FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『エイプリルフールズ』を109シネマズ木場7で観て、こーゆーバカなん大好きふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★脚本に転がされて気が付いたら終わってる大衆娯楽映画(この敷居の低さを嫌う人がいそうだけどええやんか、たかが映画なんだから)】  

こういう肩ひじ張らないの大好き。

この映画の戸田恵梨香の不器用そうなところがすんげ好き。
俺、欠けてる人間に惹かれる。コンプレックス全開だ。
「みんな嘘つきばっかりだあ」ってあのセリフがビンビン大好き。

りりィさんにあの役オファーしに行った人はいい心臓してる。
いや、抜群に素晴らしいキャスティングだけど。
コスプレ具合で行けば高嶋政伸も相変わらずいい汚し具合だ
(高嶋政伸って汚し方がひどすぎて、いつも誰だか分からないとこまで行って
 誰だか分からないから高嶋政伸に違いないって変な気づき方をしたりする)。

岡田将生はこういうワンポイントな使い方をした方が生きると思う。

最終的には寺島進が全て持って行った。

小説やマンガが元じゃない映画オリジナル脚本だから、
しっかりちゃんとヒットしてほしい(と言いながらタダ券で見てしまった)。


【銭】
新聞屋系の招待券で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
エイプリルフールズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
エイプリルフールズ@映画のブログ
エイプリルフールズ@カノンな日々
エイプリルフールズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 最後に明らかになる戸田恵梨香の嘘が可愛くてもう!
PS2 後、見どころと言えば松坂桃李くんの尻だな
PS3 大泉洋になりきった『トワイライトささらさや』も凄かったけど、
 富司純子さんにはうならされるわあ。
PS4 この映画をつまらないという人やブログに滝藤賢一の口調で謝りたい。
 「身分の卑しい笑いですいませえええええええん」
PS5 オシャレなハンバーガーショップのユニフォームが似あわない古田新太と
 店員の木南晴夏は肉体関係がある、と踏んでいる。
 古田新太は所帯持ちで、勿論、不倫関係。
PS6 寺島進が千葉真一にアレを差し出しながら、
 「実はずっと好きでした」と告白したら、
 青年二人のエピソードは割愛できたかも。

『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』をユーロスペース1で観て、しまったお前かワイズマンふじき★

五つ星評価で【★ワイズマンとは相性が悪い】  

見終わった後にワイズマンの映画と知った。
しまった。ワイズマンと知っていたら見に来なかったのに。
というくらい相性が悪い。

ワイズマンは基本、映したものをそのまま垂れ流す人である。
彼なりに取捨選択をしたり、順序を整えたりはしているんだろうけど、例えば「これが全て撮った順に並んでいるんですよ」と言われても、それほど驚かない。基本的に関係する映像を全部撮って、全部映す、そういう撮り方をする人なのだと私は思っている。全部撮って全部映すなら並び順による演出意図など強く気にしたりしないだろう。

という事で「至宝」は、結果として映っている物の、「至宝の映像的記録」を撮ろうとして作られた物ではない。ワイズマンが撮りたかったのは、美術館で働く様々な職種の人間の全働きガイドである。しかも、それを片っ端からルールなしに、ただ動作だけを撮って、観客に放り投げるので、観客の手には余ってしまう。

元の展示場所や、照明との関係、絵画と宗教との関係など、摘み食い的に面白い部分はあるのだが、181分は長すぎだ。


【銭】
おそらく上映時間(63分)が短いので一般1400円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ナショナル・ギャラリー 英国の至宝@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です
ナショナル・ギャラリー 英国の至宝@徒然なるままに

PS ラスト、コラボと称して美術館で踊る男女のバレエダンサーに
 何人もの肖像画の映像が被さって終わる。
 肖像画はみな強調してるかのように鼻がだんごっぱなででかい。
 「くんくんくんくん。汗臭いぞ。コラボったつて変な事やるんじゃねえ」
 というメツセージか?

『劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』を新宿ピカデリー9で観て、どうも好きになれなくて困る男ふじき★★

五つ星評価で【★★多分、昭和のウルトラマンが好きだからだろう】  

出ているウルトラマンの中でオリジナルを見ているのはティガ、マックス、メビウス、ネクサス、ゼロ辺りか。大元になってるギンガは未見。

何か、良くも悪くも戦隊シリーズみたいなウルトラマンだった。

私は最初のウルトラマン(無印)にとても強く愛着を感じているので、怪獣や宇宙人にはそれぞれ現出する理由があるのが当然だと思っている。その怪獣を相手に人類とは比較できない高次元の存在が人類の為に戦ってくれる、その基本フォーマットがあやふやになってしまうのがイヤなのだ。

今回の悪玉は怪獣だか宇宙人だかも判然としない「超時空魔神エタルガー」。
こいつが何をやろうとしてるかが全く分からない。
女戦士アレーナを利用してウルトラ戦士を幽閉しているが、その理由が明かされない。
「そんなんウルトラ戦士がいない世界で好き放題だろ」って事なんだろうけど、別にわざわざそんな危険を冒さなくても、ウルトラマン達が来ないような辺境宇宙で好き勝手やってればいいと思う。たった一匹の存在だから、全宇宙を我が手にってタイプでもないだろうし。このエタルガーの存在自体に理由がないために、物語はすこぶる不明瞭になってしまった。悪い奴はただ単に理由もなく悪いのだ。まるで戦隊シリーズの悪の組織みたいだ。もっとも最近のウルトラマンでは、こういう「超悪」みたいな存在は割と簡単に登場するから、この映画特有という訳ではないかもしれないから、責めるのは可哀想かもしれない。

エタルガーを倒す頂上階に向かうため、ウルトラマン達はエタルガーの部下怪獣と各フロアごとに「ここは俺に任せろ」形式で戦って個別戦闘になっていく。まあ、それぞれの怪獣が単に式神扱いになってるのは気になるが、「全戦隊蛸殴り」みたいな絵になるよりはこちらの方が優れた展開だろう。ただ、そうやって最後エタルガーと戦わせる為にギンガとコスモスが頂上階まで行ったら、戦いが野外戦になるってのはおかしいだろう。野外で戦うなら全ウルトラマンが空を飛んで、最初からウルトラマン全体で戦えばいいだけの話じゃん。

そして、彼等はみんな、よう喋る。
集団が膨らんだから、喋らないとコミュニケーションが取れないんだろうけど、良くも悪くも人間的だ。多分、円谷と吉本がコラボしたら「かいーの」とか「ラッスンゴレライ」とかウルトラマンが抵抗なくやってのけるに違いない。ウルトラマンゼロは未完成なヒーローが売りだからヤンキー的に喋っても許せるけれど、通常のウルトラマンは変身後に喋らずに通してもらいたかった。それで間が持たないのはバトル時間が長すぎる=構成がおかしいのではないか。本来、ウルトラマンはそんなにずっと戦ってるキャラクターじゃないのだから。いや、ウルトラマンネクサス以外にはみんなカラー・タイマーが付いているけど、基本、何時間でも戦っていれそうだった。いいんか、それで。

ウルトラマンの敵をどんどんどんどん強くするために、ウルトラマン側もパワーアップが必要になってしまって、武器を持たせたり、別のウルトラマンの属性を使用できたり、二体が一体に融合したり。これをやり出すとキリがない。多分、最終的にはウルトラマンドライバーで、どのウルトラマンも呼び出し可能になってしまう………それってウルトラマンのカプセル怪獣化じゃん。そんな強い者に更に強い者をぶつけていく戦いに警鐘を鳴らしたセブンの話だってあったろうに。

アクション・シーンは頑張っているが、ウルトラマンにアクション・シーンがそんなに必要だとは思わない。逆にアクションシーンを入れた事で、スケールの大きい戦いが、人間サイズの一対一の小さな戦いに見えてしまわなくもない。

女戦士アレーナの小宮有紗ちゃんは役者として好きだけど、
アクションシーンの見せ所がある事を除けば、ありきたりな役である。
二面性の演技は上手かったと思うが、
あまりにも類型的な役すぎて感情移入が全く発生しなかった。

特捜チームUPGが何者かは分からないが、セットがしょぼい。
それは目を瞑るとして、女子供寄せ集め集団で、
エースクラス二人が頭悪そうなガテン系って、
合否試験とかの程度が低そうでいかん。

基本的に、他のシリーズのいい所があれば、それを吸収するのは何も間違えてないのだけど、それがウトラシリーズの良さを減じるものなら、無理して取り込まなくてもいいと思うのだ。


【銭】
おそらく上映時間(63分)が短いので一般1400円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です
劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!@徒然なるままに

『さいはてにて』を渋谷シネパレス1で観て、映画空間に耽溺ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★空気が気持ちよい】  

好き嫌いが分かれそうな映画であるが、私は大変気持ちよく見る事が出来た。
そして、見た直後は感じなかったのだが、一っ風呂浴びたら実に様々な暗示を含む物語である事に気が付いた。

物語にはほとんど男が出てこない。
登場するのは永作博美の父、村上淳と佐々木希に寄生する永瀬正敏くらいである。

村上淳は船舶事故で行方不明になっており、
永作博美は再会の夢を抱いて舟小屋を改築して珈琲専門店を作る。
そこに現われるのは遠目に父に似て見える永瀬正敏だが、
彼は根っからの簒奪者であり、父親としての属性を持っていない。
永作博美の貞操を奪おうとした永瀬正敏は岬から追いだされる。

物語には親の役割を持つ者がほとんど出てこない。
唯一、その役割を担うのは佐々木希の祖母、浅田美代子である。
佐々木希の父母に関しては詳しく触れられず、単にいない人として扱われる。
つまり、佐々木希自身が母でありながら、自分の父母を失った子供だ。
一見、佐々木希を補完する親のような立場に立つ永作博美も又、親を待つ子供だ。

「最果て」という言葉から南国を想起する人はいないだろう。
まず間違いなく北国を思い起こす。
これはその最果ての地で、
父や母を失った子供たちが肩を寄せ合って生きる物語だ。

その中で、もっとも暗示的なのは、永作博美が自分の事を
宮沢賢治の「よだかの星」に準えながら、醜い鳥「よだか」と自称する事だ。
これは彼女から擁護される子供に否定される。
子供にとっては永作博美が、そのような得体のしれない物であっては困るのだ。
「よだかの星」の「よだか」はとても幸せには思えない。
禍々しい呪いを受けでもしているかのようだ。
そして、その呪いは物語の最後まで解けない。けっこう壮絶にイヤな物語である。
永作博美も傍目から幸せそうに見え、人に優しく接していても、
どこかに癒えない傷を抱えている、そういう人だという事なのだろう。
この傷口は最後に大きく開く。
だが、どんなに傷口が大きく開いても、その傷その物をなかった事にはできない。
傷を抱えながらも、新しく出来た家族と一緒に暮らそうという物語の締め方は
優しくあたたかい。

永作博美の「こちょっ」と まとまってて、
童顔なのでどうにも善人にしか見えない顔立ちは良い。
いいキャスティングだ。
ちょっとあのゴツく派手な感じの旅人みたいな服はイヤだけど。

素晴らしく手足が長く、母として子供と接する事が出来ずに
イライラしてる佐々木希。相変わらず綺麗な生き物だ。

映画の中でもっとも共感したのは臼田あさ美演じる女教師。
あの「あああああああああ~あ」という
コーヒー飲んだ後の嘆息が、とても良く分かる。
いい、コーヒーはあんな感じを引き出してくれる。


【銭】
渋谷シネパレス木曜日メンズデー割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 吉永小百合の近作も、
 北のさいはてで父の思い出と過ごす喫茶店店主の話だった。
 何か北の大地に女を喫茶店店主に仕立てようとする
 熟れない喫茶店店主の地縛霊でもいるのか?
 吉永小百合はコーヒーよりは味噌汁が美味しそうなので、
 コーヒーは永作博美に入れてもらいたい。

『劇場版境界の彼方に 過去篇』を新宿ピカデリー4で観て、延々と続く尻相撲的だふじき★★★

五つ星評価で【★★★女の子可愛い。男の方もボンクラ具合がまあええやろ】  

TVシリーズ未見。
TVシリーズ編集で1本、完全新作で1本の2本構成で作る映画らしく、今回はTV編集の1本目。長い長いTVの生活感を削ぎ落として(おそらく削ぎ落としまくり)、話の核だけをゴリゴリ貫き通したら、ボーイ・ミーツ・ガール的な話が、どっちがどっちをより思うかを尻をぶつけながら延々と競う持久走を見せられるかのような妙な映画になってしまった。自分も含めた観客はそういう勝った負けたみたいな力関係が見たかった訳ではないと思うよ。

愚図でノロマな亀タイプ、かつ、実は巨大な力を持つ呪われた血族の末裔でいながら、そうそうそうにも見えない美少女眼鏡タイツキャラの栗山未来は圧倒的にOK。バッチリ。作り手のあんたらの思惑通り、こんな女の子は好きです。

そのお相手になる半妖で、極めて通常の青春キャラの資質を持ちながら、世界を滅ぼすような化け物を内包する、欠点も多い不死身のナイスガイ、秋人もまあ、いいだろう。

他のキャラはTVではいざ知らず映画では添え物。ろくろく説明もされないし(それは主役二人もそうなのだけど)、主役二人の方向性を整えたりこそすれ、一定線以上、二人の間柄に踏み込んでこない。逆にその為に、主役二人に話が集中するのだが、その集中がゴッソリ勝った負けたみたいな話に置き換えられてしまうのはつまらない。

でも、多分、続きは観に行く。栗山未来が可愛いから。


【銭】
映画1本見たら、次回は割引サービスというメンバーズカードの新制度を使って1300円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 過去篇@ぴあ映画生活
▼関連記事。
劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇@死屍累々映画日記

『パリよ、永遠に』をHTC有楽町1で観て、一応グットふじき★★★

五つ星評価で【★★★悪くはない】  

悪くはない。
悪くはないけど、
パリ壊滅作戦を阻止しようとするスゥーデン総領事の理屈と
パリ壊滅作戦を実行せねばならないドイツ軍司令の窮地の
どちらに共感するかと言われればドイツ軍司令に傾倒する。

正論で言えば、パリ壊滅などしない方がいいに決まっている。
その正論が通らない戦時下だからこそ、スウェーデン総領事は
正論以上のディベート力で、ドイツ軍司令を屈服させてほしかった。
最後、人情的にダラダラ流れてしまった感じで結論が有耶無耶になったのが残念だ。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パリよ、永遠に@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
パリよ、永遠に@こねたみっくす
パリよ、永遠に@ここなつレビュー

PS 外交官(ニアイコール政治家)と軍人の駆け引きの話だが、
 必要があれば政治家は軍人以上に冷徹に人の生き死にを算盤勘定するから、
 悪辣具合で軍人では敵わないのかもしれない、とか意地悪な感想も持った。
PS2 ハンナ・アーレントが糾弾した
 命令を遵守してしまうアイヒマンの逆目が、このドイツ軍司令なのだな。
 とは言え、ユダヤの強制収容に手を貸したセリフなどもあり、
 真っ白な存在ではない。

『ぼくたちは上手にゆっくりできない。』をユーロスペース1で観て、一点突破感想ふじき★★★

五つ星評価で【★★★小松彩夏】  

小説家三人(乙一・桜井亜美・舞城王太郎)を原作+演出家として迎えたオムニバス。とりあえず、演出のお三方、男女に関わらず女の子が大好きみたいで、出てくる女の子はみんな可愛い。

中でも、桜井亜美の『花火カフェ』
小松彩夏が剛速球直球ど真ん中です。以上。


【銭】
ユーロスペースの会員割引範囲外。特別料金で1800円なり。ちょっとキツい。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ぼくたちは上手にゆっくりできない。@ぴあ映画生活

『マッド・ガンズ』をHTC渋谷1で観て、ロボがいい感じふじき★★★

五つ星評価で【★★★若妻なのにおままごとチックなエルもまあ、よし】  

睡眠時間捻出の為、パッパッパとやっつける
(やっつけ損ねて先に寝てしまった orz)。

SF西部劇。
干ばつの影響で水争いが絶えない未来世界。
という割には、水で潤ってる地域もあるし、
水がない事で、社会システムが変わってたりまでは行ってない。
なので、『インターステラー』のように全世界的な荒廃には見えず、
村が大干ばつで村人大ピンチみたいな程度にしか見えないのが欠点。
西部劇とSFの幸せな結合を目指したようだが、
荒廃した世界に似あうのはアメリカ産西部劇ではなく、マカロニなのだ。
マカロニな極悪ガンマンにご登場願いたかった。
絶対その方が燃える映画になった筈だ。

マイケル・シャノン:ガンコ父ちゃん。
 自分の夢の為に娘を吉原に売ったりするタイプ。
ニコラス・ホルト:娘といい仲になる兄ちゃん。秘密あり。
エル・ファニング:花嫁姿が可愛い。
 SEXを感じさせない今アメリカで随一の国民的娘女優。
コディ・スミット=マクフィ:もやしくん。後半の変貌は鬼気迫ってよし。
ロボくん:この現実にありそうなデザインとモニタリング性能に惹かれまくり。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
マッド・ガンズ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
マッド・ガンズ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS しかし、このタイトルは何も伝わってこないタイトルだな。

『たまゆら 卒業写真 第一部 芽』を新宿ピカデリー2で観て、真摯ではあるが一見さんにはきついぞふじき★★

五つ星評価で【★★殊更につまらない訳ではないが、設計的に不親切なのはイヤ】  

OVA、TVシリーズがオリジナルらしいが、どっちも未見。
今回が初接触の一見さん。
前情報全くなしでの鑑賞。

冒頭からすっごい美少女作画と可愛らしい声が大炸裂。
そして、人物がどんどん増える。
みんな可愛らしくて、可愛い声で性格もいい。
同級生4人、後輩2人、旧友2人、年上3人、と言ったところか。
基本的な顔立ちは同じだが、混同したりはしない。
脚本のセリフパートがちゃんと整っているのだろう。

一見さんであっても、会話から設定を掴む事は出来る
(それが分かりやすいとは言えないが)。
それにしても、ずっと喋りっぱなしだ。
みんな集まって歩いたり、話したりしてるだけなので、
絵柄にメリハリが出来づらい。
会話を基本として、そこから話を構築するというやり方なのだろう。
こんなやり方はアニメでしか通用しない。
手法としては面白いが52分という短さにそぐわない密度にちょっと疲れる。

とても真摯にキャラたちの心情を汲み取っているが、
やはり、大きな事件の少ない少女部活の日常を追うとなると、
『けいおん』みたいになってしまう。あれも善人しかいない世界だし。


【銭】
新宿ピカデリーで1300円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
たまゆら~卒業写真~ 第1部 芽-きざし-@ぴあ映画生活
▼関連記事。
たまゆら 卒業写真 第二部 響@死屍累々映画日記
たまゆら 卒業写真 第三部 憧@死屍累々映画日記
たまゆら 卒業写真 第四部 憧@死屍累々映画日記

『翠星のガルガンティア めぐる航路、遥か 後編』を新宿バルト9-3で観て、ちょっと尻切れ感ふじき★★★

五つ星評価で【★★★普通におもろいけど、話が小さい気もする】  

TVシリーズの続編OVAの後編。
これで完結という事である。
いやあ、ちゃんと作ってある。

緻密な設定と、魅力的なキャラ。グッとくる戦闘シーン。

難を言えば、今回が完結編だが、
話が閉じたようには見えない終わり方だった事か。

前篇にも出ていたかもしれないのだけど(記憶なし)、
アニメの登場人物で(一時的なケガ以外で)
車椅子に乗っているキャラって初めてじゃないだろうか?


【銭】
イベント上映均一料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
《『翠星のガルガンティア めぐる航路、遥か 後編』イベント上映》@ぴあ映画生活
▼関連記事。
前篇@死屍累々映画日記

PS エイミーのパンチラをみんな見に行くのじゃ。
前のページ 次のページ