FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『100歳の華麗なる冒険』を下高井戸シネマで観て、ホラっぷりに乗れないのは何でだろふじき★★

五つ星評価で【★★出だしは結構好きなのだけど】  

出だしから冷凍室の下りくらいまでが好き。
その後、次々と来る(そうも来ないか)追撃者を何となく撃退し、
象と仲間と片寄せ合いながら、実は凄い過去を持つ爺さんだった、
というのが映画のコアなのだけど、何となく乗れない理由をあげると……

・道連れになる三人目の男と象女が何かいけ好かない。
・追撃者がどうにも騒音がうるさい小市民であって、凄みや魅力を感じない。
 チンケな部分はあってもいいのだけど、
 引くくらいの恐怖も持ち合わせてないと、
 ヨイヨイの爺さんにやられるおかしさが出てこない。
 逆にその程度の人間が爺さんにやられるのを観客が談笑するように
 見てるって構図がブラックってメタな笑いなのか?
・過去パートはいろいろ大層な事に関わってきた、
 どえりゃー人物である事が明確になってきて、それはそれでいいのだけど、
 それが現在とリンクするような形にならんとつまらんのではないか?

もう、後半うつらうつらで「おま、そんなんお前が読み取れてないだけやろ」状態になってたらごめん。

・運でトントン拍子なのは良いと思う(過去の部分も現在も)
・「100歳」という呼び捨て名称は好き。


【銭】
チケット屋で下高井戸シネマの招待券を850円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
100歳の華麗なる冒険@ぴあ映画生活
スポンサーサイト