FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『きっと、星のせいじゃない。』をよみうりホールで観て、きゅんふじき★★★

五つ星評価で【★★★生きるとは辛さに耐えること、死ぬとは被忘却に耐えること】

ガン患者のラブコメ(哲学的だけど「コメ」なんだと思う)。
可愛い女の子は鼻に管を付けてても可愛いってのを実践するのが凄いなあ。シャイリーン・ウッドリーって必ずしも美人美形タイプじゃないんだけど、そこがいい。お目めキラキラ。少女マンガの主人公だな。
野郎のアンセル・エルゴートもティーン物特有の「ロクデナシぶさかわナイスガイ(シーズー犬に似てるけどマッチョて脚長)」。二人の決してベタベタではない自然に距離感のない感じがいい。

おままごとみたいと言えば言えるし、プレ恋愛と言えばプレ恋愛なんだけど、それでもいい。最近の恋愛映画は達観しすぎていて、「くっつきました-別れました-終わり」みたいなのとか「くっつきました-やる事ないから、SMとか変態嗜好恋愛」みたいなのとか、そんなんばっかな気がするので、変形とは言え恋愛が成就する映画には気持ちが緩む。いいんだよ。普通に恋愛が成就して終わる映画があったって。

シャイリーンの母ちゃん役で出てるローラ・ダーン、
顔が縦長に伸びて『スクリーム』のホラーマスクにますます似てきた。

デフォーのクズ野郎は盤石。声がいいな。
クズ野郎でもクズ野郎じゃなくても
デフォーの声ってずっと聞いてたくなるトーンだ。


【銭】
チケット屋で試写状350円でゲット(ごめんごめん)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
きっと、星のせいじゃない。@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『スキマスキ』をシネマート六本木2(B1F大)で観て、可愛い人たちふじき★★★

五つ星評価で【★★★隙間はみんな好きだろ】

原作未読。

何とはなしに「エグザイル系」の人を褒めるのには抵抗がある。
それは「エグザイル系」の人達が集団の中にいるというだけで、出落ちのようにモテてしまうからだろう。まあ、要は、あまり大きな裏付けがないのにモテて結構な事ですなあ、という嫉妬である。
なので褒めたくはないのだけど、主役のヘイサクを演じる「劇団EXILEの町田啓太」は上手かった。

とってもみっともない役なのだが、みっともなさから逃げずに前面に出しきって演じる事で、しょうもないけどいい奴というラインに到達。でもまあ、元が美形だから表情が崩れてもかっこいいはかっこいいのである。チッ。

このスキマを愛さずにはいられない、愛すべきクズと、
スキマに身体を露出させ相手に見せつつ、相手を秘かに覗き返し、
相手にのめり込んでしまう隙だらけの女子、佐々木心音との
スリリングな関係が中々魅せる、とても気になる。
個人的にこの佐々木心音嬢があまりタイプではなかったので、
演技を認めつつも、のめり込みはそんなになかった。
タイプで言えば、色気のないガリガリタイプの佐々木心音の学友、
中村映里子の方が、その不器用そうな部分も含めてずっと好きだ。
彼女のぶつからずにはいられない猪突猛進ぷりが、
町田啓太の不器用な猪突猛進ぶりとダブって見えるのも面白い。
多分、性別は異なるが、ここには同種嫌悪があるのだろう。

ラストのオチ(サゲ)はあまりよく機能していない。

エンドロールにかかるTHE PRISONERの「LETTER」って一直線で気持ちいい曲だ。
この曲がヘイサクのバカで一直線を表してるのが、映画としてとても効いている。


【銭】
シモーネマート、月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
スキマスキ@ぴあ映画生活