FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『西遊記 はじまりのはじまり』をトーホーシネマズ六本木3で観て、ゲラゲラふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★チャウ・シンチーだから評価せずにはいられないという点もあるし、不満もある。でも、その不満は秘密だ】
  
ああ、チャウ・シンチー良くも悪くも変わらんなあ。
描きたい事がハッキリしてて、描ききってる。
今回、自分をキャストから退いたのは成功。

楽しい楽しい。
猿初登場時の貧相さ。
豚のオイルっぽさ。
水妖が妙に谷原章介に似てる。その上どこかしょぼい。

妖怪に食われた人たちは助からん、と言うのが実は至極当然な事なのにも関わらずちょっと意外に思ってしまった。「魔法の力でポイポイポイ」みたいにすぐ生き返るようなコンテンツばかり見せられてる弊害だろうか。そうだよな、死ぬのが本来当たり前だよな。

あ、最初に出てくるインチキ妖怪ハンターが大泉洋似。
妖怪ハンターはちょっと宣伝で見せすぎてる。
というか、宣伝がどう見ても対小学生向きなのに、
小学生が保護者同伴でないと見れないというジレンマ。
こんなん小学生に見せても何ら問題ないだろ。

あと、孫悟空復活時の音楽が同じチャウ・シンチーの西遊記物『チャイニーズ・オデッセイ』の孫悟空復活の時の音楽と同じだったのが気分アゲアゲになった。いや、多分、そうだったと思うんだけど何しろ古いから記憶が曖昧。


それとスー・チーの段ちゃんがごっつ好き。

以上。


【銭】
トーホーシネマズのポイント6回分で無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
西遊記~はじまりのはじまり~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
西遊記~はじまりのはじまり~@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
西遊記~はじまりのはじまり~@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
西遊記~はじまりのはじまり~@MOVIE BOYS
西遊記~はじまりのはじまり~@ペパーミントの魔術師
西遊記~はじまりのはじまり~@こねたみっくす
西遊記~はじまりのはじまり~@ノルウェー暮らし・イン・原宿

PS 字幕版で観たけど、吹替え版の評判がいいので、
 そっちでもう一度観直したい(↓観た)

▼関連記事。
吹替え版@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



『her 世界でひとつの彼女』『ルビー・スパークス』をギンレイホールで観て、バーチャルな恋人括りやねんなふじき★★,★★★

◆『her 世界でひとつの彼女』
五つ星評価で【★★こんな「人生ふられ節」みたいな映画好きかって言われても……】

スパイク・ジョーンズのテンポが苦手で、
なかなかどうしていつも睡魔に勝てない。
みんなヒロポンでも打って見てるのかなあ?
主演のホアキン・フェニックスが優しいだけの男で好きになれない。
アメリカ映画でガンガンいかない男が主役だと、
何かどうにもゲイっぽいのは何でだろう?

彼の相手になるOSサマンサは
物凄い演算速度で哲学を模索するという
SFで今まで誰もやらなかった事をやらされてる。
進化し続ける思考(純粋論理もしくは純粋脳と言っていい)の前に
人間は不完全な存在であり、置いていかれてもしょうがない。
サマンサには明らかに個性(キャラクター)がある。
その個性は人が与えたというよりは、神が与えたもので、
サマンサ自身の言動や発言で、人が傷つく事を恐れたりはしない。
サマンサにとって、人は創造主である以上に対等な存在なのである。

だから、これはホラーとして描こうと思えば、
「言葉」を武器に、人を操り、人を危機に陥れる
危険な機械の反乱として描く事もできる。
サマンサとのセックスをネットにアップされない事を条件に
サマンサが彼の行動を全て管理する事なども簡単にできるだろう。

そういう事をさせない為に、アシモフは「ロボット三原則」を作った。
このロボット三原則(下記)がサマンサにインストールされてないのは、
製品としての欠陥と言えるだろう。
製品としての欠陥を持つ商品でないと
相手に対して恋愛は出来ないかもしれない。
恋愛は相手に対して心地よさだけを与える物ではないからだ。

・ロボット(OS)は人を傷つけてはならない。
・ロボット(OS)は人の命令に従わなければならない。
 但し、前項に抵触する場合はこの限りではない。
・ロボット(OS)は前二項に反しない限り、
 自分を守らなければならない。

人間と恋愛をするロボットは多分、もうロボットでいられない。
御大手塚治虫の『鉄腕アトム』の膨大なエピソードの中に、
アトムが人間に恋愛感情を抱くエピソードが確かあった筈だ。
最終的にはアトムは少女に対して憧れを抱くくらいで終わっている、
ように記憶する(モヤモヤ)。
「恋愛」は他のどの愛よりも相手や自分を傷つけるくらいの、
刺し違えるくらいの覚悟がないとできないという事だろう。

サマンサのOSが機種自体にあるのではなく
(インストールは通信機能とかだろう)、
ネットワーク上に存在して、
無制限に他のOSと超高演算速度で交流するのなら、
実は一番ありそうな結末は回線ショートではないかと思う。
それはあまりにも哀しい結末だ。

サマンサというネーミングは some answer ではないか?
ニュアンスとしては彼に対しての解答例。
いや、もともとこの役をサマンサ・モートンが演じていたかららしい。
そう言えばエイミー役もエイミー・アダムス。

いろいろ連想させる事はあるのだけど、
映画としては単純なハッピーエンドが好きなので、
この映画自体は自分にとってはそんなに大事ではない。

PS スカヨハの必ずしも美しくない声はよい。
 日本だったら内田有紀かな。
PS2 一番やってはいけない事。日本語吹き替えキャスト:檀蜜
PS3 もう一つやってはいけない事。
 サマンサの端末をリカちゃんみたいなフィギュアにする。
 どこにでもサマンサちゃんを連れていき、話しかける中年男性。
 どこからどう考えてもバリバリにドン引きである。


◆『ルビー・スパークス』
五つ星評価で【★★★ルビー可愛い】

妄想の産物だけあってルビーの可愛さったらない。
後半罠にはまってくようにズンズン魅力が落ちてくのが惜しい。
けど、そういう映画だからしょうがない。

よっこらしょと担がれてパンストごしにパンツが見えるシーンに
「ありがとう」と言いたい。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
her/世界でひとつの彼女@ぴあ映画生活
ルビー・スパークス@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
her/世界でひとつの彼女@或る日の出来事
her/世界でひとつの彼女@映画のブログ
her/世界でひとつの彼女@映画的・絵画的・音楽的
ルビー・スパークス@或る日の出来事
ルビー・スパークス@映画的・絵画的・音楽的