FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マダム・マロリーと魔法のスパイス』をシネ・リーブル池袋2で観て、まあバカだから夢想するんだがやふじき★★★

五つ星評価で【★★★つまんなくはないが、フランスの片田舎のパートの面白さが突出している。残りはそこそこ】
  
仲の悪いお隣さん同士が、料理の力や、それぞれの努力や人の結びつきで、徐々に仲良くなっていくパートが一番面白い。その後は多少なりとも大目に時間を割いているが後日談にすぎないと思う。

フランス一つ星レストランのオーナーマダム・マロリーにヘレン・ミレン。
『RED』の銃火器振り回す婆様で、その人を殺しかねない眼力は今作でも健在。
対するのはインドから放浪してきたインド人家族。
やっぱり凄腕の引退した女殺し屋と魔術を使うインド人家族が武力と魔力で戦う話の方が断然面白そうだと思ってしまう。うん、だって、魔術で呼び出した百頭の象の群れを高性能大火力ライフルで冷静に撃ちぬいて始末していくマダム・マロリーとか面白そうでしょ。そこに対峙するインド魔術父が舞踏の魔力でマロリーの身体の支配権を握る、とか。

主役のインド人の若者が映画の後半にイケメン扱いされるにつれ、
山田孝之にどんどん近づいていくのもちょっと面白いぞ。
手にケガしながらみるみる治って『MONSTERZ』で、
藤原君が殺しに来るけどマロリーに阻まれるってスピンオフも見たいぞ。

後、そのインド若者が惚れるフランスの女副シェフがかーいー。
あんな可愛くて、料理の腕が良くって、身持ちがそこそこ堅くないって、いねーよ。
日本人でも似てる顔だれかいそうと思って稲森いずみに辿り着いたけど、ちょっと違うか?

インド父。日本人たったら絶対背中にもんもん背負ってる。
伊東四朗と渡辺哲を足して2で割ったような強烈なビジュアル。
あの親父さんが夢にアップで出てきたら泣くね。


【銭】
テアトル会員曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マダム・マロリーと魔法のスパイス@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マダム・マロリーと魔法のスパイス@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
マダム・マロリーと魔法のスパイス@MOVIE BOYS
マダム・マロリーと魔法のスパイス@beatitude
マダム・マロリーと魔法のスパイス@映画の話でコーヒーブレイク

PS 若者ハッサンの代わりにすきや橋次郎の小野二郎を
 分子料理店に入店させたい。
PS2 ♪ となりのインド人、なにしてるーのー

『クローバー』をトーホーシネマズ六本木6で観て、キュンに悶々ふじき★★★

五つ星評価で【★★★でもこれおもろいゆうんが恥ずかしいやないけわれ】
  
アヒル唇の武井咲はこれからずっとこういう「バカ」な娘を演じ続けるのだろうか? 基本、彼女だけ見ると同古沢健監督の『今日、恋を始めます』と変わらん気がする。監督はこういうのに盤石の安定感。ちょっと背伸びした月曜ドラマランドみたいなのが恥ずかしくもあり、可愛らしくもあり。これだって映画だし、黒澤明だって映画だし、『キス我慢選手権』だって映画だって言うのは本当にもう映画って凄いな。

って事で恋愛に浮かれながら、仕事でフラフラする武井咲に社畜経験25年の過去を持つ自分はちょっとムカ。あんたらのオフィスラブの為に会社がある訳やないんやで。と言いながら、あの職場は大変リアリティーがない職場なので、シンデレラのお城同様と考えれば単に背景でしかない。従業員が自社内の顧客用ラウンジ・スペースで延々と雑談するようなホテルなんて個人的にはすぐ潰れちゃいそうだと思う。そこそこ高給取り臭いのに、働いてる感が低い。じゃなきゃ恋愛寄りのドラマにはならんか。

武井咲のお相手になる大倉忠義の事を俺はホモじゃないけどちゃんと褒めてあげたい。
外見クールでドライ、内面の弱さを必死で隠している、男好きのする役をなかなかどうしてちゃんと演じている。

この二つの個性のぶつかり合いがほんに少女マンガのよう。まあ、少女マンガなんだな、元々。元々の少女マンガのテイストが残ったかどうかについては知らないが。

NHKの朝ドラ以降、嫌われ役全開の夏菜もよい。
好き勝手振る舞ってるようで、彼女自身の理屈もあり、案外、目に見えてダメな弱点がある娘ってチャーミングだ。役名の「筒井栞」って、筒をしおらせるのか。凄い名前だ。

武井咲の幼馴染役の永山絢斗は割といるだけのどうでもいい損な役。逆にこういうのって存在感だけで特に演技力がいらない美形歌手とかを充てればいいのに。

フルーツポンチの村上とドランクドラゴンの鈴木がチョイ役だけど、とても地とか素を分かりつつ色物を色物として違和感タップリに使いきったキャスティングは中々良かった。


【銭】
トーホーシネマズのメンバー割引キャンペーンで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クローバー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
クローバー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

マクドナルド「とんかつマックバーガー」

基本的にマック否定派なのだが、これはそこそこ美味しい。
やはり「胡麻」味のソースが上手い。
マクドナルドにおいては、ソースが肉の味を隠蔽する。
本当、マクドナルドさんは肉の味を表に出すのが嫌いだ。
そんでもって、「胡麻」味が好きなんだから、たまらない。

胡麻のソースだけ塗っておけば、
肉の代わりにハッシュドポテトが入っててもそんなに気づかんかもしれん。

あ、質の悪いキャベツがまとまりなく、
バンズの外に散らばるのは顧客の利便性を考慮した
商品としての開発力が低いかもしれん。
基本、客商売なのに、客の事を考えないのが
マックのダメな所というのが、この商品からもだだ漏れしてくる。

『グランド・ブダペスト・ホテル』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』をギンレイホールで観て、自分的には消化試合的な二本だふじき★★★,★★★

◆『グランド・ブダペスト・ホテル』
五つ星評価で【★★★つまんないとは思わないが心を掴まれる感が物凄くない】

箱庭の中でお人形がトコトコ走ってるみたいな感じの可愛い映画。
何事につけてもオママゴトみたいな感じで、
それは私自身にとっては良くも悪くもない。
多分、同監督の『ファンタスティック・Mr.FOX』みたいに
パペット・キャラで語られても違和感はないだろう。

学芸会チックな演技(特にリアルな演技演出はされてないでしょ)の中、
野郎はともかく、トットコトットコ走る感じのアガサの走りが可愛い。
顔に痣が付いてるのも個人的にはそういうのが好きなのでちょっとグッとくる。

グランド・ブダペスト・ホテ
で一本これをなぞった映画作ったら好きになるかもしれん。

PS この映画の中での真面目な構造の部分については、
 下記リンク先にあるクマネズミさんの「映画的・絵画的・音楽的」への
 コメントに書いてしまった適当な俺。


◆『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
五つ星評価で【★★★みんな貧乏が悪いんや】

主人公のルーウィンは後に有名になる人らしいが、映画内では明日のたれ死んでもおかしくない体の貧乏人の歌手としてだけ描かれている。歌手本人に忠実かどうかは分からないが、そこはきっと遺族を除いて大事な問題ではないだろう。

人類史の中でお金がオギャーと生まれて以来、
貧乏が恐怖の対象でなかった時代はない。
みんな貧乏が悪いんや。そういう映画。

貧乏を描く時、舞台は必ず寒い。
やっぱり南国はほっといても死なないし、
何かしら食べる物が自生してたりするしなあ。
いくら食うものがないからと言って、猫を食う訳にもいかないし。
『ひかりごけ』状態になるまで、ルーウィンが追い詰められたら、
私でさえ知ってるような壮絶な楽曲が作られたかもしれないけど、
別にそういう映画ではないから、これはこれでよし。
ただ、私の琴線にはそんなに触れなかった(金銭たけにってダジャレか!)。

PS 下記にもリンクのあるナドレックさんの
 「映画のブログ」の記事を読んで目から鱗。
 いやあ、こんなに奥の深い映画だったのか。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
グランド・ブダペスト・ホテル@ぴあ映画生活
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
グランド・ブダペスト・ホテル@映画的・絵画的・音楽的
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌@映画のブログ

マンガ『セブンきゅ~ぶ 第一、二巻』上月まんまる、原作 谷崎あきら、少年チャンピオンコミックス タップ!を読書する男ふじき

ウルトラセブン+女子高生。

ビックリする企画力。というか、何でもありかよ。
女子高生のキャラ立てが脳内女子高生なのが五月蠅い感じだが、
これをもっとリアルに女性マンガ家がリアル生態でマンガにしたりすると
「マンガ本来の適当バカ力」みたいなのが薄れてしまうのだろう。

凄い暴論を吐くと高橋留美子がマンガ描いたら10倍面白いかもしれない。
女性でありながら、少年マンガの土俵でずっと戦ってて、
女性キャラの崩し方も、壊れないギリギリまでの見極めも出来る冷静な観察眼。
いや、違うか。あの人はそんなにキャラその物は崩さない人か。
でも、バリエーションを上手く作るんだよなあ。

結局、今のこのマンガで、この脳内女子高生が脳内女子高生すぎるところが、昔ながらのオタクの自分には恥ずかしいのた。いくら、サブカルが自由になって、オタク女子が増えても、こんな男子が望むようなバカ女ばかりではないだろ。というか、きっとあれは男子を可愛い女子の姿に置き換えてるだけなのだ。そら、恥ずかしいわ。

『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』をユーロスペース2で観て、不明点に悶々ふじき★★

五つ星評価で【★★不明点に悶々しながらいろいろ連想した】
  
震災の被災地にある「朝日座」という映画館の記憶を記録する映画。

監督の藤井光がチラシに「非日常であろうと日常を生きる人々を描かねばならない」と文章を書いていて、これが映画のテーマにもなっている。ちなみに、映画を見た限りでは、場所は震災の被災地(非日常な土地)であるが、「朝日座」その物は震災によって破壊されたり、営業停止に追い込まれた訳ではない。それよりかなり前に閉館している。なので「朝日座」その物が活動している状態が「日常」という訳ではない。非日常な土地にいながらも、ごくごく普通に昔の出来事を物語る事象その物が「日常」だと言っているのだ。抽象的で分かりづらいなあ。

津波の被害に遭いながら、再起を果たした石巻日活パールシネマの方がドラマとしては分かりやすいのだが、成人映画館だから記憶の物語として語るには夾雑物的な感想が入って問題があるから取り上げづらいだろうか。まあ、それは単に取り上げた土地にその映画館=「朝日座」があったというだけだろう。又、今回の「朝日座」の記憶に関しては90年という長いスパンで語ろうというのだから、そこが大事だったという事かもしれない。それにしては、補足として、上映ラインナップのような物が話の一部としてしか出てこないのは気になった。映画館好きとしては、映画館は劇場その物の風合・空気は勿論だが、そこでどんな何がかかっていたかというのはメチャクチャ大事な事だからだ。同じ劇場を使っていても「ユーロスペース」と「シアターN」、又は、「新宿地球座」と「歌舞伎町松竹」が同じ映画館として語られる事がほぼないように、それはとても大事な事だ(少なくとも一部の物好きにとっては)。なのに、それを包括するような語り方はされなかった、又は、省略してしまったという事は、もしかしたら、この監督は劇場で映画を見る事をそんなにしない人なのか? いや、そういう視点は些末だからあえて無視したのか?

映画を見てて大きく気になった点が二箇所あった。
一つは、映画の中で今、まさに上映されている映画の一部の感想が語られる事だ。つまり、完成前の作品が朝日座で上映され、その感想を話している部分が完成品には収められている。ただ、何の説明もなく、いきなりそんな感想を聞かされても、当の映画の事とは思えない。私は監督の前作を上映して、その感想が撮られているのかと思っていた(上映後のトークショーで語られて、初めて気が付いた)。そういうトリッキーなやり方が何を表しているか私自身には理解できないのだが、それは、この映画自身の事を語っているのだと分かるように作るべきだろうと思う。
もう一点は、映画の冒頭から適宜バスのシーンが出てくる。バスツアーらしく、目的地は朝日座らしいのだが、どこから来たかが明確に分からない。これも上映後のトークショーで分かったが、東京(非被災地)から出発しているのだそうである。そういう構図にする事で、映画に別の視点を与えたのだという。それは説明されればニュアンスとして分かるが、映画を見ただけでは分からない。分かれバカと言われるかもしれないが、分からない。バスを長距離移動に使う輸送機関とはそんなに考えない物だ。皮肉にもそれも又、日常だったりする。そうでない非日常を行使したなら、ちゃんと映画内で説明すればいいのに。「震災とは全く無関係の東京から、被災地に昔あった映画館に観客を輸送する。そこでどのような感想が得られるかを確認したいからだ」と。いや、劇場に入る観客は東京からだったが、感想は地元の人が大半ではなかったか? うーん、何がしたかったんだろう。私の認識能力が劣っているだけなのだろうか。基本、映画を作っている人は自分たちがその中に入り込んでいるから、現場で知っている知識は観客も知っていると思いがちになる、そう思う。でも、そうではない。そこは注意して作品を作ってもらいたい。

こういう記憶の記録が残るのは映像素材を残すプロジェクトとしては良いと思う。
ただ、それを見て「私」が感銘を受けるかどうかは別の話だ。そこで引っかかってしまったのは残念だと思う。そして私のようじゃない人が多ければ、このプロジェクトで作った映像素材が新たな展開を見せるかもしれない。例えば、別の記憶も記録化して残そう、とか。そういう展開を見せる事が理想だと思う。そういう展開を見せない記録は埋もれる。

ドキュメンタリー映画を好意的に掛ける映画館として、ポレポレ東中野という劇場がある。その前身BOX東中野時代に上映された阪神大震災に関するドキュメンタリーを見つけようとした経験がある。見つからん。膨大な情報の渦に阻まれる。時間が経てば経つほど検索システムが情報としての価値を認めなくなるというシステム特性もある。人が死んだ後、その人の記憶をみんな失った時、もう一度その人は死を迎えると言ったドラマがあったが、人に限らず、情報は全てそうだ。だから、記録として劣化しないよう、映画制作段階からあがけるだけあがいてほしいと思う。

脱線したか?


【銭】
ユーロスペース会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ASAHIZA 人間はどこへ行く@ぴあ映画生活

『デビルズ・ノット』をトーホーシネマズシャンテ2(2F)で観て、「ノット」って何よふじき★★

五つ星評価で【★★きっちり検証したいならドラマにせんでもええ】
  
物語としてつまらないのが致命的。
と言うか「全米の歴史に残る未解決事件」にもともと期待してはいかんのだな。「未解決」だからスカっとするのは難しい。はっきりと作り方を間違えていて、真相の検証を行いたいのなら、再現ドラマを含んだ告発系のドキュメンタリーにした方が見応えあったに違いない。今、捕まってる人間が仮に無罪だとしたら、罪を犯したのは誰なのか。映画では二つの可能性を示しているが、どちらにも肩入れはしない。何か、非難を恐れているかのようだ。一応、犯人を特定してる訳じゃないから、訴えたりしないでね、みたいに見える。それって覚悟がない。ヘタレだよなあ。

デハーンが「俺が一番傷ついちゃったんだぜ」という役柄じゃないのは意外。というか、そういう役じゃないデハーンは何か忘れ物でもしてるみたいに精彩が薄らボケてる感じ。

「ノット」ってどういう意味よ!


【銭】
毎月14日はトーホーシネマズのメンバーズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
デビルズ・ノット@ぴあ映画生活

マンガ『お前はまだグンマを知らない 第一巻』井田ヒロト、バンチコミックスを読書する男ふじき

ブックオフで大量に108円(煩悩かよ!)で売っていた。
買ってすぐ手放す事にあまり躊躇しない一冊ということか。
刹那的だな。
その場しのぎの娯楽が得られればいいという人間御用達。
これをブックオフに叩き売った人を追跡調査して、
麻薬、覚せい剤、危険ドラッグを言葉巧みに売りつけたら
一財産築けるかもしれない。
自分も叩き売ろうという口だから、毟られるのは俺の方か。

はなわの佐賀県の歌の群馬マンガver。
こういう鉱脈は探せばまだありそうだ。
グンマとトチギの争いに発展しそうなところで終わるのはいい引きだ。

下仁田ネギのセクハラは群馬県人じゃない自分もやりたい。
野菜セクハラって需要があると思う。
下手すれば野菜セクハラ専門の風俗があってもペイするかもしれない。
ああ、行きたくなってきた。野菜セクハラ専門の風俗。

マンガ『月光条例 第二十九巻』藤田和日郎、少年サンデーコミックスを読書する男ふじき

いよいよ最終巻。

なんか理屈は間違ってないのかもしれないけど、はぐらかされた気がするなあ。
リズムがいいから一回手に取ると熟読しちゃうんだけど。
はっちゃんが途中退場して、ラストのオマケエピソードでだけ
細々戻ってくる展開は何かよう分からん。

『ファイアー・レスキュー』をシネマート六本木1(B2F)で観て、消防士物なのに残念ふじき★★

五つ星評価で【★★大変感が伝わってこない】
  
個人的に消防士物(火災救助関係)は好き。
それは主人公たちが劣悪な環境にいながらも、
人を救うという使命の為に自分を切り刻みながらも前進する
何よりも誰よりも強い男たちだからだろう。

なので、期待が大きかったというのはあるのだけど、
観終わって「あれ、あれれ」という感じで残念だった。

中心6人くらいの群像劇(過去の因縁3人、新人2人、軍曹役1人)なのだが、多くのシーンでヘルメットを被っているので外見的なメリハリが乏しく、ぱっと見誰が誰だか分かりにくい。
こういう場合、チーム活躍の中でそれぞれの我を通させる事によってキャラクターのメリハリを付けるのが王道だと思うが、火災現場が複数に分かれてチームが分断、それぞれの場所で精いっぱいの消火活動を行う事によって個性も何もなくなってしまった。
又、その複数に分かれた火災現場の因果関係がはっきりせず、それぞれが影響を与えあう現場にした為、各現場でのミッション(クリアする目標)が分からず、隊員があてもなく現場をウロウロしてるようにしか見えなくなってしまった。

火事で色々な物が破壊されたが、よく分からないうちに、死ぬ人は死んで、生き残った人は生き残った。ただ、それだけの話になってしまった。残念だけど、ダメだろ、それじゃ。


【銭】
シネマート六本木、木曜メンバーズデー割引で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ファイアー・レスキュー@ぴあ映画生活
前のページ 次のページ