FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『リスボンに誘われて』をギンレイホールで観て、ロランのポロリでチャラだふじき★★

五つ星評価で【★★二回観て二回寝てるからテンポが悪いんだと思う】

二回観て、違う場所でそれぞれ寝て8~9割は観てると思うんだけど、まあ、退屈しちゃうのは基本、自分の人生とかけ離れた話だからかもしれない。自分は決してジェレミー・アイアンズではないし、自殺しようとした姉ちゃんを助けたりもしなそうだし、いきなり謎の切符でミステリー・トレインとばかり旅行もしないだろう。そんなん常識を知る大の大人が「運命」なんて言葉で誤魔化しちゃいかん。非常識、かつ、無責任だ。

偶然、手に入れた書籍と切符で作家の生地を訪れ、作家の関係者に話を聞いて回る。太宰とか宮沢賢治ファンとかがやりそうとか思うと、これもまたマイナスポイント。

という事で、立て込んだ話を通しながら、今回は特殊メイクとかを使わない生タイプのジェレミー・アイアンズが「そんな年で自分探しかよ」って、そんな映画です。

「何でも記憶する女」というちょっと異能な役のメラニー・ロランが相変わらずきっちり綺麗でおっぱいポロリまであるから、とりあえず話のどうこうはさておいて、ポロリは見る価値があると言っておきたい(一瞬やけど)。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
リスボンに誘われて@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
リスボンに誘われて@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト