fc2ブログ

『色道四十八手たからぶね』他をユーロスペースで観て、良かったり悪かったりふじき

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

渡辺護監督作品特集

◆『色道四十八手たからぶね』
五つ星評価で【★★★愛田奈々が凄いは凄い】  

二組の夫婦(岡田智宏と愛田奈々,なかみつせいじと佐々木真由子)
岡田智宏は、なかみつせいじの甥。
愛田奈々となかみつせいじは出来ている。
その事を知った岡田智宏と佐々木真由子の復讐の方法とは……。

化け物ぶりを隠そうともせずに暴れ狂う愛田奈々に息を呑む一本。
愛田奈々が倫理的には正しくない筈であるのに、
動物的だったり「女」だったりする上で、ありうる存在であるのは
極めて『ゴーンガール』的と言っていいかもしれないと今、唐突に思い付いた。

なかみつせいじは盤石に安定。
故渡辺護監督から引き継いだ井川耕一郎の演出はとても手堅い。


◆『喪服の未亡人ほしいの…』
五つ星評価で【★★★面白かった筈だ】 

2か月前に観た映画なのに忘れかけてる。間に100本くらい観てるからだ。それでも指の間から観れなかった映画が漏れてくる。映画の上映本数が多すぎるなあ。独裁者か何かが台頭して1年に日本国内で上映できる新作映画は洋邦含めて200本までですとか、法律決めてくれたりしないかなあ。

夫の遺品整理してる妻が浮気の証拠のエロテープを見つけ、復讐の為に浮気をする、というプロットでちょっと思いだす。ちゃんと映画してたなあ。でも、ラストとかの記憶は曖昧。

渡辺護監督の遺作。


◆『(秘)湯の町 夜のひとで』
五つ星評価で【★★パートカラーって今では珍しいなあ】 

ブルーフィルム撮影もの。なんか空気が『黒薔薇昇天』と被る。
脚本が大和屋竺だから観に行ったのだが、相性が良くない事を再確認。


◆『おんな地獄唄 尺八弁天』
五つ星評価で【★★これもパートカラー】 

女渡世人・弁天の加代シリーズ第二弾で、第一弾では美人だったらしい主演女優 香取環は、監督も言っている通り第二弾では醜く肥えている。刺青が引き寄せあうみたいな因縁話も今一ピンと来ず。
脚本が大和屋竺だから観に行ったのだが、相性が良くない事を再々確認。


【銭】
ユーロスペースの会員割引でどれも1200円。

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる