FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アオハライド』をトーホーシネマズ六本木アートスクリーンで観て、凄いぞ本田翼ふじき★★★★

忘れちゃいそうだから、軽くポコポコ映画の感想潰していっちゃうぞ祭。

五つ星評価で【★★★★可愛いは力】  

観終わった後のツイッターへの呟き。

「うわあおあうあおおうおう。男も女もみんなかーいすぎる(除くベンガル)」

わははははは。もう、ベンガルが出てた事を覚えてない。
別にそこ大事じゃないし(いや多分、大事じゃないと思うよ)。

本田翼が可愛い。割と今まで本田翼には良さを感じなかったのだけど、今作に関しては死ぬほど可愛い。いや、死なないけど。
今まで本田翼の映画で見たのは『江の島プリズム』『らくご映画』『鷹の爪7(声)』の三本。基本、本田翼って「強くないし、中途半端」という個性なのだと思う。だから、それがマイナスに出るとメインキャラクターなのに真っ中心の立ち位置にいるのが似つかわしくないような場違いな薄いキャラになってしまう。今回はその「強くないし、中途半端」を「儚げな部分もあるし、自己確立されていない」に置き換えているのが本当に見事だった。そう、未完成に見える部分は取り繕おうとすると欠点に映るが、フューチャーすれば取り柄になるのだ。多分、これは撮る側がどこまで撮られる側を愛するかで見出した視点なのだと思う。三木孝浩監督はそういう掬い上げが涙を流すくらい上手い。

ぶっきらぼうな東出くんもまあいい。身体が大人だから高校生きつそうに見えるカットも幾つかあるのだけど、全体に違和感はない、ないと信じたい。メイクの腕がいいんじゃないだろうか。

本田翼とつるむ三人娘のツンツンした新川優愛とデレデレした藤本泉、どっちもかーいー。藤本泉って『小川町セレナーデ』の子だったのか。観てから二か月経ってやっと気が付いた。すげえ化け具合だ。このマンガな顔立ちにマンガな演技。藤本泉自身の腕もあるのだろうけどやっぱメイクの腕がいいんじゃないかな。

本田翼の東出くんを巡るライバルに高畑充希。鉄板のオールラウンド・プレイヤー。任せておけばどんな配置でも大丈夫。

本田翼はこの映画がピークな気がしてならないなあ。
そんな憶測をふっ飛ばしてもらいたいものです。


【銭】
トーホーシネマズの有料入場六回分ポイントを使った無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アオハライド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アオハライド@MOVIE BOYS

あまり見たことを大っぴらにしない扱い。
スポンサーサイト