FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『GEIDAI ANIMATION 06DOWN』をユーロスペース1で観て、ごっつい感想文だふじき★★★ @geidai_06_DAWN

「東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 第六期生修了制作展」と言うのが日本語での正式名称。学生さんの発表会を映画館を使って、なおかつ一般にも開放してという企画。昔はこういうのは自主上映スペースが手掛けていたんだが、経営の厳しいミニシアターが手を挙げるなら、一般映画館でやれる方が普通にいいだろうから、こっちに来るよなあ。
という事で、客は私一人を除いてみんな若者(少なくとも見た目は)。
私一人がアウェーでイレギュラーな状態。
まあ、仲間に入れてください。
仲間由紀恵に入れさせてくださいとかじゃないから(下ネタかよ)。
基本、発表会は外部の反応が欲しい筈なので、
私みたいな一番、自分たちと接点のない客を大事にしないといけない。
そういう機会を得たくて一般に公開してるのだと思う。
いやあ、肉布団用意して、そこに埋もれながら見たいとか言わないからさあ。

で、アンケートを書くと公開作品のプログラムをくれると言ってたけど
上映終わってからの発言だったし、全員に均等に配っていた訳でもなかったので今回は書かなかった。
というか、いかん、いかんだろ。
こんなのは押し付けてでも1人でも多くに書かせるものなのだ。
基本、学生はそういう点で図々しくなくてはいけない。
金を使わずに熱意を使え。

私が観たのは3/16(月)プログラムで、『一年次作品2015 A(30分)』『第六期生終了作品(75分)』という組み合わせ。ユーロで予告見て、なんか面白げと思って見る事にして、この組み合わせを選んだのは「トークイベント」を避けたからだ。よっぽどの話芸の達人でもない限り、知らない人の事を知らない人が語るのを聞いてもつまらん。だから、「トークイベント」の代わりに上映が入っている月曜か火曜を狙った。「トークイベント」を全廃した方がいいとまでは言わないが、それが内省化を推し進めるのなら、やはり機会は減らした方がいい。それは、研究室でやればいいのではないかと思う。やるならやるでチラシに作家の作品写真の一枚も載せておくべきだろう。

『一年次作品2015 A(30分)』『第六期生終了作品(75分)』では、実は『一年次作品2015 A(30分)』の方が面白かった。それは『第六期生終了作品(75分)』が完成度を優先させる為に「よい作品」になっているが、その為にどれもまとまってしまっている感が強く、同型類型的な物を長い時間で見せられて、ちょっと飽きてしまったからだ。「修了作品」という事で、各々これが自分の名刺代わりになるというのなら、もっと個性を活かした作品の方が良かったのではないか。名刺として大事なのは個性であって、多くの人材を使いこなしたプロデュース能力ではない筈だ。仮にそのプロデュース能力を喧伝する必要があったとしても、全員がその方向であっては抜け駆けできず主張たりえない。なので、未完成であっても、各々が自分の出来る事を色濃く出してる『一年次作品2015 A(30分)』の方が面白かった。基本、作者の人柄とかを一切知らず(たりめーだ、全くの他人だもの)外部参加者だから、尚更そうだったのかもしれない。

以下、ピンポイント感想。
◆『The Yellow Ball』おっ、普通に大丈夫そう、という感じでツカミはOK。
◆『すこやかな歪み』映像の白の部分の綺麗さよ。
◆『チュン子のなんで?』前に上映しているのとの落差がいい。イメージで言ったらこれが一番強い。
◆『黒い猫』小品として理想的なアングル。目の届く所に絵がある感じ。
◆『Templex』どう見ても作者の実感が出すぎてるのが好感が持てる。
◆『Will Hatching Day Come?』アニメの登場人物に日常的な感情がちゃんとあるのは凄くホッとする。ここまでの作品で、そういう感情が書かれてる作品がなかっただけに、とても心証がいい。
◆『通り雨』雨だなあ。あまりイメージが残ってない。失礼

◆『超ラジオ体操』この言ったもん勝ち感がいい。今回では奇行である事は承知の上で、これが一番好き。
◆『Tepid Bath』よいぼわっと感。
◆『Helleborus Niger』言葉なしに設定が分からなかった。
◆『その家の名前』分かりやすくて気持ちよし。
◆『Holy Shit!』個性がダダ溢れててよい。
◆『しいな』カタツムリの絵しか記憶がない。
◆『ズドラーストヴィチェ』好人物は良し。
◆『月夜&オパール』失礼記憶欠落。
◆『白いうなばら』グラス入りのメッセージで何をしたいのかかよく分からない。
◆『きつね憑き』カラーのピンスクリーンみたいで驚いた。
◆『I'm here』失礼記憶欠落。
◆『かたすみの鱗』普通に立派な短編アニメ。


【銭】
ユーロスペース会員割引適用外。1300円均一で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《GEIDAI ANIMATION 06 DAWN》@ぴあ映画生活

PS 忘れてた。今回の特集上映を束ねる形で冠のように作られた
 蟻とピラミッドのアニメはごっつ好き。
 空気中に浮かぶ蟻の死骸や綿埃など超クール。

『女神は二度微笑む』をユーロスペース1で観て、インドもうまいやんふじき★★★

五つ星評価で【★★★落ち度なし】  

サスペンスとして、どうしてどうしてちゃんと出来ちょる。

インド風味という事で、凄く大雑把に展開していく部分もあるけど
(それはそれで、いい味だと思う)、
謎や嘘や疑惑が階層状に構築されてるのは凄く上手い。

出色なのは、高橋和也っぽい敵意剥き出し刑事と、
六角精児を海水に三日くらい漬けたみたいな感じのサラリーマン暗殺者。
暗殺者の暗殺精度は非常に高いのに、どのカットもかっこ悪いのがいいなあ。
あっ、六角精児より中川家の礼二に近いかもしれない、
海水に三日くらい漬けこんどくのは一緒。

主役の女優さんは綺麗なのだけど、役柄上自己中行動が多くて、
そんなに好意を持てなかった。

ドゥールカ神の強烈なインパクトにインド旅情。
うわあ、インドに地下鉄なんかあったのか、という驚き。
しかも、その地下鉄で日本みたいな事が行われちゃうし。
そうだなあ、インド制作の『痴漢電車』も見てみたいなあ!


【銭】
ユーロスペース会員割引で1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
女神は二度微笑む@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
女神は二度微笑む@Nice One!!

PS この監督が『容疑者Xの献身』のボリウットリメイクを撮るプロジェクト
 が進行中らしい。見たい、見たい。

『プリデスティネーション』をUCT1で観て、これは語らぬ方向で「グッ」とだけ言っておこうふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★評判通り】  

ぐっ。うまいじゃん。やるじゃん

これだけでいいな。
この映画の面白さを語る事は、
これから見る人の面白さを削ぐ事でしかないから。
それにしてもみんな頭いいなあ。
バカに生まれて、素直に驚けてよかった(か、よくないかは微妙)。

しかし、イーサン・ホーク、12年時間を順撮りで辿る役をやった後に、
今度は時間の流れを無視する役かよ。
じゃあ、次は若返る役って『火の鳥 宇宙編』かよ。

女子採用試験で着せられるあの変な衣装がかなり好き。
抑制しすぎてて変にエロい。

この映画はたった一言で致命的なネタバレが出来る内容なので、
細心の注意を払ってもらいたい。そして、自分が見るまでネタバレ
してなかった事に対して、周りに感謝したい。
この記事はコメント欄もネタバレ禁止でお願いします。

【銭】
ユナイテッドシネマ会員ポイント2ポイントを使って割引、1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
プリデスティネーション@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBを付けさせて貰ってます。お世話様です(今回は内容制約上、基本よそさまにもコメントは付けません)。
プリデスティネーション@ノラネコの呑んで観るシネマ
プリデスティネーション@beatitude
プリデスティネーション@我想一個人映画美的女人blog

PS 藤子不二雄の『自分会議』も凄い。

『スペシャルID 特殊身分』を新宿武蔵野館1で観て、あまりにいつものドニーさんすぎだふじき★★★

五つ星評価で【★★★物語は適当だけどカンフーがいつものドニーさん系】  

同時期公開の『アイスマン』がカンフー以外お遊び気分が濃厚すぎるので、こっちが引き立つというくらいな感じで決して凄く良い出来ではない。でも、これくらいならいつもな感じなんで、全然許せる。

今回のドニーさんは潜入捜査官。
チョビ髭で刺青で馬鹿でマザコン。
「満身創痍マゾヒストかよ」って叫びたくなるようなキャラ設定である。
まあ、ドニーさんの役って、人格者かバカしかないから、今回はバカの線。

達人レベルで強すぎる役ではないのだけど、カンフーは相変わらず熱い。
見てる者を熱くさせる熱があるのだ、やはり。
ああもう、だから、ちゃんとした脚本のドニーさんの映画が観たいわあ。
今回は脚本が適当で、ドニーさんがバカなのはともかく(馴れてる)、
敵も味方もみんなバカにしか見えないから、
もうちょっとどうにか整理しようよ、と思わされた。

ジン・ティエン演じる女刑事はどこか場違い感ありながらも、そこそこ可愛い。


【銭】
額面1300円の前売券をチケット屋で1100円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
スペシャルID 特殊身分@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
スペシャルID 特殊身分@龍眼日記
▼関連記事。
アイスマン@死屍累々映画日記

PS 『スペシャルID』ってタイトルが映画見た後でも
 全然大したタイトルじゃないってのじゃダメっしょ。
PS2 チラシで惹句に使われている「喧嘩上等アクション」ってのは、
 まんま今回のアクションを言い当てていていいなあ。
 同じくチラシの「宇宙最強の男」はツイッターなんかで散々常態化してるけど、
 宇宙最強の男が喧嘩上等でオラオラやってるってのがムチャクチャで、実に香港。

『ベイマックス』をUCT6で2D吹替で観直して、安定としか言いようがないふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★物語は超安定】

本当に面白い物語は何回見ても摩耗に耐える。
という訳で2回目だからして全然、大丈夫。
前回は2D字幕、今回は2D吹替えである。

今回、素人声優の声はプロとの差がしっかり付いててよくなかった。
キャスおばさん役の菅野美穂はまんま菅野美穂の声であって、
もともと管ちゃんは滑舌が良くないのを演技と相まって打ち消すような人なので、
映像がアニメになっちゃうと普通につらい。
贔屓目に見てるつもりだが、それでもよくないと思う。
普通に役者としては凄く買っているので、役者として精進してもらいたい。
タダシを演じた小泉純一郎もとい小泉孝太郎もちょっとたどたどしかった。

やっぱり餅は餅屋なので、
よっぽど物凄く時間を割けれる場合などを除いて、声はプロに充ててほしい。
(プロ以上の技量を有する稀有な役者さんもいるが、
 プロを使わないのは普通に冒険だと思う)

あと、やっぱり普段のお姉さんとしてはハニーレモンちゃんの方がいいなあ。
ゴーゴーのふくれっ面はちょっと好きじゃない。

前回観て、何だ何だ見覚えがあるけど何だと思ってた
エンドロールの怪獣のいたずら書き。
あー、しんちゃんのチョコビのパッケージ怪獣じゃん。
分かってスッキリした。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバーズ割引で1000円。

▼関連記事。
一回目@死屍累々映画日記

『ぼくを探しに』『グレートデイズ!』をギンレイホールで観て、どこかもうちょっとだねふじき★★,★★

◆『ぼくを探しに』
五つ星評価で【★★知識は感情を凌駕しうるか?】

幼い頃のトラウマにより、発声が出来ないポール、彼は同じアパートのマダム・プルーストと出会い、記憶を甦らせるハーブティーを振る舞われる事により、過去と対峙していく。

妙に色々詰め込んだ物であるが、ラストシーンで主人公に一目で分かるような明確な変化が見えないのはマイナスポイント。殊更、幸せ感あふれるラストでないのは見識としてはリアルであるけど、もちっと娯楽映画寄りに「幸せ」の分量を前後で調節してもよかったんじゃないだろうか。

主人公は『サンダーバード』のブレインズくんが眼鏡を外した状態に似てる。
マダム・プルーストの外観が魔女……というより、間違えて背高になっちゃったドワーフ族みたいにも見える。

PS 朴を探すなら韓国に行け!


◆『グレートデイズ!』
五つ星評価で【★★主人公は鉄人として何をするのか?】

家族に向き合うのが苦手な無器用父ちゃんと、
車椅子のハッチャキ息子がペアを組んで鉄人レースに参加。
参加するのはいいし、参加までの障害を息子が自ら取り除いていくのはいい。
ただ、参加した後、トライアスロン競技の中、息子がただ運ばれるだけで
彼自身が努力してるように見えない。
つまり、主役の一人である息子が引き立ってないのだ。
そら、あかんやろ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ぼくを探しに@ぴあ映画生活
グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-@ぴあ映画生活

『舞妓はレデイ』をギンレイホールで観直して、やっぱ合わんのだなふじき★★

五つ星評価で【★★それはとても上等なお遊戯のようだから】

ちょっと喉に何かが詰まったような違和感を払拭できないので、ギンレイホールにプログラムが掛かった事もあって、もう一回観に行った。

うん、やっぱ嫌いなのは歌の部分だ。
どうして感情の発露の一形態という形で歌を歌うようにしなかったのだろう。
やはり、演技と歌が断線しててチグハグである。
前回の記事では「呼吸が可笑しい」と書いたのだが、
どうも、わざわざ演技と歌を分けているようでもある。
ここからは歌のパートです。何でそんな事をするかね。

嫌なのは、歌の部分がとても「技巧的」に作られている事だ。
「隙」がない。キッチリしすぎてて「感情的」でない。
幼稚園や小学校の「演芸会」「学芸会」の上手バージョンだ。
みんな綺麗なオベベや厚いタイツを穿いて間違いがない事を第一優先で保護者が望むお利口さんな感じで歌わされている。なんか、入学式とかの晴れ衣装を着せられでもしているかのように皆、キッチリしている。きっと、それが嫌なんだ。

何も高嶋政宏さんに『スマグラー』の時みたいに下半身紙オムツで行けとかいう訳じゃないけど、明らかに露出用に均等に貼られているような胸毛を見て、逆に大人しく感じるとか変な状態になってる(自毛だったらごめん)。

PS いちはる姉さんのやらしい水揚げを企んでいたのが岸部一徳で、
 「今度は逃がさしまへんで」とか言って濡れ場に、
 という展開をちょっと期待してしまう俺。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼関連記事。
一回目@死屍累々映画日記

『リヴァイアサン』を早稲田松竹で観て、こんなのは単に映像素材なんだがふじき★★

忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。

五つ星評価で【★★映画になる前の映像素材である】  

基本、撮ってきた物を「生」と言い張って、映画にしてしまうドキュメンタリーは好みではない。そんな手法は演出家が自分の演出に自信がない事に対する言い訳にすぎないだろう、と真剣に思っている。
ただ、この映画の場合は切り出し方が上手い事と、切り出した映像を多少なりともエッジを聞かせるために露出加工や音響加工を施してる(ように見える)事から、「かっこいい生」になっているので、全ダメ出しをするほどでもない。

映画その物よりも、チラシやポスターにくっ付いてくるコピーが奮闘していて、その結果、観客が単なる映像素材を映画と思い込む構成になっているのだと思う。
コピーいわく

「それは映画か 怪物か?」
「自然と人間のかかわりの深淵へ 狂っているのは世界か、人類か」
「圧倒的な映像と音響の本流 もはや黙示録の体験である」
「人類がはじめて体感する海洋ドキュメンタリーの極北」

ただ漁船が北洋で雑音まきながら漁をする様子をここまで壮大なコピーで飾ったコピーライターの仕事はちょっと偉い。このコピーライターの仕事こそが『リヴァイアサン』という映画の本質だろう。観客にとっては本質が映画本体にあってもなくても、それが感受されさえすればいい。だから、商品としてはそんなに過不足ないと思う。なので、あまり目くじらは立てたくないのだけれど、それにしてもやっぱり単なる「かっこいい(=オシャレな)映像素材」だなあ、これ。


【銭】
早稲田松竹のラスト1本割引で800円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
リヴァイアサン@ぴあ映画生活

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

『チェンナイ・エクスプレス』『クリッシュ』をキネカ大森2で観て、マサラマサラで大満足小満足ふじき★★★★,★★

忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。

◆『チェンナイ・エクスプレス』
五つ星評価で【★★★★初笑い大笑い】
シャー・ルク・カーンの昔っからあるベタベタな超ラブコメ。
鉄板すぎようが何だろうが面白くてたまらない。
立ち見になって床に座って見た。マサラ映画長くて尻が痛い。
シャー・ルク・カーンもそろそろ未熟な若者の役はきつくなってきた。
お姉ちゃん(ヒロイン)が、ちょっと中山エミリっぽい。


◆『クリッシュ』
五つ星評価で【★★何かあちこちに齟齬がある】
インド映画が総力を上げて『X-MEN』をパクった怪作。
『X-MEN』をパクりながら、ちゃんと歌も踊りもあるのがステキ。
主人公は宇宙人の血(もしくは影響)を受け継ぐスーハーマン的ヒーロー。
敵にその血から作られたミュータント部隊(この敵の能力がまんまX-MEN)。
たまに歌と踊りを挟みながら、双方は激しく戦うのだった。

荒い設定をゴリゴリ押して無理やり進むので、話に負担がかかりすぎててキツイ。
とはいうもののインド人俳優によるミスティーク、舌男、力男など中々よしよし。


【銭】
テアトル会員割引で1300円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~@ぴあ映画生活
クリッシュ@ぴあ映画生活

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。

『アイスマン』をシネマート六本木2(B1F大)で観て、ドニーなのにあかんねんふじき★★

五つ星評価で【★★残念な出来である(アクションはよし)】  

ドニー・イェンの映画なのに迷走していてビックリした。

400年前の明朝時代、雪崩に巻き込まれて氷漬けになったドニーさんが復活する。武人ドニーさんが軟弱な世相にビックリドッキリする中、彼の敵も目を醒ます。ドニーさんがアクション監督も兼任してるので、アクション濃度はバカ高い。

問題なのはホームドラマと推理ドラマだ。

ドニーさんが高潔な人格者でほぼ万能なのはセオリー通りだが、その彼を現代で迎える女に魅力が乏しい。外見の話ではなく、どうもメンタリティーが下劣なのである。ラストシーンまで、ほんの一か所だけいい面を見せる場面があるのだが、何か『チャーリー・モルデカイ』のいたたまれないジョニ・デを思い出してしまった。その程度の女に敬意を振り払って振り回されるドニーさんは、いい人を通り越してカモに見えてしまってよくない。
そして推理ドラマは見せ惜しみをした挙句、最後まで整理せずとっ散らかったままである。やる気が適当だ。

特筆すべきはやはり、アクション・スキルの高さだろう。
うーん、気持ちいい。
ただ、飛び跳ねるだけとか、前進するだけでもかっこいいのはセンスがいいとしか言いようがない。後半、過去の仲間との武器戦の目くるめく展開と応用も楽しい。

あと、絵として派手だけど、
それだけで割とどうでもいいトピックスとして、
「凄まじい小用」をあげておきたい。


【銭】
シネマート六本木月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アイスマン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アイスマン@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
スペシャルID@死屍累々映画日記
アイスマン(二作目)@死屍累々映画日記・第二章
前のページ 次のページ