FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『蜩の記』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、ジャンプ的ではないふじき★★★

五つ星評価で【★★★とても美しい映画であるとは思う】  

映画の中に展開する四季折々の風景や、清廉潔白である武士の人柄など、とても美しい映画。だが、待て。これを娯楽映画として見たらどうなのか? 単純に娯楽要素を「少年ジャンプの三要素(友情・努力・勝利)」に限定すると、友情や努力は濃密だが、勝利が希薄だ。勝ったかどうかが曖昧だ。負けてはいないが、勝ち負かしたというのは下品と言わんばかりに勝った事を吹聴しない。いや、俺は下品な人間だから、はっきり勝って勝って勝ち切ってほしかった。きっと「ジャンプ的に勝つ」事は人としての美しさから外れてしまうから、この映画の中では成立しないのだろう。

この映画の中ではキャラクターは次の二つしかない。
①お手本のように正しい事をする人
②俗物

役所広司も岡田准一も基本的には同じキャラクターにすぎない。
あっ、青木崇高だけは①と②が混じっていて特殊かもしれない。
何か、清い人の清い側面しか描いてなく、別人として描写されてない気がする。
お手本のような人間のお手本の部分だけ描かれていても、
それは「人」というより「記録」に近くないか。
欠点や、格好悪い所などを散りばめる事で、
みんな普通の人間(キャラクター)になっていくのではないか?

映画の中で唯一そう言った視点があったのは卵のエピソードくらい。
あそこは可愛い。

役所広司も岡田准一も本当によく演じていると思う。
でも、こういう「美しい心の国、日本」みたいな映画は何かきな臭さを感じてしまう。どこかが美しくある為にはどこかが身を引き裂かれるくらい苦しんでいないとリアルではないのではないか? 悪しざまに言うような映画じゃないのだけど、何かどうも残念だ。

堀北真希の手の細さと白さに百点あげたい。
過食してないような美しい手だった。


【銭】
トーホーシネマズのフリーパス使用5本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@こねたみっくす
蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 映画内で、岡田准一が軍師官兵衛になったり、
 堀北真希が銭形舞になったりしなくてもいいのだけど、
 役所広司は、どら平太みたくなってほしかったな。
スポンサーサイト



『ふしぎな岬の物語』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、不思議なバランスだふじき★★★

五つ星評価で【★★★主役が映画のトーンで最も異質】  

もう、皆さん、お分かりかと思うのだが、今、一番、難しいのは吉永小百合にピッタリな役を持つ映画を作る事だ。という訳で、今作も近い所まで掠ったのにちょっと違う映画になった気がする。前作みたいに別に小百合様にSEXしてほしいとかは全く思わないのだが、今作の喫茶店の主人公のアースカラーに丸首を付けて仙人(魔女)のように、そこにただいる役が映画の中で違和感が強い。何故? 露出すればいいのに。いや、露出度を高める事が目的でなく、明らかに全身の皮膚を見えないように着せている吉永小百合のスタイリングがおかしいのだ。あそこまで見せないようにしてるのは皮膚に何か問題でもあるのか? あるならCGで後から修正だ。ともかく、男の服でもいいから、普通の服を着せればいいのに。彼女だけ強烈に「吉永小百合しか着ないような服」を着てる。それって昭和モードっぽい。オシャレであるかどうかは別として、映画の質感を変えてしまうのは良くない。

役者ではないんだけど、この役を阿川佐和子さんが演じたら似合うと思った。

で、もう、バイプレイヤーがみんな面白いわ。
いつもと同じなんだけど、ベスト同じ演技をしてると言うか。
この変なバランスに支えられてかろうじてこの映画は生きてる。

・阿部寛のダメダメっぷりが可愛い。よう出てるな、阿部寛。この映画では妙に顔黒い。変にゴツゴツして恐竜っぽい。
・竹内結子はあのシーンで、あ、いい演技できる、と思った。『リング』のチョイ役も好きだけどね。一番好きなのはCMの天使役だ。
・笑福亭鶴瓶なんて何一つ新しい事やってないのに、実にいいのが悔しい。
・笹野高史もいつもの通りの笹野高史だ。あまりいつもの通りじゃない笹野高史を見る事は少ないのだけど。
・春風亭昇太がいい意味でどうでもいい。
・小池栄子も中々どうでもいいけど、前作の縁で出てくれてるっぽいから、いい人評価にプラスしておきたい。こういう繋がりは大事よ。
・そういう意味では同じく続投の石橋蓮司も今回は呑気な感じだった。
・米倉斉加年はいい空気だ。本当にいい空気な感じだ。これが遺作になるのかな。

つまんなくはないけど、吉永小百合感で引っかかる。
コーヒーを飲んでて、実はガムを噛んでた事に気が付いたみたいな。

なので、吉永小百合が「吉永小百合」である事を知らない外国で評価が高いのは当然かもしれない。日本でも吉永小百合をあまり「吉永小百合」と意識しない人なら、私以上に楽しめるのではないだろうか。


【銭】
トーホーシネマズのフリーパス使用4本目(画面広い奴で100円取られたわ)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ふしぎな岬の物語@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ふしぎな岬の物語@Akira's VOICE
ふしぎな岬の物語@こねたみっくす
ふしぎな岬の物語@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS ちなみに、岬太郎は出てません。