FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版零』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、ダメだけどそんなに嫌いじゃないふじき★★★

五つ星評価で【★★★話はタコ】  
原作ゲーム未接触、原作小説未読。
大層、評判の悪い映画だが、そんなに嫌いではない。
というのは、綺麗どころの女の子がいっぱい出てるからだろう(ふじきさん単純)
話の破綻が大きかったり多すぎたり、基本、怖くなかったりなので、一般的には大層アカン出来と思って覚悟して観に行くといい。

ポスター、ビジュアルの六人の少女の出番のバランスの悪さがひどい。
最終的に、アヤ(中条あやみ)とミチ(森川葵)の物語がメインになるのだが、カスミ(山谷花純)、ワカ(萩原みのり)、リサ(小島藤子)、イツキ(美山加恋)の小エピソードに時間を割きすぎて、本来の主筋が始まるのが、かなり遅い。そして、その主筋の二人がキャラクターとしてそんなに魅力がないのだ。

森川葵の極限まで美しさを極めたチンパンジーみたいなビジュアルにはちょっとやられる。中条あやみの突っ立ってるだけで、オーラを感じるような「決め感」な美しさもいい。
ただ、この二人はキャラクターとして本当に容姿以外の何物も感じない。

元おはガールで書道ガールを経由して、ついには零に呪われるに至った小島藤子にエールを送りたい。

あ、礼拝堂で次々と倒れてく女生徒のビジュアルとかはかなり好き。


【銭】
試写状をチケット屋で500円で購入。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 零~ゼロ~@ぴあ映画生活
スポンサーサイト