FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マエストロ!』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、ええねんけんどええねんだけやなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★ラストの秘密にそんなに惹かれないのでポカーンとしちゃうんだろうなあ】

・口の悪い下品なおっちゃんをやらしたら西やんは絶品。
・濱田マリがあまり出番の多くなかったという意味で残念。
 出てくるところではバリ、いいインパクト出すのに。
 この濱田マリと西田敏行が二人でガップリ四つに組んだ映画作ったら
 ムチャクチャ面白い映画ができるんじゃないかなあ。
・フルートやってたmiwaには
 役者としての将来性を全く感じないんだけど(失礼)、
 この映画の中では可愛いと思う。
 家に一匹欲しい。
・松坂君は普通に適役。
 顔のパーツなのか、堤真一にちょっと似てると思いだした。
・凄くいい脇役を揃えているので、微動だにしない安定感。
 ナレーターが入れる音楽薀蓄も楽しい。
 何だかとっても気持ちのいいあんまをずっとやってもらって、
 メリハリなく終わったような感じの映画だった。
・出ても良さそうなのに徳井優が出てなかったなあ。


【銭】
映画フアン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マエストロ!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マエストロ!@だらだら無気力ブログ
マエストロ!@MOVIE BOYS
マエストロ!@こねたみっくす

PS ボケた西やんが「マイストロー、マイストローはどこや」と
 ストローを探し続ける映画ではない。
スポンサーサイト



『ジョーカー・ゲーム』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、昔のスパイすぎふじき★★★

五つ星評価で【★★★伊勢谷友介と深田恭子が好き好き。亀ちゃんはまあまあ】

亀梨和也はまあまあだと思う。
アクションも英語も主役として映画を牽引していた。
でも、こういうスーパー・スパイその物が昔の映画の登場人物であって、
今、見るとリアリティが薄い。
スーパーすぎる。
前置きもなく、いきなり凄い記憶能力を見せつけられ、
文武両道だわ、何でも出来るわ、そして顔はすっとしていて、
忍び込む時にはスーツ……宝塚か?
能力があるのは許すとして、忍び込むのに、
コントラストが目立つ白のスーツや黒のスーツ、
はっきり挙動不審が分かる黒の手袋とかは素人から見てもいかんだろ。
バカか、バカなのか? その上、女に弱いって、けっこうダメじゃん。

残念なことにこういう不整合がこの映画には多い。

・亀梨君は軍人あがりで始終ポーカー・フェイスだが、
 外国人と渡り合うフランクな日本人なら、もっと表情豊かな方がいい。
 仏頂面のアジア人をアメリカの大使が信用したりしないでしょ。
 まあ、あのアメリカの大使その物が貿易会社の社長程度にしか見えなかったが。
・逆に渋川清彦、山本浩司の民間スパイ組は表情が過度に豊かすぎる。
 表情作成が不必要な時はガラっとクールに表情落とすくらいのメリハリが欲しい。
・敵になるイギリス人も、いきなり光るランニング親父とか目立ちすぎだろ。
 誰からも記憶されちゃうような容貌風貌の主をスパイに使ってはいかん。
 しかも、変な服で悪目立ちってイギリスもバカの国か?
・イギリス側の「殺せ殺せ」路線も、日本の「殺すな」路線と
 あまりに考え方が違いすぎるので違和感が残る。
 殺そうが、殺すまいが、町中であんな大騒ぎを繰り返して、何が諜報戦だ。
・ノートの探し方が偶然に頼りすぎ。
・逃亡の際の早変わりが何の役にも立っていない。
・亀梨君はこの映画内でどう見ても童貞だと思うのだけど、
 童貞のイケメン・スパイって………

役者としてはイセヤと深キョン。
・伊勢谷友介の印象がいい意味で強い。ステッキの使い方とか堂に入ってる。
・深キョンはいい悪い以前に好きだ。
 メイド服にドキドキ。小僧姿にドキドキ。ライダースーツにドキドキ。
 チャイナドレスだけは何か良くない。身体が深キョンを裏切り出してる気がする。
 深キョンのちょっとした表情とかが妙に好き。
 
話の展開が早く、危機回避がクルクルやって来るのでドラマとしては退屈しない。


【銭】
映画フアン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジョーカー・ゲーム@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ジョーカー・ゲーム@MOVIE BOYS
ジョーカー・ゲーム@ペパーミントの魔術師
ジョーカー・ゲーム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 亀梨君の顔、パンスト相撲っぽい(おいおい)。
PS2 正確にはパンスト相撲にマニキュアとかで顔をいたずら書きしたっぽい。
PS3 嘉藤二郎って「KAT-TUN」をもじってるのか?
 とりあえず「二郎」の方は「飛びます飛びます」なシーンがあって納得した。
PS4 加藤保憲(帝都物語)と加藤の直接対決もやってほしかった。
PS5 深キョンの服が扑り強いのは、あれが服に見えるように描いた
 精巧なボディー・ペインティングだからだ!
 ハアハア
PS6 しかし、深キョンはどんな役をやっても汚く見えない。
 オットリ感が残る。
 それが役者としての強みであり、弱みであるのかもしれない。
PS7 オットリ感が残るイセヤとかも見てみたい気がする。案外いい気がする。
PS8 主役の亀梨君の事を避けるように語っていない(笑)。
PS9 ブログ眺めてるとビックリするくらいコテンパンな評価なんてすが、
 私は割と楽しめまてしまいました。
 ただ、リアリティーとか求めると0%な映画かもしれない。
 例えば、この映画のラストシーン、空にドラゴンとか飛んでても
 きっとそんなに違和感はないと思う………って、そりゃアニメ感覚だな。
PS10 toHeartさんの所はまだ記事をアップしてないから
 後からTBしにいきます。絶対行きます。
 年取ってるから忘れそうだよなあ、俺。

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』をユーロスペース2で観て、前作との違いは何ぞやふじき★★

五つ星評価で【★★前作の方がまとまっている】

同じ監督の前作『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ(2010公開)』で描ききれなかった大騒ぎが描かれるとチラシに描いてあるのだが、さにあらず。基本、前作の続き部分から描いてる訳ではなく、同じ事を繰り返し描き完全版に近づけるという作り方を取っている。しかし、結局いつまでもいつまでも美術館の改装が出来なかったという理由は前作までで出尽くしてるようなのである。そうすると、前作との違いは何かというと、「すったもんだあったけど、美術館の改装終わったよ」だけなのだ。そして、美術館ができなかった原因に関する部分については前作の方が上手くまとめてあった。ええと、そんな商売あかんやろ。

1杯目のラーメンを売った後、
ナルト一枚加えて薄めたスープで2杯目のラーメンを売りました的商法。
あかんあかん、そんなんあかん。


【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
みんなのアムステルダム国立美術館へ@ぴあ映画生活
▼関連記事
ようこそアムステルダム国立美術館への一回目@死屍累々映画日記
ようこそアムステルダム国立美術館への二回目@死屍累々映画日記