどうにかならんのだろうか。


【銭】
UPLINK 水曜1100円均一使用。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』を池袋シネマ・ロサ2(B1)で観て、単なる成人映画だろふじき★★

初秋のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り。

五つ星評価で【★★R15+だが、具体的な描写がないだけで限りなく成人映画枠に近い内容】  
公開当時、マンガ原作者が知らんところで映画化されたことで騒動になった1本。
マンガも映画も基本、同ベクトルのスケベ作品なので、原作者が「これは違う」と言うほどどうのこうのは違ってないと思う。ただ、原作者が異なるメディアに触れる機会を出版社が奪ってしまったという意味でなら、それくらい原作者に先生扱いされるチャンスを与えてあげてもいいだろ、くらいには思う。

親が旅行で二人暮らしの連れ子兄妹(『みゆき』展開)、妹は幽霊に憑りつかれ、下着の代わりに霊的な貞操帯を装着させられる。この貞操帯を取り外す為には、義兄に対して一定以上の愛情行動を取らないといけない。一定以上の愛情行動をとると、貞操帯の中心にセットされているガラス容器が液状の愛情(どう考えても愛液のメタファー)で満たされ、貞操帯が消えてなくなる。妹は幽霊に体を乗っ取られ、兄とのセックスギリギリの行動に突き進む。
どう好意的に見ても、直接、性行為がないだけで成人向き内容だと思う。

主役の女の子、橋本甜歌は服を着てると可愛いんだけど、
脱ぐと寸胴でちょっと惜しいプロポーション。
あと、声が掠れてて聞きづらいので演者としてはきつい。
主役が一生懸命でも空回りする事はある。出来が可哀想な一本だった。


【銭】
映画ファンサービスデー価格で1000円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

『フランシス・ハ』をユーロスペース2で観て、困ったふじき★

初秋のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り。

五つ星評価で【★今日見たのに覚えてない】  
合わない。ミニシアターのオシャレ映画はダメだ。合わない事この上ない。
コメディーでも「オフビート」は、おらあかん。
呼吸する感覚で寝てしまえる。
すまん。

でも、フランシス・ハより確実に
フランシス・ンの方が好きだという事だけは断言できる。

【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

▼関連記事。
二回目@死屍累々映画日記