FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ビリギャル』を109シネマズ木場8で観て、有村架純かーいーったらないぞふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★有村架純に尽きる】  

有村架純起用時点で作品の成功は約束された。
あんなバカそうに見えて(『女子ーズ』でもバカだった)、
バリバリ性格よさそうな逸材は他に思い当たらない。
けっこう際どくいやらしげなファッションだったり、
風呂のシーンとかもあるのに、
エロさより小さな女の子みたいな可愛らしさが先に立って見えるのが素晴らしい。
本当になんという「国民の娘」!

思った以上に受験テクニックの話にはならず、
家族再生の話にシフトするのも多分、作品成功要因の一つだろう。
あくまでウェットに、人間関係に芯を置いた物語になった。

伊藤淳史のもう一生このタイプしか演じないんだろうなあ、
という真面目キャラも盤石。

『龍三と七人の子分たち』にも出てた安田顕がここでもヒール。
そう言えば、『変態仮面』のヒールも教師だった。


【銭】
毎月10日は109シネマのサービスデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画 ビリギャル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ビリギャル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ビリギャル@ここなつ映画レビュー
ビリギャル@ノラネコの呑んで観るシネマ
ビリギャル@ノルウェー暮らし・イン・原宿

PS 『受験のシンデレラ』なんて映画もあったなあ。
 もう題名しか思いだせない。
PS2 ふじきのツイッター呟きより↓
 『ビリギャル』だったら見たいけど、
 ビリー・ボブ・ソーントン演じる『ビリー・ギャル』だったら見たくない
PS3 ↑まあ、そうだ。凄く納得できる事を呟いてる。
PS4 あわや『ブリギャル』になりかかるけど、そんな有村架純も可愛いと思う。
PS5 ↑おいおい
スポンサーサイト



『龍三と七人の子分たち』を109シネマズ木場7で観て、おもろいけどスカっとせえへんわいふじき★★★

五つ星評価で【★★★小噺としては良くても映画のダイナミズムは不足】  

龍三が七輪で延々と昆布を……そんな映画じゃなかった。
細かい笑いは達者な役者がセリフとして出す事でいい味になって面白いのだけど、一本の映画としてガーっと盛り上がってドンと落とすみたいな気持ちよい緩急が欠けている。これがとても残念。

劇中ポンポン出てくる「ジジイが」の連呼がなかなか気持ちよかった。
爺さんは集合として面白いのだけど、味が薄まるので7人もいらない。
ヤクザに敵対する詐欺師組織の面々も味があっていい。
安田顕なんて、いかにもな感じでいいステロタイプを演じている。
そのヤスケンに攫って来いと言われる中尾彬の孫娘役は清水富美加。
『変態仮面』のヒロイン役である。
そう言えば安田顕は『変態仮面』のラスボスだ。
じゃあ、藤竜也は位置づけ上、変態仮面じゃないか。そう言や女装シーンがあったな。ちょっと『バードマン』っぽいシチュエーションだとも思った。


【銭】
毎月10日は109シネマのサービスデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
龍三と七人の子分たち@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
龍三と七人の子分たち@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
龍三と七人の子分たち@映画のブログ
龍三と七人の子分たち@ノルウェー暮らし・イン・原宿
龍三と七人の子分たち@ペパーミントの魔術師