FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『グランド・ブダペスト・ホテル』『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』をギンレイホールで観て、自分的には消化試合的な二本だふじき★★★,★★★

◆『グランド・ブダペスト・ホテル』
五つ星評価で【★★★つまんないとは思わないが心を掴まれる感が物凄くない】

箱庭の中でお人形がトコトコ走ってるみたいな感じの可愛い映画。
何事につけてもオママゴトみたいな感じで、
それは私自身にとっては良くも悪くもない。
多分、同監督の『ファンタスティック・Mr.FOX』みたいに
パペット・キャラで語られても違和感はないだろう。

学芸会チックな演技(特にリアルな演技演出はされてないでしょ)の中、
野郎はともかく、トットコトットコ走る感じのアガサの走りが可愛い。
顔に痣が付いてるのも個人的にはそういうのが好きなのでちょっとグッとくる。

グランド・ブダペスト・ホテ
で一本これをなぞった映画作ったら好きになるかもしれん。

PS この映画の中での真面目な構造の部分については、
 下記リンク先にあるクマネズミさんの「映画的・絵画的・音楽的」への
 コメントに書いてしまった適当な俺。


◆『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
五つ星評価で【★★★みんな貧乏が悪いんや】

主人公のルーウィンは後に有名になる人らしいが、映画内では明日のたれ死んでもおかしくない体の貧乏人の歌手としてだけ描かれている。歌手本人に忠実かどうかは分からないが、そこはきっと遺族を除いて大事な問題ではないだろう。

人類史の中でお金がオギャーと生まれて以来、
貧乏が恐怖の対象でなかった時代はない。
みんな貧乏が悪いんや。そういう映画。

貧乏を描く時、舞台は必ず寒い。
やっぱり南国はほっといても死なないし、
何かしら食べる物が自生してたりするしなあ。
いくら食うものがないからと言って、猫を食う訳にもいかないし。
『ひかりごけ』状態になるまで、ルーウィンが追い詰められたら、
私でさえ知ってるような壮絶な楽曲が作られたかもしれないけど、
別にそういう映画ではないから、これはこれでよし。
ただ、私の琴線にはそんなに触れなかった(金銭たけにってダジャレか!)。

PS 下記にもリンクのあるナドレックさんの
 「映画のブログ」の記事を読んで目から鱗。
 いやあ、こんなに奥の深い映画だったのか。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
グランド・ブダペスト・ホテル@ぴあ映画生活
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
グランド・ブダペスト・ホテル@映画的・絵画的・音楽的
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌@映画のブログ
スポンサーサイト