fc2ブログ

『殺人ワークショップ』をUPLINK Xで観て、冒涜に酔い酔いふじき★★★★

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

五つ星評価で【★★★★白石晃士にまた震えろ】  

『ある優しき殺人者の記録』以上にテイストとしてはヤバい作品。
でも、そういうのを目を覆うようにしながら隙間から見るのが
映画マニアの醍醐味よお(本当か?)。

この映画内での殺人の価値観は次のような物だ。

人はあまりに人の尊厳を踏みにじられる行動を取られた場合、
相手を殺してしまう、事も許される。
そして、その延長として、覚悟さえあれば、
前向きにどんどん人を殺していい。
いや、人を殺さない方がおかしい。
何故、あなたは人を殺していないのか。

もう、この価値観の設定がぶち切れている。
面白くてたまらない。
そして、この自分とかけ離れている筈の価値観が、
映画を見ていると自分に侵食してくる、楽しさったらない。

『殺人ワークショップ』という作品は、
映像俳優コースの実習作品として作られているので、
巨星のように映画の中心に君臨する狂人・宇野祥平以外は
だいたい素人の役者さんで撮られている。

その素人の役者さんの日常が、明らかにこの映画によって
侵食されているだろうとしか思えない、
凄みのある映像はやっぱり必見だと思う。


【銭】
一般1600円の興行だったが、『ある優しき殺人者の記録』の半券割引で200円安い1400円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
殺人ワークショップ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『ある優しき殺人者の記録』を新宿バルト9-2で観て、期待通りにブルブルふじき★★★★

初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。

五つ星評価で【★★★★白石晃士に震えろ】  

今、出す作品、出す作品が傑作か、問題作である白石晃士を見逃す訳にはいかない。バルト9なんて劇場としては嫌いだけど、正規料金1800円を払って行ってきました、って程度には意気込み強い。意気込み強いのにずっとレビュー書けなかったのは、ついついいい映画のレビューをためちゃう悪癖からである。だから、今後、有名になるならないは別として、白石晃士の名前を見かけたら劇場に馳せ参じてほしい。凄く好きか、全然嫌いかに分かれそうだが、まあ、毒になるか薬になるかは試してもらわんと。

と言う訳で、『ある優しき殺人者の記録』も唸った。
勿論、どうなったか言及は避けるが、この映画のラストの閉じ方はそんなに好きではない。なのに、途中までの息詰まる展開で、この映画がつまらないとか、ダメだとかは口が避けても言えない。この物語に翻弄される感覚がたまらなく好きだ。

強い映画です。面白いとかつまらないとかという評価ではなく、
強い、弱いで明らかに強い映画。
それにしても、わざわざ韓国に行って
実にバチ当りな物を撮ってきやがって、白石晃士ステキすぎる。

韓国から主演二人。
ヨン・ジェウク(連続殺人犯容疑者)
キム・コッビ(容疑者の幼馴染、レポーター)
やっぱ、『息もできない』のキム・コッビの居住まいは実にいい。
いるだけで、空気がリアル、かつ、映画的になる。

日本から共演二人。
米村亮太朗と葵つかさ。
事件に巻き込まれる日本人観光客カップルだが、
この二人の狂いっぷりが半端なく良い。
特に米村亮太朗のキレっぷりは、
普通にキレた人をただ単に連れてきて
役者に仕立てたかのように見える実に見事なキレっ振りだ。

まだまだ、面白い映画はあります。
ただ、他の人が見て、本当に面白いのだろうかと躊躇する事もあるけど。


【銭】
珍しく正規料金1800円を大盤振る舞いに支払って鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ある優しき殺人者の記録@ぴあ映画生活

『ポイントブランク』をHTC渋谷3で観て、すんげ面白いのに誰も観てないんけふじき★★★★★

五つ星評価で【★★★★★『この愛のために撃て』のリメイク。正しい改変】
  
あの傑作『この愛のために撃て』のリメイクだなんて
韓国映画も思いきった事をやるわい、と思ってたら、
自分たちの物にすべく、直すところを直して、
更に面白い映画になってて大笑い。

主役は冴えないおっちゃんからイケメン韓国人に変更。
ここはちょっと気に食わないが、気に食わないのはここだけだから許そう。

いろいろ改変加わってるけど悉く成功してる。
罠にはめられて殺されそうになる男と弟の関係は濃密になり、
その弟が浚った医師の妻はセラピー療法を扱える精神科医になった。
地下鉄での追跡はカーチェイスに変わり、警察での山場には
とても気持ちがいいカットが追加された。

あの『この愛のために撃て』を改変改良しようがあるなんて。
映画にはまだまだ可能性が残されている。

あと、ラスボスを演じるユ・ジュンサンの気色悪さ、危ない度が出色です。
あんなんが同じ部屋の中にいたら泣いてしまうかもしれない。
岸田森を一日くらい水につけてふやかしたみたいな感じです。

それにしても面白かったアクション映画は抜けるのが早い。
補充の為、また、観たい。
いや、『この愛のために撃て』も観直したくなった。


【銭】
テアトルのメンバー曜日割引で金曜1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ポイントブランク~標的にされた男~@ぴあ映画生活

PS 配給屋さんとか宣伝屋さんには反省してもらいたい。
 こんな面白い映画埋もれさせちゃって。
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる