FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『さよなら歌舞伎町』をテアトル新宿で観て、あっちゃんそれはないだろうふじき★★★(前田敦子部分のみネタバレ)

五つ星評価で【★★★前田敦子は二つの意味でミスキャスト】  

「群像劇」。みんなが少しずつのパートを担い、一つの物語を作っていく。
でも、そこで作られる物語は、ビックリするような悲劇でもなく、
ゲラゲラ笑えるような喜劇でもなく(コメディー要素は皆無ではない)、
そんなに「今の歌舞伎町を表わしてる」訳でもなく、
これを見て、日本が分かる訳でもない。

エピソード集としてつまらない訳ではないが、
ガツンと一発かまされたみたいな話のシコリがなかった。
ダラダラ見れてしまうのだけど、
見終わって感情が素通りしてしまうような感じ。

最初から怠惰な染谷将太がいろいろな目に会った末、
怠惰なりに自分にケリを付ける映画、なのだが、
キャラクターとしてやりそうな事をダラダラやってるので
「起承転結」の「転」たりえない。
染谷将太は出演多すぎて、今、ついに「飽きる」ラインに
入って来てしまったのではないか?(演技似てるでしょ)

で、その染谷将太をガッツリ受け止めるべき存在である筈の
前田敦子の出番は思った以上に少ない。
少ない上、ラブホの映画なのに脱ぎがない。
脱ぎがないのは構わないのだ(勿論あっても構わない)。
実は、脱ぎがあった方が今回の役柄はより簡単に表現できる。
だから、「脱ぐ」が「売り方として」許されない前田敦子が選ばれた時点でミスキャストなのである。
もちろん前田敦子は契約上そうであるなら脱ぐ必要はない。
脱がない前田敦子でもラブホの映画の主役を張る事によって、期待感を高め、商売上のとてもいい助けになるだろう。そういう線を売り手が望んでいるなら、それはそれで間違いではない。
だが、脱ぐ必要はないのだが、物語上、必要なら着衣のままであろうが何だろうが適正な濡れ場はあった方がよかっただろう。今回は何をトチ狂ったのか、それすらなかった。私の解釈が間違えてないなら、彼女は大森南朋演じる音楽プロデューサーの前で裸になって一戦枕営業してる筈である。そして、それを染谷にハッキリ打ち明け、それが染谷を追い込むのだ。にも関わらず、映画の彼女には直接の濡れ場もなければ、セックスが終わった後の余韻の演技すらなかった。汗一つかいてなかった。セックスが行われた、行われていないは演技としてはっきり明確に分からないといけないだろう。必要な演技を怠るような役者だとしたらミスキャストである。
ただ、個人的には前田敦子がこの映画で脱がないのはよかったと思う。というのは、監督の廣木隆一がそんなに女の子のヌードを可愛く撮れない監督だからだ(と、私は信じている)。この映画の中で韓国の女の子のおっぱいとかは良かったけど、あれは素材がたまたまよかったというだけだろう。

家出娘・我妻美和子のこぼれそうな眼よかった。
ああいう子にいてほしいけど、それは凄く今っぽくない。
彼女も脱いでないのだけど、パンツ、バンバン見せながら、
リアルにエロくなかったので逆に許す。

最後は南果歩が余裕で全部さらっていった。


【銭】
チケット屋で額面1500円の前売券を850円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さよなら歌舞伎町@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
さよなら歌舞伎町@映画的・絵画的・音楽的
さよなら歌舞伎町@Movie Boys

PS デリヘルの送迎車が西武新宿から花園神社に抜けていく。
 歌舞伎町通り越しちゃってないか? そこから左折して回り込んでいくのか?
 最後、染谷の退場が花園神社から新宿南口奥代々木駅手前の高速バス乗り場
 だったことを見ると、ラブホ歌舞伎町になくないか?(新宿n丁目じゃないか?)
PS2 「歌舞伎町」を扱いながら、カメラはラブホから外に引きこもりのように
 出ようとしない。ラブホを舞台にした映画は今まで3本くらい多分、見てる
 (渋谷区円山町なんとか、ラブホ住み込みのラブホ改革話、ラブホコメディー)
 どれも舞台は歌舞伎町じゃなかったと思うが、今回との違いはあまりない。
 つまり、ラブホの外に出ないと、少なくとも自分にとっては、歌舞伎町感は
 出ないのだ。
 「DVDいらん?」とか言ってくるあのオヤジらとか、
 ホストっぽい兄ちゃん、やけにヒールが高い姉ちゃん、
 大量に吐き出されるアジア系観光客。
 こんなんが何一つない歌舞伎町の映画って珍しくないか?
 お話を作る人たちが街に出ていないんだな、きっと。
PS3 舞台になったラブホは歌舞伎町二丁目にあるホテルアトラスだそうです。
 (クマネズミさんのブログ「映画的・絵画的・音楽的」に
 付けたコメントで答をもろうた)
スポンサーサイト