FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版進撃の巨人前篇紅蓮の弓矢』を新宿バルト9-3で観て、一見さんには素敵でうふふふふふなのよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★この嘘に酩酊する】
  
マンガは7巻まで読んでいる。
TV放映アニメは未見。というイビツな状態での鑑賞。

なので概要のストーリーは知ってるが、動く絵としての「進撃」は予告編を除いて「初」となる。予告編を見て予想していたが、音響も含めて、これはイカしている。開始早々、アニメなのに「タッチ」がある事が心地よい。原作マンガの最大の弱点である「絵」について、原作風味を残しながら綺麗にリライトして補完している。キャラクターに色が付いたってのもあるが、デザイン的にも原作より分かりやすくキャラが書き分けられている。そして、巨人の醜悪で妙に子供の落書きのように等身が崩れたデザイン、スピード感ある空中戦の視覚化。これはもう本当にプロの仕事だ。

基本、これらはTVアニメの段階で備わっていたものであろうから、TVアニメから見ていたファンにはプラスアルファが感じられず、ひょっとすると評判悪いかもしれない。幸か不幸か一見さんなので、私の満足度はかなり高かった。ただ、見せ場が連続すぎるため、山場が平坦になっていたりするかもしれない。

マンガの世界とは言え、キャラクターが思いっきり笑ったり、怒ったり、泣いたりする様は気持ちいい。逆にそういう突き抜けた表現が昔と比べるとリアルな人間にないから、やられてしまうのかもしれない。……「笑ったり」はあまりないか。それにしても本当に「地獄」というのは描こうと思えば、割とた易く表現できたりするのだなあ。


【銭】
バルト9のシネマチネーで渋々1400円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 進撃の巨人 前編~紅蓮の弓矢~@ぴあ映画生活
▼関連記事。
後編@死屍累々映画日記
スポンサーサイト