FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『寄生獣 完結編』を109シネマズ木場5で観て、演技に気圧されるふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★深津絵里の演技必見】

原作を読んでいるので、やはりダイジェスト版的なイメージは強いのだが、
一作目と比べると驚かされる展開も少なからずあった。

見事な話の切り込み、切り出し、貼り直しによって、
田宮良子の粛清事件と子供誘拐、パラサイト殲滅作戦、後藤との対決までが
一気に描かれるのは凄い。逆にここまでが大きな山場なので、
その後のまとめ部分は原作もそうであったように、
付け足しに見えてしまわないでもない。

やはり、驚くべき、褒めるべきは、各役者の演技であろう。
その二台巨頭は深津絵里と浅野忠信。
浅野忠信は寄生獣のアイコンである偉大な化け物「後藤」。
浅野忠信自身が特別な何かを演技でやっているとは思わないが、
その存在感無敵感に果てしなく説得力がある。
そして深津絵里にはどう見てもパラサイトが憑依している
「人間以外の何か」にしか見えない。
粛清事件の際に三体のパラサイトとただ歩くシーンだけでも、
かって人間であった田宮良子ならそうは歩かないだろうという
とても理路整然とした機械のような歩き方をする。
『猿の惑星』のシーザー同様のリーダビリティ。
この二人は原作マンガのキャラクターを人間が演じる事により凌駕した。
やはり、人間が演じる事による面白さはある。

堂々とした北村一輝も良かった。
人間として「しもじも感満載」の大森南朋。
特に多くを語らないが説得力が強いSAT隊長の豊原功補。

橋本愛は原作の村野とはタイプが違うが、
等身大のカワイコちゃんとして問題なし。

パラサイトの表現として、田宮、後藤の超パラサイトを除けば、
市長庁舎にいるパラサイトは軽く揺らいでいる。
原作では媒体がマンガである事もあり、捕食時以外はパラサイトは
ピッタリ静止しているイメージだったが、この変更は成功。
新井浩文の殺人鬼がパラサイトと人間の見分けが付く「らしさ」を醸し出している。同時に止まっていれないというのは動物の属性なので、この方がリアルだ。

ミギーは演技ではなく、CGがちょっと良くない。
新一の右手からの伸び方が多少不統一なのが気になった。
ミギーはどんなに伸びてもいいが、伸びた分細くならないとおかしい。
細くならないなら薄く見えるようにすべきだ。


【銭】
毎週火曜日109シネマズのメンバー割引日で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
寄生獣 完結編@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
寄生獣 完結編@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
寄生獣 完結編@ノルウェー暮らし・イン・原宿
寄生獣 完結編@Akira's VOICE
寄生獣 完結編@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
寄生獣@死屍累々映画日記
スポンサーサイト