FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』を神保町シアターで観て、ネタ度が低いのは個人的には残念ふじき★★★

五つ星評価で【★★★ネタの数が少ない分は恋愛ドラマで補完してるから、普通に映画として悪くない出来なのだけど、ちびまる子ちゃんらしさがちょっと薄い】

TVでやってるちびまる子ちゃんはほとんど見た事がない。
なので、持っているのはあくまでポワーンとした印象だけなのだけど、
もう少し着実にネタを繰り込んでくる番組だったと思う。

という事で、ネタ控え目、ゲストキャラの人生のドラマを真面目にに歌ってる。
まる子は狂言回しに近く、知り合いになったお姉さんのドラマが主体である。
ドラマの核になるゲストキャラの声は最後のアイドル高橋由美子、
達者なもんである。エンディングの歌も彼女が担当してる。

物凄く正しくちゃんと作られているのだが、観客がそういう風である事を殊更に求めた訳ではないだろう。この辺は脚本を手掛けてる原作者のさくらももこのこだわりが強く出てるに違いない。なので、出来が悪くはないのだが、私個人はもう少し、普通のちびまる子ちゃん寄りの話(というかネタ密度)が欲しかった。


【銭】
神保町シアター正規料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌@ぴあ映画生活
スポンサーサイト