FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『超能力研究部の3人』をシネマート新宿2で観て、こら上手い事詐欺してる映画だわふじき★★★

五つ星評価で【★★★映画通じゃない人は普通にアイドル映画として、映画通の人はモキュメンタリー構造を逆手に取ったメタ映画として、いい具合に(あくまで言い具合にであって、それ以上ではない)楽しめるんじゃないだろうか?】

話の内容が、超能力研究部の3人に触れながら、
話の主題が、超能力研究部の3人にない、この構造、
なんか覚えがある。『Wの悲劇』だ。
  
乃木坂の皆さんの顔と名前は一致しない。唯一、顔の見分けが付くのは今回の映画に出ていない「生駒ちゃん」というショートカットの子だけだ。
出てくるのは3人。

・秋元真夏=緩いアイドルの立ち位置。だから、演技しごきのシーンにリアリティーがあるのだが、OKテイクがあまり上手くなったように感じないのはおでの心が汚れているからだろうか?

・生田絵梨花=努力して芝居とか一生懸命、ピアノとかも弾ける出来る系アイドル。緩い秋元真夏に慰められて、逆切れする構造は実に自然。頭で考えて、微妙に強弱を付けたような演技は「上手い」のかもしれないが、他の乃木坂二人がナチュラルな素人演技なので、バランスが悪い。周りを見ずに一人でひた走る様は醜悪な感じさえうかがわせてしまう。それもコミで演技してるのなら、この映画の中で一番損な役割を受け持ってる事になる。そして、その損な役割は本来のキャラとおそらく一致しているのだ。メタ構造やねえ。

・橋本奈々未=自然にそこにいる三人目。この人の凄くハッキリした顔立ちは好み。傍にいると気持ちいい感じがするのははっきりしてて男っぽくサバサバして見えるからだろう。

三人一緒にいると、秋元と生田が「小さめの女の子で眼鏡」というビジュアル被りがあって、分かりづらい。オカッパ、おさげと髪型を分けてはいるものの、あまり大きな差異には見えず。

キスのパートは全部あからさまにフェイクでなんだけど、楽しくてしかたない。

女の子三人割とミニ制服なのに可愛い感じがしないなあ。どっちかっていうと足の太さが目立つって言うか、制服で可愛らしさが引き立ってない。


【銭】
新聞屋系の招待券を貰う。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
超能力研究部の3人@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『さよなら東京』をポレポレ東中野で観て、特に感慨もなしふじき★★

五つ星評価で【★★スタイリッシュ】
  
2003年のクリスマスから新年までをAV監督が記録する作品集「UNDERCOVER JAPAN」の一篇。他の二本は平野勝之と真喜屋力によるもの(上映作品はカンパニー松尾の物のみ)。

なんつーか、普通にカンパニー松尾のAV(と言いながら氏のAVを見た事がない)。抜ける所もあれば、抜けない所もある。ただ語り口が超スタイリッシュなので、「この監督はAVを撮る前に、フランスに行って修行してきた過去がある」とかいうデマを広めたら簡単に広まってしまいそう。

ガンダム夫と没交渉の若妻が好み。
他は、仕事の大変さを噛み締めるような事案が多くって
「御苦労様でした」と大声で言ってあげたい。


【銭】
ポレポレ東中野の十回券を使って1000円相当。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さよなら東京@ぴあ映画生活

『フタバから遠く離れて第二部』をポレポレ東中野で観て、継続の強さだふじき★★★

五つ星評価で【★★★継続は力なり】
  
前作『第一部』は未鑑賞。

前作は原発災害により故郷双葉町を避難しなくてはならなくなった避難民と町役場の避難生活1年間を描いたもの(らしい)。今回はその後の3年間、元の双葉町ではないが、福島に戻るまでの話。誰もがこうなりえるという設計図のような映画である。日本は天災でも人災でも災害に会った者に対する補償は少ないし、世間の目も優しくない。皆が今の自分の生活に満足してない中、他人の生活にまで優しさを回すゆとりがないのだろう。

4年経った今でも、故郷には帰れず(故郷は汚染されたまま)、
その故郷は除染ゴミの廃棄所に指定されようとしている。
憤りが届けられる先に、事件を起こした東電はいない。

町は直接的な衝撃でも破壊されるし、
そこにいる人同士を分断しても破壊が進む。
うやむやに付け込んで更なる破壊を推し進めようとさえしている者もいる。
山ほどある正しくない事を蓄積させて作られた映画がこれである。

避難民の中心は老人と中年、たまに子供はいるが、青年は全く見かけない。
野郎はともかく、美人やカワイコちゃんがいないとどうも画面に華がなくてなあ。


【銭】
ポレポレ東中野の十回券を使って1000円相当。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
フタバから遠く離れて 第二部@ぴあ映画生活