FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『さまよう刃』を角川シネマ新宿2で観て、寺尾聡とちゃうんけふじき★★

五つ星評価で【★★父ちゃんがイケメン枠なのにちょっと身構えてしまった】  
原作は未読だが、5年前の寺尾聡版は観てる。
5年の間に俺の上には1500本の映画が通り過ぎて行った訳で、そんなに機械のように詳細に覚えていられる訳もなく、もう記憶がかなりあやふやなのを最初に謝っておくとして、比較しながら語りたいと思う。と言うのは、他のレビューをチラ見したが、あまり前のを見てる人がいないのだ。私個人は前の奴の方が心情的には好きだ。だが、韓国版の方が背景を韓国にした事で、事件が起こる背景がより真に迫ったのではないかと思う。

ざっくりっす。

日本版は父ちゃんが寺尾聡。韓国版はチョン・ジェヨン。
チョン・ジェヨンって事件が起こる前から復讐をしそうな顔なので、これは寺尾聡を押したい。復讐なんてできそうに見えない寺尾聡が手を出してしまうところにドラマがあるのだ。っつか、寺尾聡とチョン・ジェヨン自身が親子でもおかしくないくらい年の差が大きく見える。日本のほうが晩婚なのかしら。

襲われる娘も日本版ではAV女優の伊東遥。ちゃんと普通に女子高生に見えるが、韓国版の少女は女子中学生っぽい。いやな話だが、より悲劇が引き立つ。襲う少年たちも同様に日本の方が3年くらい大きいイメージ。これは車を使った犯行なので、韓国ではいざ知らずあまり童顔な中学生男子みたいな俳優だと日本ではリアリティが失われるから、普通に高校生以上に見える俳優を使ったのだろう。なので、韓国版の方がより、少年法で守られてる感が強い。加害者側も見た目がかなり子供だから。それは韓国の少年犯罪が若年化して歯止めが利かなくなっている事と密接に関係している。日本より韓国の方がこの題材が成り立つ素養がある。

ライフルの所持は原作・日本版とも元々、そういう技術を持っていた人という設定なのだが、韓国版は偶然、手に入れた形になっていた。これは映画を見ていると韓国版の方が自然に見える。でも、それは映画だからそう見えるのだと思う。日本では銃を一度も手にした事もない人間がやすやすとそれを扱える事を不自然とし、その技術をもともと持っている事が題名の「さまよう刃」の意味でもある、と意図的にしたのだと思う。そして、日本版ではその刃を持つ事にひたすら寺尾聡が悩む。その結果が最後のあの行動なのだ。韓国版はその逡巡があまり明白ではないので、最後だけいきなりどうしたんだみたいに見える。復讐者の映画としては韓国版の方がはっきりしていて筋がいいのだが、ラストだけ、ちょっと主人公の人格が変わったように見える(日本版は逆にそれを成り立たせるために復讐者の映画としての快楽をかなり削ぎ落としてしまった)。あと、韓国では徴兵期間があるので、日本よりも普通に銃火器を扱えるに違いない。だから、偶然、手に入れるという設定も韓国に限ってはそれであまり違和感がなく、いいのだと思う。

ちょい前に見た韓国映画『母なる復讐』でもひどい状態だったように、韓国の少年犯罪はひどいらしい。実質、処罰されないから未成年がバンバン、レイプ魔になったりするらしい。だから、多分、この題材が日本以上に韓国に向いていたのだと思う。警察、被害者の父母、加害者の父母のショットが小気味よく入るのは、それが韓国の方がより、深刻にこの状態がステロタイプになってるからではないか。

同じ題材で作ったのに、背景になる環境が違うので別の映画になってしまった。それぞれの国で成立するリアリティーと原作へのリスペクトを探し求めたら日本の方が真面目に取り組んだ分、つまらなくなってしまった。そんな結果なんじゃないだろうか。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さまよう刃@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
さまよう刃@映画好きパパの鑑賞日記
さまよう刃@ダイターン・クラッシュ
さまよう刃@ノルウェー暮らし・イン・原宿
さまよう刃@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事
寺尾聡のさまよう刃@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



『ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.1 サン・トロンの雷鳴』を角川シネマ新宿2で観て相変わらずやなふじき★★★

五つ星評価で【★★★だが、前作を覚えてる訳ではない】  
大変、適当を自覚しつつも前作で覚えているのは
パンツ丸見えの飛行少女のイメージくらいだ。
個別に誰が誰みたいなのはまるまる失念してる。

そんな一見さん状態でありながら、これはまずまず面白い。
イベント上映で30分1200円というのは割高だとは思うが、
30分という手狭な時間の中で、情報密度を高めながら、
舞台を局地戦に限定し、無駄に話が広がるのを防いでいる。
なかなか上手い。
これでスカートがない世界という設定でパンツバンバン見せて
野郎のオタク専用専従物みたいになってるとするのなら、ちょっと勿体ない。

気に入ったのは開発者と運用者のジレンマがよく出ていた事だ。
運用者は自分の使っているシステムが変わったりする事を望まない。
熟練熟達者になればなるほどそうだ。
例えば、マニュアル車で30年以上運転してきたドライバーが
来月から国内の車両は全てオートマ車になりますからと言われたら嫌でしょ。
こと、物が兵器であるなら使用感に命がかかるから尚更だ。
だが、それでも兵器である限り、開発は避けられない。
開発を続けて、敵兵器の機能を上回る物を作る事が近代戦の特徴の一つだからだ。
この、開発者への運用者からの不信を、
自分自身の運転に対してではなく、
戦友の運転に対しての意見として出したのが上手い。


【銭】
1200円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.1 サン・トロンの雷鳴@ぴあ映画生活
▼関連記事
ストライクウィッチーズ 劇場版@死屍累々映画日記
ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.2 エーゲ海の女神@死屍累々映画日記
ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow Vol.3@死屍累々映画日記