FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『バードマン』もういっちょ(ネタバレ)

『バードマン』について、風呂に入りながらちょっと気付きがあったので、
一つ記事を加えて書き添えておく。

ネタバレ注意

冒頭、マイケル・キートンの空中浮遊で始まり、
ラスト、エマ・ストーンの表情から空を飛んでいるであろう
マイケル・キートンが想像できる。
映画内で隕石が落ちて来たり、竜のようなものが現れたり、
ヒーロー、バードマンの姿が現実に現われる所はあくまで
演出として妄想と分かるように描かれている。

だが、冒頭、ラスト、
それとチョコチョコ細かく映るテレキネシス(念動力)映像については
妄想に偽装されている部分もあるが、それが現実であるとしてもおかしくない。

とするなら、マイケル・キートンはあの世界で超能力を使える男なのである。
色々な技法により、自分を他人に見せる、それが演技であるなら、
若かりし彼が演じたバードマンは、誰よりも彼的な存在であるため、
演技とは言えないかもしれない。素の状態でセリフを喋っているだけ。
彼が役者として生きるためには彼と全く違う存在を演じなければならない。
そこで、彼は舞台に出て、等身大の超人でない人間を演じる。

彼は等身大の人間を正しく演じられる。
それは彼が異常な人間(超人)である為に、
自分と等身大な人間の差異をはっきり自覚できるからだ。
だが、無知蒙昧な観客は、その差異を曖昧な空気としてしか認識できない。
だから、彼は観客に自分が超人ではなく、
等身大の人間である事を骨の髄まで信じ込ませなければならない。
彼は実弾の銃を使い、死ぬかのように演じて見せた。
彼は超人なので、死なない事が分かっているにもかかわらず。
観客は度肝を抜かれた。
舞台の登場人物の彼と、役者の演技が完全に一致したからだ。
だが、それは実は死なないのに、死の演技を巧みに演じている彼に負かされている、
そういう状態なのだ。
彼は観客や批評家に演じ勝った。
批評家の舞台しか見ていない狭隘な審美眼では
彼が本当の超人である為に死なない事など分かりはしないだろう。
仮にそれが分かったとしても、それを発表する機会やメディアは
彼女に微笑んではくれまい。
巨大でヒステリーな流れの前では、
一人の評論家の本当に正しい言説があっても届きはしないのだ。

という物語なのではないか?


▼関連記事。
バードマン一つ目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



『超能力者』をシネマート六本木1で観て、時間を忘れる面白さじゃんふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★これ見ると日本版のクズ度が上がる】

邦画『MONSTERZ』の原作映画。

邦画については、周りの評価がとことん低かったので、
そこまでじゃないだろうという気持ちでいい所を掬って褒めた。
のだけど、ごめんなさい。
こんなにオリジナルが面白いとは思わなかった。
これ見た後だったら『MONSTERZ』は確かにクズだ。
ただ、けなしてる人がそんなに全員『超能力者』を見てはいないだろうから
やっぱり、そこまで貶さんでもいいだろという気持ちはまだある。

日本版の藤原竜也に位置するのがカン・ドンウォン。
うお、相変わらずナメクジっぽい。
背負う負のオーラがなみなみない感じがよく出てる。
演技としては藤原竜也も嫌いではない。
日本版独自の変な設定が付いてしまった事が藤原竜也の脚を引っ張っている。

日本版の山田孝之に位置するのがコ・ス。
ますだおかだの岡田を美形にした感じ、ってそれは褒め言葉じゃないな。
単に世渡りが下手だけど実直な兄ちゃんって単純な設定が良い。
極めて善人という設定は異能の普通人を基盤に据えた山田孝之の演技で
薄まってしまって、それは何とも勿体なかった。
日本という国に「善人」が合わないのかもしれない。

日本版同様、「なんで」という答は明らかにされないのだが、
「なんで」の解明はそんなに大きな問題ではない。
人は原因の分からない運命に晒されても、
結局、その運命に対峙し、行く道をどうするかを決めなくてはならない。
物語として描くのは、そのどうするかだけで充分だろう。

赤ちゃんを使った場面とか、
日本版の方が撮り方も、最後に赤ちゃんを取り上げられる際のやり取り追加も
きめ細かくなって、良くなってる。
カットカット見ると上手く良くなってる部分も多い。

にも関わらず、圧倒的に韓国版の方が面白いのは、
対比される二人の超能力者の明らかに異なるキャラ差の妙と、
短い時間でポンポン進むテンポの良さ(話が止まらないのが凄くいい)と、
善側の友達二人の分かりやすい協力ぶりと有能ぶりと無能ぶりだ。
日本版で追加された悪側の余計な設定とか本当いらない。
何となく面倒そうだから画面に義足を出したくなかっただけじゃないだろうか。

あと、韓国版と日本版、女優は石原さとみの方が全然グーであるとは言っておきたい。


【銭】
シネマート六本木サヨナラフェスティバルの一環で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
超能力者@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
超能力者@銀幕大帝
超能力者@いやいやえん
▼関連記事。
邦画リメイク『MONSTERZ』@死屍累々映画日記

『群盗』をシネマート新宿1で観て、マカロニ韓国グーふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★単純明快に映画的快楽がとても強い】

マカロニな音楽の中で行われる
極悪非道な外道への復讐劇


そら、こんな鉄板だけで作った単純な物語は面白いに決まっている。
その単純なストーリーに負けない音楽の強さ、絵の強さ。いい。とてもいい。
音楽がマカロニウェスタンで、その音楽に負けないアクションが気持ちいい。

激突する二人の男に
サバンナ高橋をとことん美形に作り替えたようなカン・ドンウォン、
番長清原っぽいハ・ジョンウ。

カン・ドンウォンが殺したくても、殺したくても、どうしても殺せない
悪魔のような技巧の剣使いの外道を演じる。
いいなあ、カン・ドンウォンのナメクジのようなじめっとした空気感。

対するハ・ジョンウのボコボコで硬そうな皮膚感も良い。
似てはいないのだけど、『ベルセルク』のガッツの皮膚ってこんな感じ
なんじゃないかと思う。

ラストまで息が抜けないアクション映画。
あ、137分もあったのか。体感90分くらいだ(当社比)。

という事で見ろ


【銭】
シネマート、25日はシネマートデイで1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
群盗@ぴあ映画生活

PS これ、知られんで伝説になっちゃう映画のような気がするわあ。
PS2 ぐぐぐぐーんと。